So-net無料ブログ作成
検索選択

信州01・・・中央西線「木曽あずさ」撮影記 [鉄道写真撮影記]

0000.jpg
2017.07.01・02 信州01
雨がそぼ降る宿場町にて。
中央西線「木曽あずさ」撮影
 

拙ブログでちょくちょく出てくるワードの「デスティネーションキャンペーン(DestinationCampaign=以下「DC」と略)」(゚ー゚*)デスキャン。ざっくりと説明すると、これはおもにJRの旅客6社と県や地域などの自治体が共同で実施する観光キャンペーンのことで、期間はおおむね三か月程度。たいていの場合は実施される県名(地方名)が冠されます(新潟DC、山陰DC(鳥取・島根)など)( ̄。 ̄)ヘー。このDCは国鉄時代(1978年度)から続くもので、以前はその実施地域の観光ポスターを主要駅に掲示したり、当地までの割引切符を発売したりすることがおもな企画内容だったのですが、近年ではDCに伴って特別な記念列車や臨時列車などの運行が盛んに行なわれるようになり、以前に増して鉄ちゃんの注目を集めるようになっています (☆∀☆)キラーン☆。たとえば、昨年(2016年)の夏に行なわれた「青函DC(青森・函館)」では、当時現役だった国鉄寝台特急型の583系を使った臨時列車が数多く運転され (*゚∀゚)=3ハァハァ!、また記憶に新しい先月に、栃木(と茨城)の水戸線で私が撮影した客車列車の「SL&DLもおか号」は、来年(2018年)の春に行なわれる「栃木DC」をPRするプレイベントで運行されたものでした (゚∀゚*)オオッ!!。さらに、私はあまり撮りに行かないものの、人気の高い蒸気機関車(SL列車)などもDC絡みではよく特別運転されており、最近のDCは純粋な(?)観光客よりも、鉄ちゃんの方が踊らされている気がしてなりません(笑)オドレヤ♪ヘ(゚ω゚ヘ)(ノ ゚ω゚)ノオドレヤ♪。そんなDCですが、今月(7月)からは長野県で「信州デスティネーションキャンペーン(信州DC)」がスタート。もちろん今回もそれに伴う、いろいろな臨時列車の運転や特別企画の実施が発表されました (・o・*)ホホゥ。

0001.jpg
7/1~9/30の三か月間、
長野県で行なわれる「信州DC」。
キャッチフレーズは
「世界級リゾートへ、ようこそ。山の信州」。
当県をPRする、ゆるキャラの「アルクマ」も
はりきっています(笑)
(´▽`*)アルクマ~♪

そのなかでまず、国鉄特急型が好きな私の目を引いたのは、お馴染みの189系(豊田車)が使われる、臨時特急の「木曽あずさ」(゚∀゚)オッ!。「あずさ」といえば、おもに新宿と松本の間*を結ぶことで知られる、中央本線(中央東線)と篠ノ井線を直通する特急列車ですが(*その他、千葉・東京、南小谷発着などもあり)、「木曽(きそ)」と冠された「木曽あずさ」の運転区間はその列車名が表すように σ(゚ー゚*)キソ?、新宿を出た同列車は中央東線を下ったのちに松本へは向かわず、途中の塩尻(しおじり)から名古屋方面へ伸びる中央西線に乗り入れて、中山道(木曽路)の宿場町として知られる、長野県南西部の南木曽(なぎそ)へと至るもの(同経路の上り列車(南木曽→新宿)も運転)(・o・*)ホホゥ。これは趣味的に見ると、もともとは中央本線(東京~名古屋)というひとつの路線ながら、JR東日本が管轄する中央東線(東京~塩尻)と、JR東海が管轄する中央西線(塩尻~名古屋)にクッキリと分けられ、基本的に両線を直通する定期列車がいっさい設定されていない現在において(JR東日本の篠ノ井線と中央西線の直通列車はあり)、この東西の中央線を跨いで直通運転される「木曽あずさ」は、なかなかおもしろい設定じゃありませんか (゚∀゚*)オオッ!!。車両的に見ても国鉄特急型の189系が中央西線へ入線する貴重な機会です (*゚∀゚)=3ハァハァ!。これはぜひとも記録に残したいと思い、私はさっそく運転開始の初日に撮影へ赴くことにしました m9(`・ω・´)ケテイ!。しかし、今は梅雨のまっただ中・・・雨は大丈夫なのか? ( ̄△ ̄;)エ?

 

7月1日(土)

0002.jpg
都内の八王子から乗る松本ゆき普通列車。
これで一路信州へ。
▲17.7.1 中央本線 八王子

当日の朝、まずは八王子から当駅始発の松本ゆき普通列車に乗り、中央東線を西下します (/*´∀`)o レッツラゴー♪(ふだんの拙ブログでは中央本線、もしくは中央線(または山線w)と称していますが、今回は中央東線、西線で区別します)。先述したように、今回のお目当てである189系の「木曽あずさ」は、新宿から中央東線と西線を直通して南木曽までを結ぶ臨時の特急列車で、もちろん中央東線の区間でも同列車を撮ることは可能ですが、それでは時おり189系で運転される松本ゆきの特急「あずさ」と何ら変わりません(掲出されるヘッドマークも、ふつうの「あずさ」らしいし)σ(゚・゚*)ンー…。ここはやはり塩尻よりも先の中央西線まで足を伸ばして記録したいところ (´ω`)ソォネ。八王子から塩尻までは普通列車で三時間半もかかる長距離移動ですが、嬉しいことに乗車した211系はセミクロス(ボックスシート)仕様の編成でした ボックス(σ゚∀゚)σゲッツ!!。さらに、週末朝の中央線下り列車といえば、いつもはハイカーや登山者などでけっこう混み合うのですが、今日に限ってはガラガラに空いていてボックスシートはひとり独占状態 σ(゚・゚*)ンー…。それもそのはず、今日は朝から激しい雨が降り続いている悪天候 ザアアァァ…:il!:il|(´д`;)!l|il:|;。地域によっては大雨警報や土砂災害注意報が発令されているほどで、好んでハイキングへ行く人は少ないでしょう (・∀・`)ウーン…。かくいう私も人ごとでなく、列車の窓を激しく叩き付ける雨足を見て、テンションはだだ下がり ε-(・д・`*)ハァ…。んじゃ、なんでこんな悪天候の日に撮影へ向かうのか・・・、まあ、運転日が限られた臨時列車を狙う、撮り鉄の哀れな宿命とでも言っておきましょうか (´д`;)トホホ。

0004.jpg
ガラガラの車内と雨で曇る列車の窓。
くぅ~も~り、ガラスの向こうは・・・♪
σ(゚ー゚*)ルビー?

0005.jpg
八ヶ岳が車窓に望めるポイントもご覧のとおり。
( ̄  ̄;)マッチロ
ちなみに築堤上は小海線の線路です。
しばらく雨の降らない空梅雨状態が続いていましたが、
ここに来て本格的な梅雨となった感じ。
ザアアァァ…:il!:il|(´д`;)!l|il:|;
▲17.7.1 中央本線 小淵沢-富士見(車窓から)

0008.jpg
雨のなかを進む列車に揺られ、
八王子から乗り通して三時間半、
中央東線と西線の接続駅、塩尻に到着。
ちなみに右上の駅名標を見ると
手前が二股(みどり湖・小野)に別れていますが、
これは東線と西線を表示したものではなく、
どちらも東線で、みどり湖は新線、小野は旧線の駅です。
旧線(辰野支線)については過去記事を参照。
▲17.7.1 中央本線 塩尻

0009.jpg
んで、こちらが塩尻の中央西線ホーム。
駅名標の半分がJR東海を表す
オレンジになっています。
入線してきた313系もオレンジの帯。
(゚ー゚*)オレンジレンジ
▲17.7.1 中央本線 塩尻

時おり雨の激しく降る箇所はあったものの、列車は大きく遅れること無く塩尻に到着。ここで中央東線から西線へ乗り換えです コッチ…((((o* ̄-)o。個人的には、頻繁に乗車したり撮影したりする東線に対して(いちおう沿線住民だし・・・)、あまり訪れる機会のない西線 (゚ー゚*)サイセソ。山深く自然豊かで風光明媚な木曽谷の沿線風景に加え、国鉄型電気機関車・EF64の牽く貨物列車(タンカー)が定期で運行されているなど、乗り鉄、撮り鉄としてとても魅力のある路線なのですが (゚∀゚*)オオッ!!、とくに中津川と塩尻の間の山間部では普通列車の運行本数が少なく(日中はおおむね二時間に一本程度)、それが徒歩鉄としてネックとなり、どうも足が遠のいていたんです σ(・∀・`)ウーン…。以前にも松本へ行ったついでに、西線でちょっと撮り鉄を・・・なんて考えたけれど、撮影地までの列車が少なくてウマくスケジュールが組めず、けっきょくは東線や篠ノ井線での撮影に落ち着いたことがありましたっけ (・ε・`)シャーナイネ。今回の「木曽あずさ」はスジ(運行)が遅めの時間帯に設定されていたので(新宿0924→塩尻1239→南木曽1348)、本数の少ない普通列車でも目的の撮影ポイントまで先回りできるのはありがたい ε-(´∀`;)ホッ。もしも新宿を7時台に発車するようなスジだったら、塩尻あたりで前泊しなくては撮れませんでした。

0010.jpg
塩尻を出た中央西線の上り列車は
さっそく山あいを縫うように走ります。
ちなみに本来、中央本線全体で見ると、
名古屋へ向かうほうは下りになるハズですが、
西線では名古屋方面を上りとしています。
( ̄。 ̄)ヘー
▲17.7.1 中央本線 洗馬-日出塩(車窓から)

0011.jpg
相変わらず雨はやまず、
濁った水が轟々と流れる奈良井川・・・。
σ(・ω・`)ウーン…
▲17.7.1 中央本線 贄川-木曽平沢(車窓から)

西線の中津川(なかつがわ)ゆき普通列車は塩尻を出る際の案内放送で、「この列車は塩尻を時間通りに発車しましたが、この先、大雨による速度規制が行なわれている区間があり、交換列車との行き違い等で遅れが出る場合もあります」とのこと ( ̄△ ̄;)エッ…。う~ん、木曽のほうはけっこうな大雨なのかなぁ・・・σ(・ω・`)ウーン…。一抹の不安を抱えつつ進み、私は塩尻から5駅目の奈良井(ならい)で下車 (・ω・)トーチャコ。二駅手前の贄川(にえかわ)では激しく降っていた雨でしたが、奈良井に着くと小雨になっていました 、ヽ`┐( ̄o ̄ )オ。なんだか不安定な空模様だけど、ちょっとラッキー・・・か?

0012.jpg
目的地の奈良井に到着 (・ω・)トーチャコ。
屋根の無いホームでしたが、雨は小降りでした。
でも上空には怪しげな雨雲が見えます。
また本降りになるかな・・・?
( ̄ヘ ̄;)ウーン…
▲17.7.1 中央本線 奈良井

八王子0633-(中央429M)-塩尻0953~1050-(1826M)-奈良井1113

0013.jpg
下車客を迎えてくれたのは、
深い味わいのある奈良井の木造駅舎。
(≧∇≦)シブイッ!
ここはかつて中山道の宿場町として栄えた
奈良井宿の最寄駅で、
今では観光の拠点となっています。
▲17.7.1 中央本線 奈良井

0014.jpg
「奈良井駅の開業
明治四十二年(1909年)十二月一日
今からおよそ百年前だよ」。
今年で108歳のご長寿駅舎です。

味のある立派な木造の駅舎を出ると、すぐそこに広がるのはタイムスリップしたような感覚の古い町なみ (=゚ω゚=*)ンン!?。陳腐な表現ですが、まるで時代劇のセットを見ているかのようです w(゚o゚*)w オオー!!。奈良井は中山道(木曽路)最大の難所といわれた鳥居峠を先にひかえ、かつては峠越えにそなえて宿をとる旅人が多く訪れ、木曽路にある十一宿のなかでもっとも賑わった宿場町(奈良井宿)でした ( ̄。 ̄)ヘー。明治のころ道路が改修される際に国道の経路からはずれたため宿場時代の町なみが残されて、いまも江戸時代や明治時代の建築物がそのまま立ち並び、往時の面影を色濃く残しています (≧∇≦)シブイッ!。県内外から訪れる観光客はもとより、外国人の人気も高い観光地なのだとか。

0015.jpg
0016.jpg
駅前から南方へ続いているのは、
情緒ある奈良井宿の古い町並み。
(゚∀゚*)オオッ!!
伝統的建造物群保存地区の指定を受け、
一年を通じて多くの観光客が訪れます。
先日にはソネブロ仲間のやなぼーさんも、
愛車でのドライブがてら
観光に立ち寄っていましたっけ。

小雨がそぼ降るなか、趣ある建築物を眺めつつ旧・中山道を通り抜けると ε=ε=ε=┌(*・_・)┘テクテク、やがて道は町外れで急な坂へとさしかかります ε-(´o`;A フゥ…。これは奈良井宿が置かれるきっかけとなった鳥居峠へと続くもので、その道を少し進んだ高台からは奈良井の町なみと、その傍らを走る中央西線の線路が一望できるらしい (・o・*)ホホゥ。そこが「木曽あずさ」を狙うために目指す撮影ポイントで、私は今回初めて訪れますが、同線のなかでもかなり有名なお立ち台ポイントです。ただし事前に調べた情報だと、斜面から木々の合間を縫って狙うことになるこの場所はキャパがとても狭いらしく、今からでもまだ私が撮影できるような立ち位置が残っているのかどうか不安なところ σ(・∀・`)ドーカナ…。

0017.jpg
鳥居峠の入口付近に建っていた石標。
ちょっと見づらいですが、
「中山道 
左下 奈良井宿 右上 鳥居峠」
と彫られています。

0019.jpg
鳥居峠への坂を上がり、
さらに森の中の獣道をちょっと進むと、
(「゚ー゚)ドレドレ
木々の合間からこんな景色が望められます・・・が、
ちょっと木の枝がキビシい・・・。
σ(・ω・`)ウーン…

はたして現地に到達してみると、やはりすでに多くの先客がいらっしゃいました (*・ω・)ノ゙チワッス♪。その数はざっと10人くらい。それでもキャパとしてはもういっぱいいっぱいです (゚ー゚;)イッパイ…。どうにか私がカメラを構えられた位置からは、上写真のようにアングルの左側が杉の枝に隠されてしまって、線路は全景の半分ほど、奈良井宿の町なみなどはほとんど見えません (・ω・`)ゞウーン。う~ん、ちょっと・・・いや、かなりキビシいか (´Д⊂ムリポ。ここはいったん保留し、お立ち台の少し手前にあった、もう一カ所の抜けが良さそうな場所にも行ってみます コッチ…((((o* ̄-)o。極端なもので、こちらは先客がゼロ。ためしにカメラを構えてみると、ここでタイミングよくふもとの踏切が鳴りだしました (゚o゚)オッ!。普通列車は二時間近く無いハズなので、特急列車の「しなの」かな? σ(゚・゚*)ンー…。ところが、山あいに響くのは独特の重厚なブロア音・・・(*゚ロ゚)ハッ!!。

0020.jpg
第二候補(?)の俯瞰ポイント。
(「゚ー゚)ドレドレ
いちおうここからも、
奈良井宿や中央西線は望めます。

0021.jpg
そこへやってきたのは、
EF64が重連でタンク車を牽く貨物列車。
雨に濡れる奈良井の町を
ゆっくりと走り抜けます。
▲17.7.1 中央本線 奈良井-藪原

ロクヨンカモレ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
やってきたのは中央西線の名物とも言うべき、二機のEF64が重連でタンク車を牽く貨物列車 (゚∀゚*)オオッ!!。あいかわらず、まったく貨物列車の時刻などを調べていない私には(調べてこいよw)、たまたまながらこれはラッキーな収穫でした (o ̄∇ ̄o)ラキー♪。それはさておき、アングルを見るとこの場所は、お立ち台と比べてゴチャゴチャしている感じが否めません (゚ペ)ウーン…。やっぱり多くの人が集まるだけあって、お立ち台のほうがアングルはずっといい。混んでいてアングルが限定されるお立ち台か、ひとりで貸切状態だけれどアングルがイマイチな第二候補か・・・アッチ?(゚Д゚≡゚Д゚)コッチ?。迷った末、私はふたたびお立ち台のほうへ戻ることにしました コッチ…((((o* ̄-)o。あらためて先客の方の後ろからカメラを構えます。さすがに眺望の全景はムリでも、望遠レンズを使うなどして工夫をすれば、何とかなるかな? σ(゚・゚*)ンー。

0022.jpg
第一候補のお立ち台から。
今度は眼下を383系の特急「しなの」が
通過してゆきました。
名古屋と長野を結ぶ「しなの」は
一時間に一本程度の運行本数があり、
日中は普通列車よりも多いのですが、
奈良井には基本的に停まりません
(一部の臨時列車を除く)。
▲17.7.1 中央本線 奈良井-藪原(後追い)

まずは特急「しなの」で試し撮り【◎】]ω・´)パチッ!。タテ位置のアングルで構えてみたけれど、やはり杉の枝がかわし切れません。ちなみにこれよりも下にカメラを振ると前段の方の頭が入っちゃいます (´д`;)アウ。んじゃ、ヨコ位置ならどーだろ・・・σ(・ω・;)ウーン…。そんなアングルに苦戦している私を見るに見かねてか、隣にいた親切なおにーさんがほんの少しだけ(たぶん20センチくらい)三脚の足をズラしてくれました(っていうか、隣人のアングルがなかなか決まらないのって、落ち着かなくてイヤなものなのよね・・・。おにーさん、スミマセン ^^;)。わずかな差ですが、それでもだいぶ助かって、私はなんとか視界を確保 <(_ _*)>アリガ㌧。ようやく落ち着いて「木曽あずさ」を迎えられます ε-(´o`;)ホッ。降り続いていた雨は小康状態となり、傘をたたんで待つことしばし。予定時刻を若干過ぎて、遠方から白い189系が姿を現しました ε-(°ω°*)キタッ!。

0023.jpg
奈良井に停車したのち、
同駅をあとにする特急「木曽あずさ」。
▲17.7.1 中央本線 奈良井-藪原

0024.jpg
かつては宿場町として賑わった
奈良井の町をかすめて、
木曽路を進みゆく189系・M52編成。
西線に「グレードアップあずさ」がやってきた!
▲17.7.1 中央本線 奈良井-藪原

きそあず」が撮れました~!ヽ(´▽`*)ノ ワ~イ♪
深い山の緑に包まれた集落を背にして、ひときわ強い存在感を放つ白い特急列車。なかなかいい感じじゃないですか 。゜+.(o´∀`o)カコイイ!゜+.゜。爽やかな晴天ではないけれど、しっとりとした雨の情景もまた、落ち着いた雰囲気の宿場町には合っているように思います (´ー`)シミジミ。「木曽あずさ」に充当されたのは、三色ある189系(豊田車)のうち、「グレードアップあずさ色」のM52編成 (゚ー゚*)グレードアップ。私としては国鉄特急色のM51編成を望んでいたと言うのが正直なところですが、今回はおそらく「グレードアップあずさ色」だろうというのは事前に予想していたことで(「木曽あずさ」のリリースなどにはM52編成の写真が使われていたし、鉄仲間との話でもM52だって言われていた)、それでも西線に入線する189系は撮りたい被写体でした (^_[◎]oパチリ。いかにも西線らしい木曽路の奈良井宿で189系の「木曽あずさ」を撮ることができ、これは大満足の結果です ヨカッタ♪(*⌒∇⌒*)ヨカッタ♪。ちなみに・・・実はこの撮影ポイント、ベストポジションから狙えると、さらに手前のカーブまで引き付けて(後出)、もう何枚か同列車を撮ることができるのですが、私の立ち位置では木々に遮られて見えず ( ̄  ̄;)ミエナイ…、ベスポジの同業者が押すシャッター音を耳で聞くだけでした(苦笑) パチャ<( ̄  ̄;3)>パチャ。まあ、アングル難民だったことを考えれば、一枚でもお立ち台から撮れたことでヨシとしましょうか (*`д´)=b OK牧場!。これで「木曽あずさ」の撮影は終了です (´w`*)ドツカレサン。通過時に思ったほど雨が強くならなくて、助かりました ε-(´∇`*)ホッ。

0025.jpg
「木曽あずさ」が通過して
ほかの同業者さん撤収したあと、
空いたお立ち台から「しなの」をパチリ。
(^_[◎]oパチリ
このようにベストポジションからは壮大なカーブと、
奈良井宿の家々も多く写し込むことができます。
▲17.7.1 中央本線 奈良井-藪原

0026.jpg
そして普通列車もお立ち台で見送ることに・・・。
次の列車は二時間後か。
( ̄  ̄;)ニジカン…
▲17.7.1 中央本線 奈良井-藪原(後追い)

「木曽あずさ」のあとに「しなの」も撮っていたことで (^_[◎]oパチリ、奈良井に停まる数少ない普通列車が行ってしまい、次の列車は約二時間後 ( ̄  ̄;)ニジカン…。だいぶ時間に余裕ができたので、奈良井宿の町を少し散策し、ついでにお昼ゴハンもここで食べて行きたいと思います (・∀・)イイネ。そういえばやなぼーさんのブログで、五平餅がウマいって言ってたっけ・・・σ(゚・゚*)ゴヘーモチ…。

0030.jpg
奈良井宿の西端、
鳥居峠への入口にある鎮神社(しずめじんじゃ)。
その名の由来は奈良井宿に疫病が流行り、
これを鎮めるために下総国(千葉県)の香取神宮から
経津主神をまねき、祭祀をはじめたとされています。

0032.jpg
0033.jpg
0034.jpg
奈良井宿は中山道沿いに
南北約一キロ、東西200メートルの範囲で
南北の両端に神社を、
背後の山裾には五つの寺院を配置。
集落は南側から上町、中町、下町の三町に分かれ、
中心の中町には本陣、脇本陣、問屋などが置かれていました。
建物の大部分は中二階建てで、
低い二階の前面を張り出して縁とし、
傾斜の緩い屋根をかけて深い軒を出しています。
建築時には石置き屋根でしたが、
現在はほとんどが鉄板葺きだそうです。
二階正面に袖壁を持つものもあり、
変化のある町なみを構成しています。

0035.jpg
奈良井でいただくお昼ゴハンは、
やっぱり名物の信州蕎麦。
蕎麦の香りと滑らかなのど越しがたまりません。
ソバ(゚д゚)ウマー!
そして五平餅はゴマだれとみそだれが、
奈良井風なのだとか。
疲れが癒されるほっこりとした甘さです。
ゴヘー(゚д゚)ウママー!!

のんびりと町なかを歩いていたら、ふたたび雨が激しく降り出したため、急いでお蕎麦屋さんへ避難 ヽ`、ヽ`、ε=┌(;゚д゚)┘ヒナン!。そこで雨宿りがてらお蕎麦と五平餅(と野沢菜と麦酒も)を食べつつまったりとしていると (´ー`)マターリ、次の列車までの時間はすぐに潰れました。傘をささなくとも歩ける程度の小降りになったところで駅に戻ります ...(((o*・ω・)o |エキ|。メインストリートの旧・中山道を往復しただけの軽い散策だったけれど、私の本来の目的はあくまでも撮り鉄なので、このくらいの観光でじゅうぶんかな(あ、名所のひとつの木曽大橋を見忘れた ( ̄▽ ̄;)ア…)。歴史深い宿場町の面影を残す情緒ある町なみと、中央西線のお立ち台的な俯瞰ポイントがある、山あいの集落・奈良井。今度はぜひ晴れた日を選んで、EF64の貨物列車などを撮りに再訪したいものです マタネ(=゚ω゚)ノシ。

0040.jpg
普通列車がホームに入ってきました。
停車する列車が少ない奈良井ですが、
町なかを散策するのに
二時間に一本という運転間隔は
ちょうどいいのかも知れません。
 (´ω`)ソォネ
▲17.7.1 中央本線 奈良井

奈良井から乗ったのは、塩尻を経て篠ノ井線に直通する松本ゆきの下り普通列車。もう目的の「木曽あずさ」は撮り終えましたが、せっかく信州まで足を伸ばしたのならば、私にはもうひとつ訪れたい路線があります σ(゚・゚*)ンー…。そこで次に列車を降りたのは、終点の松本 (゚ー゚*)マツモトキヨシ。松本は長野方面の篠ノ井線(塩尻~長野)と白馬方面の大糸線(松本~糸魚川)の分岐駅であるほか、地方ローカル私鉄のアルピコ交通(松本電鉄)上高地線も乗り入れます (・o・*)ホホゥ。その上高地線が私の次なる目的路線で、松本駅構内のいちばん西側に位置する上高地線ホーム(7番線)には、同線の白い3000系が待機していました (*゚ー゚)ノ ヤァ。

奈良井1556-(中央1833M)-松本1641

0043.jpg
上高地線に使用されている車両は、
元・京王井の頭線で活躍した3000系。
その白いお顔には
Jリーグ「松本山雅」のヘッドマークが
掲げられていました。
σ(゚ー゚*)ヤマガ…
▲17.7.1 アルピコ交通上高地線 松本

その線名が示すように、松本と上高地の玄関口である新島々(しんしましま)の間を結ぶ上高地線。私は北アルプスの上高地には一度も行った事が無いけれど、この上高地線にはちょくちょく乗る機会があります ( ´_ゝ`)フーン。というのも、もう何度か拙ブログでご紹介していますが、同線の終着駅である新島々の待合室はギャラリースペース(えきなかギャラリー)として活用されており、そこにはソネブロ仲間でお馴染みの「sonic画伯」の作品が常設で展示されているのです (゚∀゚*)オオッ!。私が上高地線に乗るのは、定期的に架け替えられる画伯の新作(?)を見に行くことがおもな目的 (´ω`)ナルヘソ。でも実は今回の同線では、もうひとつのお楽しみがありました エ!?(゚Д゚≡゚∀゚)ナニナニ?。「えきなかギャラリー」を訪れる前に下車したのは、新島々のひとつ手前の駅、渕東(えんどう)。そこで40分後に来る次の下り列車(新島々ゆき)を待ちます。すると今度は、先ほど私が松本から乗った白い電車とは異なる色の編成がやってきました (=゚ω゚=*)ンン!?。

0044.jpg
渕東の駅名標には
上高地線のイメージキャラクター
「渕東なぎさ」がデザインされています。
ちなみに彼女の名前は、
この渕東と、同じく沿線にある駅の
渚(なぎさ)を合わせたもの。
(*'∀'*)ヨロシコ♪
▲17.7.1 アルピコ交通上高地線 渕東

松本1645-(上高地線33)-新島々1715
新島々1723-(38)-渕東1725

0045.jpg
のどかな風景が広がる上高地線をゆくのは、
鉛色をした梅雨空のもとでも映える
オレンジが印象的なツートンカラーの電車。
▲17.7.1 アルピコ交通上高地線 渕東

復刻色、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
白い3000系と同形式ながら見た目の印象が変わる、鮮やかなオレンジとグレーのツートンカラーを纏った編成 (゚∀゚*)オオッ!!。これは昭和のころに上高地線で走っていたモハ10形(1958~1986)の塗装を現行の3000系に再現したもので、いわゆる懐かしの復刻色(リバイバルカラー)というヤツです (・o・*)ホホゥ。ただ、私が初めて上高地線を乗りに訪れたのはモハ10形が退役してから二年後となる88年のことで、そのときに使われていた5000系(東急からの譲渡車)はこの色ではありませんでした。なので、私的に懐かしさはなく、むしろこの色は新鮮な印象を受けます σ(゚・゚*)ンー…。ちょっと昔の小田急ロマンスカー(SE車)っぽい感じにも見え、大きなパノラミックウィンドウ(前面窓)の3000系に、この色はなかなか似合っているじゃないですか 。゜+.(o´∀`o)カコイイ!゜+.゜。ちなみにこのテの復刻色は、古い車両の引退や路線の開業周年の記念企画として行なわれることが多いのですが、上高地線の場合は例の「信州DC」を盛り上げること、また上高地線沿線地域の活性化を目的として、施されたのだそうです ( ̄。 ̄)ヘー。何にしても、こういう企画は鉄ちゃんとして嬉しいもの ヽ(´▽`*)ノ ワ~イ♪。今回は「えきなかギャラリー」へ行くついでに、たまたま運用に入っていた復刻色をサクッと駅近くで記録しただけに過ぎませんが (^_[◎]oパチリ、同編成はまたあらためて撮影に訪れたいと思っています。撮るならやっぱり北アルプスの山々がクリアに見える、秋か冬がいいかな (・∀・)イイネ。

0046.jpg
渕東で撮った復刻色にそのまま乗車し
(撮影ポイントは駅横の踏切でした)、
終点の新島々に到着。
(・ω・)トーチャコ
▲17.7.1 アルピコ交通上高地線 新島々

0048.jpg
ホームを挟んで顔を合わせた、
現行色(左)と復刻色の3000系。
見比べると白い現行色がおとなしく感じます。
▲17.7.1 アルピコ交通上高地線 新島々

0049.jpg
復刻色編成の正面に掲げられた
「信州DC」のヘッドマーク。
アルクマが信州に誘っていますよ~(笑)
(´▽`*)アルクマ~♪

渕東1752-(上高地線35)-新島々1754

0050_1.jpg
新島々の待合室「えきなかギャラリー」に
展示されているsonicさんの作品。
テーマは「山の終着駅」です
(作品自体をここで紹介するのは控えます)。

「えきなかギャラリー」で作品を拝見したのち、渕東から乗ってきた復刻色の折り返しで新島々をあとにします ンジャ!( ゚д゚)ノシ。ちなみに新島々で折り返すまでの停車時間はわずか7分ほどしかなく、それではあまりにも作品を見る時間として少ないのですが σ(・∀・`)ウーン…、実をいうと私は最初に松本から乗った白い電車でもいったん新島々まで乗り通して、8分の停車時間で作品を見てから折り返して渕東へ行っており、そのあとの復刻色の折り返し時間と合わせると15分 イッタリo(゚д゚o≡o゚д゚)oキタリ。これでどうにかすべての作品を見ることができました・・・って、こんな慌ただしい見方じゃダメかな? (^^;)ゞポリポリ(sonicさん、スミマセン)。でも、無理矢理に復刻色の折り返しへ間に合わせたことにより、松本ではちょっとした鉄運に恵まれます (*゚0゚)ハッ!!。

0050.jpg
新島々から乗ること30分、
松本に戻ってきました。
(=゚ω゚)ノ タライマ!
おや?左のほうに停まっているのは、
特徴ある金色の車体・・・。
(*゚0゚)ハッ!!
▲17.7.1 アルピコ交通上高地線 松本

新島々1801-(上高地線40)-松本1831

0051.jpg
篠ノ井線ホームにいたのは、
クルーズトレインの「トランスイート四季島」。
上高地線の復刻色と異色の顔合わせです(笑)。
▲17.7.1 篠ノ井線 松本

パスコ、イタ━━━━━ヽ(´∀`*)ノ━━━━━━ッ!!
タイミングよく松本の篠ノ井線ホームには、JR東日本の豪華クルーズ列車として知られるE001系「トランスイート四季島」が停車していました (゚∀゚*)オオッ!!。時刻など調べて来ずにたまたまの遭遇でしたが、夕方のこの時間(18時半頃)に松本を通過(運転停車)するダイヤなのね (・∀・*)ヘェー。ちなみに仲間内では「四季島」のことを親しみをこめて(?)、「パスコ」と呼んでいます (´▽`*)パスコ♪。その由来は「シ〇シマ製パン(Pasc○)」と、見た目がなんとなくパスコのデニッシュ(菓子パン)っぽいから(笑)。

0053.jpg
0054.jpg
さらにE351系「スーパーあずさ」との並びも、
見ることができました。
E353系の投入で去就が気になるE351系。
こんなシーンも貴重な記録となるかも知れません。
(^_[◎]oパチリ
▲17.7.1 篠ノ井線 松本

そんな「パスコ」こと「四季島」の発車を見送って、中央西線の「木曽あずさ」撮影と上高地線の「えきなかギャラリー」訪問という、本日の行程を終えました (´w`*)ドツカレサン。そして今日は東京へ帰らず、ここ信州の地で一泊するつもり (゚ー゚*)オトマリ。実は「信州DC」絡みの特別列車で、翌日にも「大きな撮り鉄ネタ」が控えているのです。むしろ今回の信州遠征は「木曽あずさ」よりも、こっちがメインと言っても過言ではありません エ!?(゚Д゚≡゚∀゚)ナニナニ?。もうピンときた鉄な方も多いことと思いますが(ネタバラシは厳禁よ(笑))、はたしてその「大ネタ」とはいったい・・・( ̄▽ ̄*)アレネ…。


0055.jpg
とりあえず信州旅の初日は松本で打ち上げ〜!
カンパーイ♪ (〃゚∇゚)ノC凵☆
名物の馬刺しなどを食べて精をつけ、
翌日の大ネタ撮影に備えます。
合わせるお酒は定番の「真澄」、
木曽の「七笑」もいただきました。
信州のお酒は口当たりが良くて私好みです。
凵ヽ(>∀<*)クゥーッ!!



・・・続きます。





☆オマケ★

0046_071020.jpg
これは10年前(2007年)の一般公開で撮影した
小田急の初代ロマンスカー3000形「SE車」ですが、
今回再現された上高地線のモハ10形復刻色と
色合いや塗り分けがよく
似ていますよね(笑)。
そういえば今年はSEの就役から60周年で、
小田急では記念のイベントが実施されるのだそうです。
久しぶりにSEの展示などが行なわれるのかな?
▲07.10.20 小田急 海老名検車区(一般公開にて)





nice!(203)  コメント(54) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 203

コメント 54

viviane

奈良井の木造駅舎、そして奈良井宿
素敵な所ですね 
タンク車の良く奈良井の町・・・宿場町だった様子が窺える家々の屋根 
穏やかな時間が流れている地ですね~
五平餅と信州そばで〆は馬刺し&ます酒~♪
美味しそう~~! 翌日の大ネタ?楽しみです^^
by viviane (2017-07-05 22:16) 

skekhtehuacso

モハ10ってのは、古い電車の足回りに日車標準車体を乗せたやつですか?
私が子どもの頃に愛読していたコロタン文庫の私鉄全(オール)百科では、「特徴がないのが特徴」と紹介されていて、本当に特徴がないのかふしぎに思ったことがありましたよ。
by skekhtehuacso (2017-07-05 22:33) 

やまびこ3

天気はちょっと残念でしたが、奈良井の俯瞰で、M52編成をゲット。中央西線を走るのは非常に珍しいので、価値がありましたね。松本電鉄の復活塗装はビビッドで結構気に入りました。
by やまびこ3 (2017-07-05 23:11) 

ネオ・アッキー

あおたけさんこんばんは。
383系「しなの」に乗ったことがありますが、確かE351系と同じ車体傾斜システムを導入していたような・・・
383系「しなの」はインバータ音が気に入っている電車です。
話は変りますが、「トランスイート四季島」、日曜日に会津若松駅で7時間も運行出来なくなってしまったようですね。
完璧な電車というものも中々ないのかもしれません。
by ネオ・アッキー (2017-07-05 23:16) 

ゆるキャラ

やはり信州へ行かれていたのですねヽ(^。^)ノ
もうあおたけさんが行かない訳がない!
しかしご近所撮影の私が雨で撮りに行く気が
無くなったなんて気合い不足、雨でも信州まで行かれた
おあたけさんの爪の垢を煎じて飲まなければ(^^;
奈良井の街並みと撮れるこの場所イイですね~!
残された木曽あずさの運転日も激パが予想されますが
ロクヨン重連貨物だけ狙いならまったり撮れそうですね、
φ(..)メモメモ(^○^)実はこの撮影地知りませんでした。
そして上高地線のアルクマHMもゲットとは!!
私の場合車体のカラーよりアルクママーク重視(笑)
鉄運絶好調でパスコと絡めてるところも凄い!
スーパーあずさも23号、32号並びと数字が楽しい。
そしてメインのアレは次回のお楽しみですね。
どこで撮影されたのか今から凄く楽しみです(^○^)
by ゆるキャラ (2017-07-05 23:38) 

shiho

奈良井宿いいですね~。
行ってみたい。
その奈良井宿の街並みの中を走る、
電車とタンク車!いい感じですよね。
最後の写真の電車、ほんとロマンスカー
にそっくりで、おやっ?と思ってしまいました。
トランスイート四季島のデザイン、面白くて、
好きです。
隣に停まっている車両〔あずさ〕は、もしや?
きゃぁ~ってなります。
by shiho (2017-07-06 06:03) 

ジジコッす

四季島遭遇!
ラッキーでしたねぇ!
by ジジコッす (2017-07-06 06:05) 

hanamura

奈良井宿いいですねぇ。歩いてみたい街並みです。静岡の水窪にある高根城(大河ドラマ「女城主直虎」の撮影で使われて話題)から、飯田線が俯瞰撮影できるかと、登ったことがありましたが、撮影できませんでした。中央線は奈良井の街の中を走っていますが、飯田線は水窪川の反対側なんですよね。
「渕東なぎさ」なつかしいなぁ~。私が行ったあの日も雨模様だったけど、翌朝の大町は快晴でした。ラジオで「信州DC」=大町の紹介でした。そう云えば、あれは、7月1日の朝の番組でした。
オマケが気になります。今年も海老名じゃぁ!
by hanamura (2017-07-06 06:18) 

まるたろう

奈良井宿や奈良井駅、帰省する時に寄った事があります。
自分的には、また再訪したい所の一つです。
by まるたろう (2017-07-06 06:39) 

やなぼー

私は、鳥井峠の手前でUターンしました。
その上に俯瞰ポイントがあったのね~f^_^;)
てっきり上田あたりと思ってましたが、奈良井の方でしたか。
まあ、薬師温泉は鉄道通ってないしな~(爆)
確かに、あそこへ行くと、「しなの」は見るけど、普通列車見ませんね~
初日は、取れ高充分といった感じですね(^_^;)
あ~、馬刺しか~(>_<)
こっちは、そろそろフライングして、最終兵器投入かな!?
f^_^;)
by やなぼー (2017-07-06 07:13) 

mimimomo

おはようございます^^
ハイキング列車のような中央線、空いてますね^^
撮り鉄は雨ニモ負ケズ・・・?^^
>隣人のアングルがなかなか決まらないのって、落ち着かなくてイヤなものなのよね・・・<
そうです^^ アングルと言うか、星空撮影の時など、お隣の人がカメラ設定が上手く行かずチョロチョロとされると、実にイヤ(^^
奈良井宿、良い所ですね~♪
五平餅も美味しそうです。串刺しじゃないのですね、ここのは。
by mimimomo (2017-07-06 07:53) 

hirometai

あおたけ様
おはようございます。
奈良井宿は尋ねたことがありません。
一度訪ねたい街並ですね。
タンクの貨物列車は、2台で引くのですか?
古い奈良井の街を走る姿はいいですね。

by hirometai (2017-07-06 07:54) 

ナツパパ

旅行記、今回も堪能しました。
雨の中、それでもいい時に小雨になってなによりです。
あおたけさんの、ゆっくりと撮影行は憧れで、
いつかは、と思うものの...うーむ。
松本行きたいなあ。
松本電鉄の復刻色をまとっていた昔の電車はよく乗りましたっけ。
by ナツパパ (2017-07-06 09:48) 

raomelon

有名な撮影ポイントは、やはり混み合うのですね~
親切なおにーさん、ありがとう<(_ _)>
20㎝でも、ずいぶん違って来ますね
奈良井宿バックの「木曽あずさ」
バッチリ撮影できてよかったです♪
情緒あふれる町なみが素敵!!
信州蕎麦も五平餅も美味しそう( *´艸`)
名物の馬刺しで精をつけて迎える大ネタ撮影・・・
気になって次回まで眠れないかも(笑)
by raomelon (2017-07-06 10:48) 

ピンキィモモ

こんにちは。
奈良井の木造駅舎と町並みは、風情がありますね。
トランスイート四季島、格好いいです。
by ピンキィモモ (2017-07-06 12:20) 

yas

雨の中の山登り・・・お疲れ様です(><)
今更な感じもしますが、行くと決めたら行く!
今回もそんな信念みたいなものを感じましたよ~
お立ち台はベストではないものの、スペースがあって(頂けて)よかったですね~
たしかにベスポジに入れればより良く写せるかもしれませんが、まずは写せて良かった感じ。
たしかに後から響くシャッター音は気になりますが(^^;;
歴史ある街並みに白い189系、雨のしっとり感も加わって良い感じですね。
そして最後はパスコ登場♪
たしかにパスコ。超芳醇やロイヤルブレッドとは違いますね!
それにしても上高地線の復刻色とツーショットを写しておくところはさすがです!
by yas (2017-07-06 12:48) 

ちぃ

梅雨の撮り鉄を満喫する旅なのですねーっ((*^^*)
雨の宿場町も、美しいカーブで走るしなの、どちらもすてきだなぁ。
登山でも場面場面で譲り合うことが多いのですが
撮り鉄ポイントでも同じように譲り合う優しいココロってすてきですね♪
お蕎麦も五平餅もみるからに美味しそう、ごへいもちは串(板)付きではないのですね、食べやすそうです♪
四季島ってお顔がどう見ても「おじぎ」してるように見えました、デニッシュパン気になります、買って見たいです(笑 わぁっ、次の大きなネタ☆♪なにかなぁーー☆

by ちぃ (2017-07-06 14:26) 

ひでほ

奈良井までいっちゃうなんて、すごいですね。こんな俯瞰が撮影できるとは・・・・街がはいっていい感じです。80系時代に降りたくらいで、あまりなじみがありませんでしたが、観光で泊まってみたいです。おそらく西線に乗車したのも学生時代が最後。大垣行で40800、神領区と定光寺、古虎渓の山の上で撮影、普通中央夜行115で帰って、その足で大学いって部室で仮眠して授業・・・信じられないようなことを日常的にやっていました。信州ワイド周遊券に、余分に払うと名古屋経由でいけて、つまんないこと思い出しました。
by ひでほ (2017-07-06 15:42) 

JR浜松

グレードアップあずさ色の撮影だったのですね。
国鉄色が貴重になるなんて、歳をとったなぁ。。。
by JR浜松 (2017-07-06 16:58) 

hatumi30331

私の大好きな木曽ですね。
ここの空気が好きです。
いつも、何かを感じてしまう所です。
パワーがあると思います。
この街並も良いですね。
オレンジ色の列車、綺麗です!^^
今日は南海電車で初めて女性の運転手さんの電車に乗りました!^^
by hatumi30331 (2017-07-06 17:11) 

あおたけ

vivianeさん>いにしえの面影が漂うかつての宿場町、
奈良井宿はとてもいい雰囲気のステキなところでした♪
おっしゃるとおり、穏やかにゆっくりと
時が流れているように感じます。
こんな町なみを背景にして列車が撮れるなんて、
撮り鉄として嬉しいです(^^)
お蕎麦や五平餅、馬刺しなどの名物も堪能しました☆

skekhtehuacsoさん>松本電鉄のモハ10形、
たしかに当時のいわゆる「日車標準車体」が
使われていたようで、
他の私鉄にも兄弟車のような存在があったことから、
松電らしいオリジナリティにかけるという点で、
「とくに特徴がないのが特徴」
と言われていたのかもしれませんね。
この言葉はまさに今のE233系の派生系列にも
言えることなのかも(笑)

by あおたけ (2017-07-06 19:00) 

あおたけ

やまびこ3さん>まあ、天気は崩れたというより、
あらかじめ梅雨空なのはわかっていた事ですし、
しっとりとした雨の情景もまた、
宿場町の雰囲気に合っているように思います(笑)
中央西線を走る189系を記録できたことに満足です(^^)
松電の復刻色、風景に映えるいい色ですね☆

ネオ・アッキーさん>こんばんは(^^)
特急「しなの」に使われている383系は、
車体傾斜機構にコンピュータ制御を取り入れた自然振子方式で、
デビュー当時には注目されましたよね。
そしていかにも東芝製VVVFらしいあの唸り音は
シビレますよね〜(^^)
「四季島」、そう、まさにこの行程のあと、
磐越西線でトラブルが発生して動けなくなっちゃ単ですよね・・・
以前にも試運転中に日光線で同様の事態があり、
ちょっと気になるところですね。。。

by あおたけ (2017-07-06 19:12) 

あおたけ

ゆるキャラさん>天気が不安定な梅雨時なので、
遠征にはちょっと迷いもありましたが、
今回は189系の「木曽あずさ」と「例のアレ」を
まとめて撮れるいい機会だったので、
思いきって信州まで足を伸ばしちゃいました(^^)
奈良井の宿場町俯瞰、ここは町なみや川が一望でき、
さらには線形も曲がりくねっていて面白いんですよね。
ここは比較的、楽に到達できる俯瞰ポイントですので、
ロクヨン撮影にぜひオススメです☆
上高地線の復刻色に付けられたアルクママーク、
登山スタイルのアルクマがいいですよね♪
ゆるキャラさん、アルクマが信州に誘っていますよ〜(笑)
次の「かえるの休日倶楽部」にいかがですか?
パスコはまったくの偶然でしたが、
スーパーあずさとの並びは嬉しい収穫でした(^^)
例のアレは・・・あまり期待しないでください(^^;)
by あおたけ (2017-07-06 19:19) 

kuwachan

美味しそうなお蕎麦に、お味噌^ ^
そろそろ和食が恋しくなっています(笑)
ほんの少しですが、鉄分ゲットしました。
by kuwachan (2017-07-06 19:21) 

あおたけ

shihoさん>かつての宿場町の雰囲気を、
今も感じられる奈良井宿の古い町なみ、
とてもステキなところでした(^^)
この町を走る貨物列車や特急列車を記録できたことは、
撮り鉄として嬉しい収穫です♪
昔の色を再現した上高地線の電車、
色合いや塗り分けがロマンスカーにそっくりでした。
ちなみに四季島の隣にいるスーパーあずさ、
昔のスーパーひたちにちょっと似ていますよね。
でも実際は別の形式なんです(^^)

ジジコッすさん>豪華列車「四季島」との遭遇、
ホントに偶然の出会いだったので、ラッキーでした☆
この電車のデザインはインパクトありますね。
ホームでも多くの方が写真を撮られていました(^^)

by あおたけ (2017-07-06 19:32) 

美美

奈良井宿、趣のある街並みですね。
アルピコだの四季島だの上高地線のモハ10形などなどカッコイイ車両が目につきます。
こうやって拝見していると
乗り鉄、撮り鉄ではないけれど乗ってみたくなりました(∩.∩)
by 美美 (2017-07-06 19:40) 

あおたけ

hanamuraさん>晴天に恵まれなかったのは、
自称・晴れ男として失格ですが、
かつての宿場町の面影を色濃く残す奈良井は
雨の似合う情緒ある町なみでした(^^)
そしてこの集落(宿場町)に沿って
中央西線の線路を敷いた先人に感謝ですね〜(笑)
奈良井宿をゆく「木曽あずさ」、いい画が撮れました♪
信州DCではアルクマだけでなく、
渕東なぎさ(のポップ)も山ガールバージョンでした!
ああ、でも撮り忘れちゃったんだよなぁ・・・。
小田急のSE車60周年企画、今日からスタートですね!

まるたろうさん>神戸から長野へ帰省される際、
奈良井は中央西線での通り道にありますよね(^^)
私が奈良井を訪れたのは今回が初めてでしたが、
かつての宿場町の面影が感じられて、
とてもステキな町なみですよね♪
100年を越えた駅舎も趣がありました。
by あおたけ (2017-07-06 19:40) 

あおたけ

やなぼーさん>奈良井宿を見下ろす俯瞰ポイント、
とくに整地された公園や展望台などではないので、
撮り鉄じゃなければわからないかもしれませんね〜(笑)
今回は「木曽あずさ」という狙いがあったので、
奈良井を訪れました(^^)
ちなみに信州DCでは
しなの鉄道でも復刻色の115系を走らせているので、
次は海野宿のほうに行くか!?(爆)
松本といえば、真澄で馬刺し!
馬だけに・・・ウマかった〜(^^)
フライングはアレかな?
土用の丑の日にはまだ早いですよ〜(笑)

mimimomoさん>こんばんは(^^)
いつもはハイカーで混む朝の中央線ですが、
この日は雨が強かったので空いていました。
撮り鉄はまさに「雨ニモ負ケズ」といったところでしょうか(笑)
キャパが狭い場所に肩を並べて撮る場合、
隣人のアングルや設定がなかなか決まらないのは、
たしかに気になってイヤなものですよね〜(^^;)
今回の私も迷惑をかけちゃったかな?
五平餅、ここでいただいたものは串に刺しておらず、
ちょっと上品な感じがしました♪
by あおたけ (2017-07-06 19:49) 

あおたけ

hirometaiさん>こんばんは(^^)
かつての宿場町の面影が色濃く感じられ、
情緒ある町なみの奈良井宿は
とてもステキなところです(^^)
山あいを通る中央西線は勾配がキツいため、
貨物列車は機関車が二台で牽引します。
あいにくの雨模様でしたが、
撮り鉄の成果も満足のいくものでした♪

ナツパパさん>ありがとうございます(^^)
往きの列車ではけっこう激しい雨に見舞われたので、
かなり不安な撮影行脚でしたが、
撮影中に小降りとなってくれたのは助かりました♪
私の列車旅は何も特別なことは無く、
ただ単に普通列車に揺られているだけです(笑)
奈良井での散策も列車の待ち時間に巡った程度でした(^^)
むかしの色を復刻した松電、なかなかいい色ですね。

by あおたけ (2017-07-06 20:02) 

あおたけ

raomelonさん>ファンに人気の国鉄型を使った
「木曽あずさ」が運転されたので、
有名な撮影ポイントはやはり混み合いました(^^;)
でも、親切な隣人のおにーさんのおかげで、
無事に撮ることができ、ホッとしています ε-(´∇`*)ホッ
たかが20cm、されど20cmってところでしょうか(笑)
宿場町の面影を今に残す奈良井の町なみ、
情緒ある建物が建ち並ぶ、とてもステキなところでした♪
信州蕎麦や五平餅、さらには馬刺しや地酒など、
名物も堪能できて大満足〜☆
大ネタは。。。あくまで鉄的なものなので、
あまり期待しないでくださいね。。。(^^;)

ピンキィモモさん>こんばんは(^^)
かつて賑わった宿場町の雰囲気が
今も色濃く感じられる町なみ、
その玄関口となる味わい深い木造駅舎など、
奈良井は風情あるとても素敵な町でした♪
金沢で言うところの茶屋街に似ているでしょうか。
松本で偶然に遭遇した豪華列車の「トランスイート四季島」。
このデザインはホントにインパクトありますよね〜(^^)

by あおたけ (2017-07-06 20:18) 

ken2

211系のセミクロス(ボックスシート)壁に見える
点々穴は、灰皿、小テーブルが付いていた跡かな?
おおっと、イイですね〜シブイ奈良井の木造駅舎!
なんと、100年前の駅舎とは!
これまた印象的なのは「グレードアップあずさ」が走る横に奈良井の町家の屋根がほとんど同じ向きで同じ方向なのですね〜歩いてみたい町並みです。
四季島とスーパーあずさの共演写真、見事です!
by ken2 (2017-07-06 21:14) 

あおたけ

yasさん>ありがとうございます(^^)
運転日が限られた「木曽あずさ」、
あいにくの雨模様でしたが、
思いきって撮影に行ってよかったです♪
お立ち台、ベストではなかったものの、
どうにか視界が開けるところで撮ることができただけでも
じゅうぶんに満足の成果でした(^^)
スペースを空けてくださった方に感謝です☆
ヤ○ザキパンでは無くパスコ、
単なる「シキシマ」つながりなだけなのですが、
個人的にこの呼び方が気に入っています(笑)

ちぃさん>ちぃさんとかめぴーさんが
「梅雨の日を満喫する”奈良”の旅」ならば、
私のほうは「梅雨の撮り鉄を満喫する”奈良井”の旅」です(^^)
あいにくの雨模様でしたが、しっとりとした雨の情景も
情緒ある宿場町には合っているように思いました♪
撮影ポイントのスペースは限られているので、
撮り鉄同士でも譲り合いの気持ちが大事なんですよね。
まさに今回の私はとても助けられました(^^)
名物のお蕎麦や五平餅、とっても美味しかったです☆
ここの五平餅は串に刺しておらず、
ちょっと上品な感じがしました♪
奈良井宿のお蕎麦はぜひ、
蕎麦好きのかめぴーさんにオススメです(^^)
by あおたけ (2017-07-07 20:09) 

あおたけ

ひでほさん>こんばんは(^^)
宿場町の雰囲気が感じられるならいの町なみ、
ここを俯瞰できる撮影地は有名なお立ち台なのですが、
機会があれば一度訪れてみたいと思っていました。
ただ、189系の運転日はさすがにちょっと
混雑していましたね。。。(^^;)
どうにかスキマからでも撮れて良かったです(笑)
信州ワイド周遊券、私も学生の頃にそれを使って、
信越線や篠ノ井線、飯山線などを巡りました。

JR浜松さん>今回運行された「木曽あずさ」、
JR東日本に所属する189系が
JR東海の中央西線に入線する、貴重な機会でした(^^)。
ちなみに「グレードアップあずさ色」は
車両こそ国鉄型の189系ですが、
色はJR後に塗り替えられたので国鉄色ではありません。
by あおたけ (2017-07-07 20:16) 

あおたけ

hatumi30331さん>中山道の宿場町が点在し、
今も当時の面影を感じることができる木曽のまち、
落ち着いた雰囲気で心が安らぐ、
とってもいいところですよね〜(^^)
おっしゃるとおり、神秘的な空気を感じる、
パワースポットかもしれませんね♪
オレンジ色の電車はひと昔前の色を再現したものですが、
いま見ても古さを感じない色合いですよね☆
昨日は検診で南海電車や環状線に乗られたんですよね(^^)

kuwachanさん>旅先のスペインからコメント、
ありがとうございます(^^)
スペインの名物料理といえば
パエリアが真っ先に思い浮かびますが、
食べられましたか〜?
スペインの鉄分補給も楽しみにしています☆
風情ある奈良井宿の町で食べたお蕎麦や五平餅、
素朴ながら優しい美味しさを感じました♪

by あおたけ (2017-07-07 20:24) 

あおたけ

美美さん>いにしえの面影が漂うかつての宿場町、
奈良井は趣のあるとてもステキなところでした♪
撮り鉄だけでなく、たまにはこういう散策もいいですね(^^)
列車に揺られる乗る鉄旅、
アルピコの上高地線などは誰もが気軽に乗れるローカル線ですが、
豪華クルーズトレインの四季島となると
かなり奮発しないと乗れませんね〜(笑)
でも、いつか四季島に乗る機会があるといいですね☆

ken2さん>211系のボックスシート脇に見える壁の穴、
ご察しの通り、かつて灰皿が設置してあった跡です。
国鉄型の211系が製造されたころは
まだ普通列車で煙草が吸えた時代なんですね〜(^^)
宿場町の町なみに合わせたような、
奈良井の立派な木造駅舎、シブくて味がありますよね♪
100年以上もこの地に佇んでいることを思うと、
歴史のロマンを感じます☆
奈良井の町の屋根、同じ向きに整然と並んでいるのは、
きっと宿場町の頃からの習わしなんでしょうね。
四季島とスーパーあずさの並び、
このシーンに偶然出会えたのはラッキーでした(^^)
by あおたけ (2017-07-07 20:36) 

sakana

7/1松本にいたのですね。
 松本に四季島来るの知っていたら、
さっさと電車乗って松本に戻ればよかった
です...

渕東1742の電車って私が1725に松本で
乗って1730に信濃荒井で降りた便ですね。

 松本で本気で晩餐する余裕を持っています
から来年はぜひ...
by sakana (2017-07-07 21:26) 

Jetstream

いい旅を楽しまれましたね。
私は中央西線の夜行列車にたびたび乗りました。 登山でしたが、はるか昔・・(笑)!(^^)!
上高地線もいいですね。安曇野情緒たっぷりです。
by Jetstream (2017-07-07 22:38) 

moz

きそあず、ばっちり撮れてよかったですね。
隣のお兄さんの20cm、流石鉄仲間ですね(笑)
信州デスティネーション、駅で見かけました。生まれ故郷のキャンペーン、今年は信州に行ってみようかな?
蕎麦も食べたいし、五平餅も超~美味しそうです^^;
もちろん、真澄で馬刺しも頂きたい・・・ ^^;
by moz (2017-07-08 07:19) 

燕っ子

あおたけさん・・・
奈良井の俯瞰お疲れさまでした・・・
まさかのニアミスです・・・ご一緒に撮影しています・・・
あの斜面に、すごい人だかりでしたね・・・私も脱出に一苦労でした・・・
by 燕っ子 (2017-07-08 10:01) 

FTドルフィン

おぉ〜
例の・・・w
しかし、今後ネタも少なくなって
集中しちゃうんでしょうね。
しかし相変わらずの鉄運!
パスコくんも!
さてさて・・・メインイベントは!!www

by FTドルフィン (2017-07-08 10:16) 

gardenwalker

こんにちは
先週行かれていたんですねー!
雨に濡れた宿場町の風情
これまたいいじゃないですか
僕も行きたいなー、と思っていたのですが
天気が悪そうだったので北へ向かいました
そうそう、松本電鉄はこんな色でしたね
高校の合宿で上高地に行った時に乗りました
もう30年くらい前ですけど(^^)
by gardenwalker (2017-07-08 11:22) 

naonao

あいにくのお天気でしたが
信州撮影の旅お疲れ様でした。
奈良井宿、駅舎や街並みが
風情がありますね(゜▽゜*)
信州名物のお蕎麦や
五平餅も美味しそうですね(゜ρ゜)
鉄分補給+のんびりと美味しいものも
満喫し充実した旅でしたね♪
by naonao (2017-07-08 13:21) 

たじまーる

木曽あずさって何??と思ったのですが
中央西線に入るあずさだったのですね(((^^;)
中央西線にあずさが入線することが
とても貴重ですよね(^○^)
グレードアップあずにゃん色だったのですね(*^^*)
また反対に中央東線に入線する諏訪しなの号も
あるんですね(((^^;)
by たじまーる (2017-07-08 15:12) 

ブリザド

雨の中の撮影旅行、お疲れ様です
奈良井宿は以前、マイカーでの帰省途中に寄りました
古い街並みが素敵ですね(^ω^)
先日、NHK番組「ふるカフェ系ハルさんの休日」
でも紹介されていました
「渕東なぎさ」、可愛いな
アルピコ交通のツートンカラーの電車も可愛いです
by ブリザド (2017-07-08 18:33) 

sonic

えきなかギャラリーにご来訪ありがとうございます(^^)
この復刻色は想定外でしたが、町や駅に似合ってますね。
by sonic (2017-07-09 08:43) 

hatumi30331

阪急のラッピングは、流石に渋めの落ち着いた絵でした。 南海電車もだんだん女性の運転手さん増えてるのかな? 良い感じでした。^^
by hatumi30331 (2017-07-09 11:11) 

あおたけ

sakanaさん>7/1の上高地線、
松本から信濃荒井まではこの復刻色の電車に
乗られたいたのですね(^^)
私はその一本前の電車で
松本から新島々に向かっていました。
四季島は私も来ることを知らず、まったくの偶然です。
松本で本気で晩餐する余裕、ありがとうございます(^^)

Jetstreamさん>ありがとうございます♪
まさに梅雨まっただ中のあいにくのお天気でしたが、
しっとりとした雰囲気の中で、
風情ある宿場町の情景を楽しむことができました(^^)
以前の登山で乗られた中央西線の夜行列車というと、
急行「ちくま」あたりでしょうか?
昔の夜行列車は旅情があってよかったですよね。。。
上高地線ものどかでいい感じのローカル線ですよね☆
by あおたけ (2017-07-09 16:58) 

あおたけ

mozさん>ありがとうございます(^^)
ふだんは走らない臨時列車の「きそあず」、
奈良井宿のお立ち台には多くのファンが集まりましたが、
隣の鉄仲間さんのご配慮に助けられて、
私もバッチリと撮ることができました♪
おや?故郷ということは、mozさんは信州のご出身なんですね。
信州はお蕎麦もお酒も美味しくて、いいところですね~☆
信州DCの期間中はいろいろなイベントが催されているので、
ぜひ、機会がありましたら訪れてみてください(^^)

燕っ子さん>奈良井宿俯瞰での「木曽あずさ」、
おや、同地でご一緒していたんですね~!
脱出に一苦労ということは、
前段の方にいらっしゃったのでしょうか。
足場が悪いなか、おつかれさまでした(^^)
きっとバッチリと撮られたことと思います♪
by あおたけ (2017-07-09 17:10) 

あおたけ

FTドルフィンさん>今回は「木曽あずさ」の撮影や
「えきなかギャラリー」の訪問がメインだったのですが、
例の復刻色の運転日に当たり、出会うことができました(^^)
でも、やっぱりこの電車はもう一度あらためて、
撮りに行きたいなぁ・・・。涼しくなってからw
観光イベントによる臨時列車、このようなネタになると、
どうしても多くのファンが集中しちゃいますよね。
トラブルが無いよう、場所などを見極めて
撮影を楽しめればと思っています(^^)
と、言いつつ、次のメインはもっと激パwww

gardenwalkerさん>こんばんは(^^)
まさに梅雨まっただ中のあいにくの天気でしたが、
この週末の信州は撮りたい列車がいくつかあったので、
思い切って遠征しちゃいました(^^)
雨に濡れる奈良井宿で撮った「木曽あずさ」、
これはこれで悪く無い情景だったように思います♪
松本電鉄の復刻色、私はこの当時の電車は見たことがなく、
逆に新鮮な印象を受けました。
今度はぜひ晴れた日に再訪し、
北アルプスの山々を背景に撮りたいところです(^^)
by あおたけ (2017-07-09 17:20) 

あおたけ

naonaoさん>ありがとうございます(^^)
おっしゃるとおり、あいにくの雨模様でしたが、
宿場町の面影が感じられる奈良井の町を散策したり、
お目当ての列車を高台から撮影したり、
さらには名物の信州そばや五平餅も食べることができて、
充実した信州旅となりました♪
偶然に豪華列車の四季島を見られたことも、
ラッキーな鉄運に恵まれたと思います(^^)

たじまーるさん>同じ中央本線に属しながら、
東線と西線では定期の直通列車が全くないんですよね。
そう考えると今回の「木曽あずさ」は、
両線をつなぐ貴重な臨時列車だったと思います。
ちなみに「木曽あずさ」が設定されるのは今回が初めてでなく、
過去にも何度か運転実績があります。
いっぽう、西線から東線へ直通する「諏訪しなの」の方は、
今回が初設定となりますが、
使用車両が通常の「しなの」と同じ383系なので、
やはり国鉄型の189系が使われる「木曽あずさ」のほうが、
ファンの注目度は高いようです(^^)
by あおたけ (2017-07-09 17:26) 

あおたけ

ブリザドさん>ありがとうございます☆
木曽路にある奈良井宿、愛知へのご帰省の途中で
立ち寄られたことがおありなのですね(^^)
かつての宿場町の面影を今に残す町なみは
風情が感じられてステキなところですよね。
アルピコ交通のイメージキャラクター「淵東なぎさ」、
駅名標などにもデザインされていて、カワイイですね(^^)
オレンジが鮮やかな復刻色も風景に映えていい感じでした。

sonicさん>えきなかギャラリー、お邪魔しました(^^)
復刻色のダイヤ(撮影や折り返し)を考慮したことで、
なんとも慌ただしい訪問となってしまって
スミマセンでした(^^;)
上高地線の3000系、標準色が白系であっさりとしているので、
この復刻色はインパクトが強かったです。
復刻色が走る上高地線の風景、
描いてみたいのではないでしょうか(^^)

by あおたけ (2017-07-09 17:46) 

あおたけ

hatumi30331さん>阪急の祇園祭ラッピング、
シブくていい感じのデザインでしたね。
私も近ければ撮影に行きたいところです(^^)
女性の運転士さんや車掌さんは最近増えてきましたね~。
華やかで良いことだと思います(^^)
by あおたけ (2017-07-09 17:49) 

schnitzer

奈良井の駅舎はとても素敵は雰囲気ですね。
お蕎麦もとても美味しそうです(笑)
アルピコの淵東駅、一度訪れようと思ったら道を間違えとなりの駅に行ってしまいました。
次回は、訪れてみたいと思います。
by schnitzer (2017-07-09 23:34) 

あおたけ

schnitzerさん>奈良井の木造駅舎、
宿場町の町なみに馴染んでいるような趣があり、
とてもいい雰囲気でした。
100年以上もこの地に佇んでいることを思うと、
歴史のロマンを感じます(^^)
奈良井で食べた手打ちのお蕎麦、おいしかったです。
上高地線の渕東駅、
たしかにちょっとわかりづらい場所に位置していますよね。
また機会がありましたら、
「渕東なぎさ」に会いに行かれてみてください(笑)
by あおたけ (2017-07-11 18:56)