So-net無料ブログ作成
検索選択

飯山線・・・「国鉄急行色DC野沢」号 撮影記 [鉄道写真撮影記]

0000.jpg
2017.09.09 飯山線
復活のローカル急行
 「国鉄急行色DC野沢」号 撮影
 

暑さが和らぎ、だいぶ秋めいてきたというのに、夏の「青春18きっぷ*」があと二回分も残っている (;゚ロ゚)ハッ。ご存知のように今夏の東日本は記録的な天候不順で晴れの日が少なく、あまり撮り鉄へ出かける気にならなかった (・ω・`)ゞウーン・・・と言った理由もあるけれど、個人的にはお盆すぎから、前記事の「ONE-shot」でお伝えした高知の出張が絡んだ仕事にかかり切りで休日出勤などもあり、撮り鉄に出かけられる余裕が無かったと言うのが実情 アセアセヾ(*д*ヾ三ノ*д*)ノアセアセ。ブログの上だと美味しいモノを食べて、酒蔵のある町なみを散策し、路面電車を見に行っただけのオイシイ出張に見えますが ψ(`∇´)ψウケケ、実のところは仕事的にとてもとても重要なミッションで (`・ω・´)キリッ、無事に遂行できたことを内心でホッとしています ε-(´o`A)ホッ。そんな抱えていた大仕事が一段落し、気がけばもう9月・・・ああ、夏が終わってしまった!? ヽ(´д`;)アア…。いや、まだだ、まだ終わらんよ! (;`д´)マダダ!。“夏”の「18きっぷ」の有効期限は9月10日で、週末の土日(9/9・10)まで使えます。残り二回分の「18きっぷ」、これを使い切らなきゃ、鉄としての私の夏は終わらない!? (*`・ω・´)-3フンス!。そしてその週末、「18きっぷ」を使って行くのにちょうどいい距離の路線で、個人的に魅力を感じる「とある臨時列車」の運転が設定されており (゚∀゚)オッ!、私はそれを目指してお出かけすることにしました (/*´∀`)o レッツラゴー♪。はたして私はどこへ、何を撮りに行くのでしょうか・・・。

(*拙ブログでお馴染みの「青春18きっぷ」は、JR全線の普通・快速列車が一日じゅう乗り放題となる、期間限定のフリーきっぷ。一枚の値段は11,850円で、5回まで有効。つまり、一回(一日)分は2,370円という、乗り鉄に嬉しいオトクなきっぷです (´艸`*)オットク~♪)

 

9月9日(土)

0001.jpg
東京に入ってきたのは
高崎線へ直通する高崎ゆき普通列車。
豪快にブレているけれど、
(ノO`)アチャー
いちおう、赤煉瓦をちょろっと写し込んで、
旅の起点の東京駅らしさを表そうとしたんです(笑)
▲17.9.9 東海道本線 東京

0002.jpg
高崎で上越線の水上ゆきに乗り継ぎ。
ε=┌(;゚д゚)┘ノリカエ!
ロングシート仕様の211系です。
ちょっと前まで115系が多く見られた高崎地区ですが、
今やそのほとんどが211系に置き換えられました。
高崎の115系はまさに風前の灯か・・・。
σ(・ω・`)ウーン…
▲17.9.9 信越本線 高崎

自宅の最寄駅で「青春18きっぷ」の4回目に使用開始の日付印を捺してもらい、乗り鉄旅をスタート …(((*・∀・)つ[18]。東京から上野東京ラインを経て、高崎線へ直通する前橋ゆきの普通列車に乗って首都圏の喧噪を脱出し、途中の高崎で上越線の水上(みなかみ)ゆきへと乗り継ぎます ε=┌(;゚д゚)┘ノリカエ!。今日は久々に青空が広がる気持ちのいい晴天で、絶好の行楽日和となった週末 (´▽`*)イイテンキ♪。上越線の車内には山歩きやハイキングへ向かうと思われる方々の姿が多く見られ、座席はびっちり満席状態 (´д`;)人大杉…。私はかろうじて席に座ることができましたが、景色が眺めづらいロングシートの電車なので、無理矢理に振り向いて車窓を見ることはせず、スマホなどをいじりながら淡々と上越線を北上します。尾瀬へ向かうのでしょうか、沼田まで来ると乗客の三分の一くらいが下車して私の隣は空席となり、少しだけ車窓の風景を眺める余裕ができました (「゚ー゚)ドレドレ。

0003.jpg
スッキリとした秋晴れの行楽日和。
上越国境にそびえる谷川岳も、
車窓にその雄大な姿を見せています。
(゚∀゚)オッ!
▲17.9.9 上越線 上牧-水上(車窓から)

0005.jpg
その谷川岳をトンネルで抜ける、
長岡ゆきの普通列車へ乗り継ぎます。
ε=┌(;゚д゚)┘ノリカエ!
車両は新潟地区の新たな顔となったE129系。
ボックスは埋まっていましたが、
ロングシートには座れました。
▲17.9.9 上越線 水上

水上でさらに先へ進む長岡ゆきに乗り継ぎ ε=┌(;゚д゚)┘ノリカエ!、国境の長いトンネルを抜けると、そこは雪・・・いや、新潟県です。越後湯沢を過ぎて、私が上越線を降りたのは、六日町(むいかまち)。ここで当駅から分岐する北越急行・ほくほく線の犀潟(さいがた)ゆきに乗り換えます ε=┌(;゚д゚)┘ノリカエ!。ほくほく線はJRではない第三セクターの路線なので、「18きっぷ」は使えず、別途に利用区間の運賃を精算して乗車 (*・ω・)つ[キップ]

0006.jpg
六日町でほくほく線の犀潟ゆきに乗り換え。
ε=┌(;゚д゚)┘ノリカエ!
HK100形には、開業20周年を記念した、
ヘッドマークが掲げられていました。
車内は空いていて、ボックス席をゲット♪
ボックス(σ゚∀゚)σゲッツ!!
▲17.9.9 北越急行ほくほく線 六日町

0007.jpg
第三セクターのほくほく線は
JRの「18きっぷ」で乗れません。
利用区間を車内で精算します。

0008.jpg
ほくほく線の車窓に広がるのは、
秋色に染まった田園風景。
このあたりで収穫されるお米が、
かの有名な魚沼産コシヒカリです。
( ̄。 ̄)ヘー
▲17.9.9 北越急行ほくほく線 六日町-魚沼丘陵
(車窓から)

上越線の六日町と信越本線の犀潟を結ぶ、ほくほく線 (´▽`*)ホクホク♪。かつては首都圏と北陸地方を繋ぐメインルートの一角を担い、上越新幹線と接続する特急「はくたか」(越後湯沢~金沢)が頻繁に走っていましたが、一昨年(2015年)に北陸新幹線が開業(長野〜金沢の延伸)してからの同線は、特急が廃止されて地域輸送が主体のローカル線となり、私もとんとご無沙汰。久しぶりの乗車となりました (*´∀`)ノ゙オヒサァ!。と言っても、今回はその全線を乗り通さず、途中の十日町(とおかまち)で下車。

0009.jpg
六日町から下り列車で15分、
ほくほく線沿線の主要駅、
十日町で列車を降ります。
▲17.9.9 北越急行ほくほく線 十日町

0010.jpg
蕎麦どころとして知られる十日町、
板状の盆に蕎麦を盛った、へぎ蕎麦が有名です。
時間が合えばお蕎麦を食べて行きたいところでしたが、
まだお昼の開店前でした・・・。
σ(・∀・`)ザンネン
ちなみに来月の10/21・22には、
地そばまつり」が行なわれるのだそうです。
▲17.9.9 飯山線 十日町

十日町には乗ってきたほくほく線のほかにもう一線、当駅を通る路線があります。それが今回の私の目的路線である、JRの飯山線(いいやません) (゚ー゚*)イーヤマセソ。飯山線は上越線と接続する新潟県の越後川口から、十日町、津南(つなん)、森宮野原(もりみやのはら)、戸狩野沢温泉、飯山を経て、しなの鉄道北しなの線(旧・信越本線)と接続する長野県の豊野(とよの)までの96.7キロを結び、列車自体は長野へと乗り入れる、非電化のローカル線(本来の起点は豊野のほう)(・o・*)ホホゥ。新潟と長野の県境の山あいを信濃川に沿って、縫うように線路が敷かれた飯山線は、日本有数の豪雪路線として知られています ( ̄。 ̄)ヘー。そんな飯山線ですが・・・あれ?新潟側の接続駅が上越線の越後川口なら、ほくほく線を使わずに「18きっぷ」だけでも乗り継げたんジャマイカ?と、賢明な鉄道好きの方ならば思われることでしょう σ(゚・゚*)ンー…。たしかにそのとおり (○-`ω´-○)ウム。

0011.jpg
これが飯山線とその周辺路線の
大まかな位置関係。
緑色がJR飯山線(越後川口~豊野)、
青色がJR上越線、
そして赤色が第三セクターのほくほく線です。
今回の私はJR線同士の接点である越後川口を経由せず、
六日町から十日町までほくほく線を使い、
ショートカットしました。
(地図はクリックで拡大します)

できることならば私も、ちゃんと起点(路線上の終点)である越後川口から飯山線に入りたいところでしたが σ(゚・゚*)ンー…、列車の運行本数が少ない飯山線は、この時間帯の越後川口での接続がとても悪く、具体的に言うと、もしあのまま上越線の長岡ゆきを六日町で降りずに越後川口(11時24分着)まで行っていたとすると、次の飯山線の上り列車は越後川口で約二時間待ち(13時10分発の186D)( ̄  ̄;)ニジカン…。ちなみにその一本前は約二時間前(9時02分発の182D)で、「18きっぷ」での鈍行乗り継ぎ旅だと東京からは間に合いません (ヾノ・∀・`)ムリムリ(つまり越後川口発の飯山線は9時02分のあと、13時10分まで約四時間も列車が無いと言うことです w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!)。いっぽう、六日町から十日町までほくほく線でショートカットすると、十日町を始発駅とする上り列車に40分ほどで接続(11時50分発の136D)(゚∀゚)オッ!。目的地(目指す撮影ポイント)には越後川口を経由するよりも一本早い列車で、二時間近く早く到達できます (゚∀゚*)オオッ!!。過去に何度か飯山線の全線を乗り通している私、今回は乗り潰しが目的ではないので、このほくほく線によるショートカットを選びました m9(`・ω・´)ケテイ!。ちなみに「18きっぷ」の別途に払ったほくほく線の運賃(六日町~十日町)は300円。これで一本早い列車に乗れるのならば、お安いものです (´0ノ`*)オーッホッホッ。飯山線の長野ゆき上り列車は、定刻に十日町を発車。

0012.jpg
十日町の地平ホームには
飯山線の列車が待機していました
(乗車する長野ゆきは右)。
(´▽`*)キハキハ~♪
現在の飯山線の定期列車は基本的に
全列車がこのJR型のキハ110系で統一されています
(同線を走る観光列車の
「越乃Shu*Kura」はキハ40・48、
「おいこっと」はキハ110)。
ちなみに左上のほうに見える立派な高架橋は、
ほくほく線の線路。
▲17.9.9 飯山線 十日町

0013.jpg
飯山線は今年で全線開業88周年の米寿。
それを記念した入場券が発行されましたが、
十日町ではすでに完売。
σ(・∀・`)ザンネン
残っていたら買おうと思ったのに・・・って、
よく見たらお値段が4,390円もする代物でした。
Σ(゚∇゚;ノ)ノ タカッ!
とても買えないや・・・。

0015.jpg
0016.jpg
のどかな田園風景のなかをゆく飯山線の列車。
(´ー`)ノドカ
このあたりの土地でよく見られる棚田も
車窓から眺められます。
▲17.9.9 飯山線 土市-越後水沢(車窓から)

0017.jpg
土市(どいち)の駅舎脇に置かれているのは、
十日町市や津南町を舞台に行なわれる
大地の芸術祭(越後妻有アートトリエンナーレ)」
で2015年に制作された、
台湾の絵本作家、ジミー・リャオ(幾米)氏の作品で、
絵本「幸せのきっぷ Kiss & Goodbye」の世界を
再現したというオブジェ。
( ̄。 ̄)ヘー
▲17.9.9 飯山線 土市(車窓から)

そんな新潟と長野を結ぶローカル線の飯山線は、今年で開業88周年の米寿と言うお祝いの年を迎え、記念きっぷ(記念入場券)の発行などいろいろな企画が設定されています (*゚▽゚)/゚・:*【祝・米寿】*:・゚\(゚▽゚*)。残念ながら記念きっぷは完売御礼のようでしたが(残っていても買えないお値段だったけれど (^^;)ゞ)、その記念企画の一環として、この週末(9/9・10)に同線で特別運行されるのが、国鉄急行色(復刻色)を纏ったディーゼルカーのキハ47+キハ48(新潟車)による、「国鉄急行色DC野沢」号(事前募集制、団体専用のツアー列車)(゚∀゚*)オオッ!!。これはかつて同線で走っていた、急行「野沢」(長岡~長野・飯山線経由、1986年に廃止)を今に再現したようなもので、国鉄型好きの私にはたまらない復刻列車 (*゚∀゚)=3ハァハァ!。これが飯山線を訪れた、私のお目当てです (´ω`)ナルヘソ。それにしてもこの特別列車、土曜日に長岡発・長野ゆきの上り、日曜日に長野発・長岡ゆきの下りと、各日で片道ずつの往復運転なのですが、なぜか今日(土曜日)運行される上り列車の設定時刻は遅く、長岡の始発が14時15分で、終着の長野には18時07分 σ(゚・゚*)ンー…。おかげで「18きっぷ」利用の鈍行旅でも余裕で通過時刻に間に合うのは助かりますが、前述したように深い山あいを走る飯山線、午後の遅い時間帯だと線路が山影に翳られてしまいます (゚ペ)ウーン…。お目当ての列車へきれいに日が当たるのは、どのあたりなのか・・・事前に地図や撮影地情報などを調べて、撮影ポイントを精査した結果 \_ヘヘ(- ̄*)ドレドレ、私が十日町から乗った上り列車を降りたのは、越後鹿渡(えちごしかわたり)という小駅 (・ω・)トーチャコ。

0018.jpg
列車は信越地方を代表する大河、
信濃川を鉄橋で渡ります
▲17.9.9 飯山線 越後田沢-越後鹿渡(車窓から)

0019.jpg
0020.jpg
信濃川の鉄橋を渡った先にあるのが、
下車駅の越後鹿渡。
(・ω・)トーチャコ
集落の一角に佇む無人駅です。
ホームの上屋がシブくていい雰囲気。
▲17.9.9 飯山線 越後鹿渡

東京0620-(高崎1822E)-高崎0816~0824-(上越727M)-水上0930~0947-(1731M)-六日町1053~1057-(ほくほく線834M)-十日町1111~1150-(飯山136D)-越後鹿渡1209

同駅で下車したのは私ひとり。列車内にも、とくに同業者らしき人は見かけなかった気がします σ(゚・゚*)ンー…。やはり列車の運行が二~三時間に一本程度の飯山線では移動するのに効率が悪く、沿線での撮影にはクルマを利用される方が多いのでしょうね (´ω`)ナルヘソ。駅から撮影ポイントへ向けて集落を歩いていると ε=ε=ε=┌(*・_・)┘テクテク、道に人の姿はありませんが、山のほうからチェーンソーのような音が響いてきます。山に囲まれた土地柄、このあたりは林業が盛んなのでしょうか。日差しはキビシいものの、秋らしさを感じる心地よい風を受けながら歩くこと20分、ちょっとした高台に位置する撮影ポイントへとたどり着きました。同地にいらっしゃった先客はお二方ほど (*・ω・)ノ゙チワッス♪。

0021.jpg
駅から歩いてやってきたのは、こんな場所。
(「゚ー゚)ドレドレ
奥に見える水色の鉄橋は、
先ほどの列車で渡った第5信濃川橋梁です。

ここは道路脇のお手軽な場所ながら、眼下にカーブする飯山線の線路と鉄橋が見下ろせる、私好みの俯瞰ポイント (σ´∀`)σイイネ~♪。キャパ的にもまだじゅうぶんに余裕があり、自由にアングルを組み立てられます。注意すべき点は、手前を横切る電線をウマくかわすことでしょうか ( ̄^ ̄)ゞラジャ!。なんとなく立ち位置やアングルを決めて、まずはためしに次の普通列車へカメラを向けてみます【◎】]ω・)。試し撮りと言っても、運行本数がとても少ない飯山線ですから、その列車は貴重な一本。しかも、現れたのは・・・(*゚ロ゚)ハッ!!

0023.jpg
紺と白に塗り分けられた単行列車が、
山あいに架けられた鉄橋を渡りゆきます。
▲17.9.9 飯山線 越後田沢-越後鹿渡(後追い)

復刻色、キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ッ!!
この撮影ポイントでは後追いとなる、越後川口ゆきの下り列車(131D)は、先ほど私が十日町から乗ってきた標準色のキハ110(白地に扉部が深緑)とは色が違う、青と白のツートンカラー (゚ー゚?)オヨ?。この色の車両はいったい何なのかというと、復刻急行の「野沢」とハナシが混同しそうでちょっとややこしいのですが、これは先述の飯山線88周年の記念と、長野で開催されている観光キャンペーン「信州デスティネーションキャンペーン(信州DC)」の開催に伴い、かつてJR化直後(90年代)の飯山線を走っていたキハ52やキハ58、キハ40などのディーゼルカーに施されていた、いわゆるご当地カラー(地域色)を現行のキハ110に復刻したもの (・o・*)ホホゥ。当時は古い国鉄型のキハに似合わぬ派手なカラーリングから、“年増の厚化粧”などと揶揄されたとも聞きますが ( ̄b ̄;)シーッ、実は私が初めて飯山線を乗り潰し目的で利用したときの列車がまさにこの色でして、個人的にはとても懐かしい印象があるのです (ノ∀`)ナツカシス。

0024_1.jpg
これが当時の私が飯山線の完乗目的で乗った、
ご当地カラーの「飯山色」に塗られたキハ52。
(ノ∀`)ナツカシス
いま見ても、似合っているかどうかビミョーな印象ですが、
ああ、こんなのもあったな・・・的な、
懐かしさは覚えます(笑)。
ちなみに左に写し込んだ標柱は
「とまとの国・・・」を見せたかったわけでなく、
実はその横に書かれている、
「JR日本最高積雪地点」を記録したかったんです。
でも、この構図じゃよくわからないですね
(この標柱はのちほど、また登場します)。
▲90.12 飯山線 森宮野原

0024_2.jpg
こちらは同色のキハ40。
ほかにキハ58などもこの色が存在しました。
ちょっと分かりづらいですが、
車体に書かれている「VOITURE AMITIE’」の文字は、
フランス語で「友情の列車」と言う意味なんだそうな。
でも、なぜフランス語だったのだろう・・・?
σ(゚・゚*)ンー…
▲90.12 飯山線 森宮野

 
0900.jpg
そして復刻された飯山色のキハ110。
けっこうよく似合っていて、
この色は国鉄型キハよりも、
むしろJR世代のキハ110のほうが
しっくりとくるように思います。
(上写真の拡大)

そんな個人的に想い出のある飯山色の復刻色も、飯山線を訪れたのならば、ぜひ撮りたいと思っていた編成でした σ(・∀・*)トリタイ!。しかし私には運用がよくわからず、全18両ある長野のキハ110・キハ111のうち(「おいこっと」の二両も含む)、わずか二両の復刻色に当たるかどうかは、まさに運次第でしたが 八(゚- ゚)オネガイ、こうやって現れてくれたのはホントにラッキーでした (o ̄∇ ̄o)ラキー♪。ちなみにこの下り列車、もしも私が越後川口を経由していたらここでは撮れなかったもので、そう考えるとほくほく線経由の300円は多いに価値のある出費だったと言えよう(笑)。試し撮りに話を戻してアングルを見ると、夏場で斜面の木々が生い茂り、鉄橋や川(信濃川)の半分程度を隠しちゃっているのは少々残念だけれど、それでもこの自然豊かな風景は飯山線らしくて、なかなかいい感じです (・∀・)イイネ!。ちょっとでも川面を分からせたくてこのようなアングルにしてみましたが、もう少しカーブした線形を活かした画にしようかな・・・σ(゚・゚*)ンー…。光線状態はこれから徐々に列車の正面側へと日がまわり、本命の急行「野沢」が通過する頃にはちょうどいい頃合い(バリ順)となるハズ (゚ー゚*)ハズ。

0024.jpg
時間に余裕があったので、
ためしに鉄橋の近くまで行ってみたものの、
夏草が鬱蒼と生い茂り、
土手や河原へ到達するのはちょっとキビシい感じ。
(゚ペ)ウーン…
それでも果敢に薮へ突入しようとしましたが・・・
近くに落ちていたヘビ(マムシ?)の死骸を見て、
やっぱり断念しますた。
ヒィィィ(i|!゜Д゚i|!)ィィィィ

0026.jpg
ふたたび復刻色を撮った場所に戻り、
次の上り列車(186D)をパチリ。
(^_[◎]oパチリ
今度は標準色のキハ110です。
もしも越後川口を経由していたら、
この列車で越後鹿渡へ来ることになっていました。
▲17.9.9 飯山線 越後田沢-越後鹿渡

いちおう列車の待ち時間で、ほかにも撮れそうな場所は無いかと、坂道を下って鉄橋の周囲をウロついてみるも o(- ̄*o))))...ウロウロ...((((o* ̄-)o、とくに目ぼしいアングルは見つけられず(ホントはためしに川面を入れて、鉄橋をサイドから狙ってみたかったけれど、ムリでした (´Д⊂ムリポ)、あらためて本命の急行「野沢」を狙うのは、はじめに復刻色を撮った俯瞰ポイントに決定し、腰を落ち着かせます m9(`・ω・´)ケテイ!。次にやってきた長野ゆき上り列車(上写真の186D)で光線状態を確認すると (「゚ー゚)ドレドレ、だいぶ列車の顔(正面)にまで日がまわるようになってきました (゚∀゚)オッ!。快晴に恵まれたこの日は、上空に流れ雲がほとんど見られず、雲影によるマンダーラ(まだら状態)になる心配もなさそうです ε-(´∇`*)ホッ。やがて、急行「野沢」の通過時刻が近づき、最終的には10人くらいが集まったお立ち台。そこに聞こえてきたのは山あいに響く、国鉄型キハの重厚なエンジン音・・・

0027.jpg
急行「野沢」、キタ────∵・(゚∀゚)・∵────ッ!!

0028.jpg
鉄橋を渡り終えてカーブにさしかかる、
キハ47+48の「国鉄急行色DC野沢」号。
晩夏の深い緑に包まれた飯山線に、
懐かしい色の急行列車が帰ってきました。
▲17.9.9 飯山線 越後田沢-越後鹿渡

いーやませんで、国鉄キハが撮れました~!ヽ(´▽`)ノワ~イ♪
山の緑を背にして鮮やかに映える、クリームと赤の国鉄型ディーゼルカー。これぞまさしく、国鉄時代に亜幹線や地方交通線を走っていたローカル急行(本線からローカル線へ直通する急行列車)を思い起こさせ、ノスタルジーが漂う昭和の情景です (≧∇≦)シブイッ!。これが現代の飯山線で見られるなんて、国鉄型好きとしてはもう、感動、感激、大興奮!(*°ω°)-3 ムフーッ!。ぶっちゃけ、当列車に使用されたキハ47とキハ48は、もともと急行形ではなく近郊形(一般形)の車両で、それに急行色を施したという「なんちゃってリバイバル」ではあるけれど、それでも国鉄急行形としての雰囲気はじゅうぶんに感じられる、いい役者じゃないですか 。゜+.(o´∀`o)カコイイ!゜+.゜。通過時刻と日当り具合の読みもバッチリで、午後遅くの日差しが西へ向かう急行列車をキレイに照らしてくれました。これは大満足の結果です ъ(゚Д゚)グッジョブ。ああ、鈍行列車を乗り継ぎ、はるばる飯山線まで来てホントにヨカッタよ・・・ヨカッタ♪(*⌒∇⌒*)ヨカッタ♪。傍らを通過するキハの乗客へ手を振って見送り、撮影は終了です (´w`*)ドツカレサン。同地にいた他の皆さんは大急ぎで撤収し、クルマで去っていったけれど ブーンε=凸、追っかけをするのかな・・・(間に合うの?)σ(゚・゚*)ンー…。余韻を味わっていて残された私は、ひとり歩いて越後鹿渡の駅へと戻ります ...(((o*・ω・)o。次に乗る列車は、約一時間後。

0029.jpg
次の上り列車は時間的に
先ほどの飯山色(復刻色)が、
折り返して来るのではないかと期待し、
ちょっと気合いを入れてホームの先端で
望遠レンズを構えてみましたが・・・
【◎】]ω・´)
やってきたのは標準色のキハ110ですた。
ズルッ!ミ(ノ;_ _)ノ =3
▲17.9.9 飯山線 越後鹿渡

0030.jpg
到着した列車にそのまま乗り込みます。
ド逆光ですが、たまたまワンマン用のミラーが
ウマい具合にレフ板(光を返す効果)となり、
列車の顔がちょっとだけ明るく写りました(笑)
▲17.9.9 飯山線 越後鹿渡

乗車した長野ゆきの上り列車は越後鹿渡を出ると、しばらく信濃川に沿って走ります (゚∀゚)オッ!。そういえば先日、たまたま視聴したテレビの某バラエティ番組で、「ローカル線の旅、景色がいいのは左右どっちの車窓?」的な企画を見ましたが(マツコさんと有吉さんの番組ね。その時は予土線をバーチャル旅していました)、この飯山線はずっと線路の南側に信濃川が沿っており、私が乗っている上り列車ならば進行方向の左側の車窓がオススメです o(- ̄*o)コッチ。越後鹿渡の乗車時には空いていなかった左側のボックス席ですが、幸いなことに次駅の津南で学生さんが何人か下車し、私はお目当ての席に座ることができました ボックス(σ゚∀゚)σゲッツ!!。車窓に川の流れを眺めながら、のんびりと飯山線の乗り鉄を楽しみます。

0031.jpg
左手の車窓(上り列車)に広がるのは、
日本一の長さを誇る、悠久なる信濃川の流れ。
ちなみに信濃川は新潟県での呼び名で、
長野県に入ると千曲川(ちくまがわ)と名を変えます。
▲17.9.9 飯山線 津南−越後田中(車窓から)

0033.jpg
途中の森宮野原に建てられていた、
この標柱・・・
そう、先出した過去の写真で、
飯山色キハ52の傍らに写っていたのと同じやつです。
これはJR(国鉄)の日本最高積雪地点を記録したもので、
高さは標柱のてっぺんとほぼ同じ7.85m。
隣の軽トラと比べると、その高さはスゴいですよね。
w(゚o゚*)w オオー!!
表記によると昭和20年に記録したものだそうですが、
今でも変わっていないのかな・・・?
(ちなみに、あくまでもJR駅での積雪記録日本一です)。
▲17.9.9 飯山線 森宮野原(車窓から)

0034.jpg
森宮野原からは長野県に入った飯山線。
車窓に映る夕刻の里山は、郷愁を誘う情景です。
(´ー`)シミジミ
▲17.9.9 飯山線 上境−戸狩野沢温泉(車窓から)

0035.jpg
野沢温泉への玄関口である戸狩野沢温泉は、
飯山線の長野県側においての運転上の要衝で、
ここから先(長野~戸狩野沢温泉)は
おおむね一時間に一本の運転本数となります。
ホームで乗客を見送るのは「野沢温泉道祖神」。
(=゚ω゚)ノ ヤア
▲17.9.9 飯山線 戸狩野沢温泉

0036.jpg
ローカル線らしからぬ近代的な駅は、
北陸新幹線との接続駅で、
飯山線の名にもなっている、飯山。
一昨年の北陸新幹線開業後、
私は新幹線で通過したことはありましたが、
飯山線側から同駅を見るのはこれが初めてで、
その変わり様にビックリです。
w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
でも新幹線ができて、飯山は便利になりましたね。
▲17.9.9 飯山線 飯山

県境を越え、途中の森宮野原で長野県へ入った以降も変わらずに、信濃川あらため、千曲川となった川沿いを飯山線の列車は淡々と西へ進みますが ...(((o*・ω・)o、時間が経つにつれて徐々に日は落ち、北陸新幹線と接続する飯山を出た頃にはだいぶ薄暗くなりました ( ̄  ̄*)クライ。

「青春18きっぷ」を使った飯山線の旅、結局のところ撮り鉄的にはたった一カ所の撮影ポイントを訪れることしかできませんでしたが、私としてはそこで撮れた「国鉄急行色DC野沢」号は大きな成果でしたし (^_[◎]oパチリ、合わせて車窓風景のきれいな飯山線の乗り鉄も楽しめたことで、飯山線と言うローカル線の魅力を存分に満喫できました (*⌒∇⌒*)マンゾク♪。何よりもこれが「18きっぷ」一回分+α(ほくほく線と北しなの線の運賃)で味わえるのですから、コストパフォーマンスは高いと言えますよね (´艸`*)オットク~♪(あくまでも鉄ちゃん的にね)。秋の紅葉や雪深い冬、初夏の新緑など、四季折々で様々な表情を見せる、自然豊かな飯山線。今回は運転されていなかった観光列車の「おいこっと」などを撮影しに、またぜひ訪れてみたいと思います (=゚∇゚)ノ マタネ。

0037.jpg
豊野からしなの鉄道・北しなの線に直通し
(北しなの線も「18きっぷ」とは別運賃)、
長野には19時過ぎに終着。
越後鹿渡から二時間半のローカル線旅でした。
(´w`*)ドツカレサン
▲17.9.9 信越本線 長野

越後鹿渡1634-(飯山142D)-長野1909

0038.jpg
長野のしなの鉄道線ホームには、
湘南色に復刻されたしなの鉄道の115系(S3編成)
が停車していました (゚∀゚)オッ!。
これはちょっぴりラッキーな鉄運♪
▲17.9.9 信越本線 長野

さて、飯山線を終点まで乗り通し、長野へと到着した頃にはすっかり日が暮れていました。ここから先もさらに「18きっぷ」の鈍行旅を続けるのか?それとも北陸新幹線で一気に帰京? σ(゚・゚*)ンー…。いや、私の手元にある「18きっぷ」は本日までに使った分を除き、あと一回分(一日分)の余りがあります。そこで今夜はここ長野で宿泊し、有効期限最終日の翌日(9/10)に最後の一回(5回目)を使いたいと思います。明日はどこへ行こうかな~♪ (*´v`*)ワクワク♪

0039.jpg
ようこそ、信州へ!
(´▽`*)アルクマ~♪

0040.jpg
長野と言えば、やっぱりお蕎麦でしょう。
蕎麦前の一杯(実際は三杯)は、
亀齢・純米吟醸ひとごこちのひやおろし
をいただきました。
合わせたのは地野菜のお漬け物と板蕎麦の網焼き。
(゚д゚)ウマー!
そういえばこの日(9/9)は、
敬愛するhanamura師匠のお誕生日でしたね。
旅の空のもとから、お祝いの乾杯☆
カンパーイ♪ (〃゚∇゚)ノC凵☆オメメトー!

 

・・・続きます。





nice!(201)  コメント(50) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 201

コメント 50

yas

おぉ~!!国鉄急行色のキハだぁ!!
って、実は行かれていると思っていました。
アングル探しに苦労されたようですが、いい場所ではないですか~
いかにも気動車が走ってるってシチュエーション。
私は好きですよ~
そして今回も豆知識ありがとうございます。
ほぼ東エリアのことはわからない私なので、すごく勉強になります。
そうそう!車窓検証の左が良いか、右が良いかのコーナー、私も見てました!
山側のあるあるに思わず爆笑してしまいました!
さて続きも気になるところ。楽しみにしております♪
by yas (2017-09-13 00:05) 

hanamura

次回最終回!的な最期の5回目なんですね。私は早々に金券ショップに2回残して、売り払ってしまいました。その後もロマンスカーばっかり乗ってました。定年前の講習やら、住宅購入でバタバタと新幹線「こだま」に乗っています。バテバテ(?)

キハキハ~!「国鉄急行色DC野沢」カッケ~!なぁ。♪ 鉄橋だぁ!鉄橋だぁ!たぁ~のしぃ~なぁ。私は銘板チェックに走りたいのですが、たぶん宇都宮でなくて、新潟ですよね。
おおお!蕎麦前乾杯!お誕生日祝い!「ありがとうございます。」おっと!板蕎麦と漬物というのは、シブイ!滅茶苦茶そそられます。
by hanamura (2017-09-13 05:54) 

FTドルフィン

やっぱりいいですね〜
昭和の色は・・・(なんかオッさん的www
ピーカンも相まって素晴らしいです!
お次は!?

ps
この場で大変失礼しますが・・・
師匠!お誕生日おめでとう〜!!w

by FTドルフィン (2017-09-13 06:35) 

mimimomo

おはようございます^^
お写真が素晴らしいですね。田園風景、わたくしも今回の旅行で写しましたが全く上手く写せませんでした。
ローカル線と言うのは本数が少なく繋いで旅するのは難しいですね~さすがあおたけさん、お上手に乗り継いで行かれる。頭の中は縦横無尽に走る線路で一杯?^^
「急行 野沢」見事捉えられましたね^^ わたくしはその前(186D)のも好きです^^
by mimimomo (2017-09-13 06:55) 

hatumi30331

後でまたコメントします
by hatumi30331 (2017-09-13 08:43) 

JR浜松

あおたけさんの執念を感じますね!
キハ40系急行色が58系に似ているので、かっこいい[るんるん]私も今月末に47形乗りに行きます(^ ^)
by JR浜松 (2017-09-13 08:48) 

ちぃ

晴れた日のお出かけはいいな、空がきれい♪(^o^)♪
今回は新潟&長野の旅なのですね♪
金色に輝く稲、もうすっかり秋の風景ですね。「ほくほく線」ってなんだか楽しいネーミング、でもでも途中まで「わくわく線」と読み違えてましたがっ(笑)鉄橋を渡る復刻色の列車、1両とコンパクトで青い色もとてもかわいい姿ですね(*'▽')
「野沢温泉道祖神」は苗場山の帰りに野沢温泉でみたことがあります♪
お蕎麦も網焼きも美味しそう!旅先でその土地の美味しいものを食べる時って、MAX旅の幸せを感じそう(*^~^*) それにしても記念入場券はとても高いのですね、いーっぱい特典が付いているのでしょうか~??
by ちぃ (2017-09-13 09:42) 

ひでほ

鉄橋の俯瞰、なかなかいいアングルですね。手前でまがっているのがいいです。しかし現場にたどりつくまでがたいへんそうですね。どんなにすばらしい場所でも、へびとかへんなむしがいたら、あたしはNGです。
by ひでほ (2017-09-13 10:58) 

kuwachan

飯山線と言えば野沢温泉にスキーに行った時に乗った覚えがあります。
以前はスキーと言えばバスだったのですが、新幹線ができてからは
新幹線に乗った方が高くても早いので飯山線と新幹線を使う方が多かったです。
秋の気配が漂う田園風景のなか、お天気に恵まれて撮影日和となりましたね(^_-)-☆
by kuwachan (2017-09-13 12:31) 

raomelon

飯山線の開業88周年おめでとうございます\(^o^)/
水色の鉄橋が緑に映えて、素敵な撮影ポイントですね
青と白のご当地カラーの単行列車
厚化粧?(笑)ではなく、可愛いと思います( ^ω^ )
運次第の出会い、ラッキーでしたね♪
クリームと赤のツートンカラーの国鉄色も
風景に溶け込むように素敵な一枚
長旅の疲れも癒される、素晴らしいショットですね^^
本場信州のお蕎麦が美味しそう( *´艸`)
by raomelon (2017-09-13 12:42) 

hatumi30331

山の中を走る紺と白の列車カッコいい!
なんとも言えない可愛さと山の風景にあいまって、スゴく素敵な写真。
この構図を探すの、苦労したんじゃないですか?
青春18きっぷは、お役立ちですね。^^
いつも行動的なあおたけさん!
今回も、行ったような気分をありがとう〜♪^^
by hatumi30331 (2017-09-13 16:16) 

naonao

秋晴れの空で、絶好の撮り鉄日和でしたね。
山間を走る単行列車に、キハ等
風情があって素敵ですね(゜∇^d)!!
青春18きっぷは、お得で便利ですね。
本場信州のお蕎麦板蕎麦の網焼き
美味しそうです( ̄¬ ̄*)じゅる
by naonao (2017-09-13 17:08) 

たじまーる

青と白とのツートンカラーの復刻色(飯山色)
凄い車体カラーですね(゜ロ゜)
見方を変えれば斬新ですね・・・
私はこの配色ですが、実は気に入ってます(((^^;)
飯山色への復刻キハをはじめ
国鉄急行色の野沢号や湘南色の115系に出会えて
今回18切符がとても役立ちましたね(*´∇`*)
by たじまーる (2017-09-13 17:13) 

ピンキィモモ

こんにちは。
ほくほく線、懐かしいです。
「はくたか」で何度も通ったなぁ(止まらないので通るだけ)。
木々の緑には、国鉄色がよく似合いますね。
by ピンキィモモ (2017-09-13 17:23) 

ゆるキャラ

18きっぷギリギリでもしっかり使ってますね(^○^)
今回も素晴らしいロケーションでのDC野沢号
完璧過ぎます!光線状態も最初の試し撮りの
時と比較するともうドンピシャで全て計算通りと
いった感じヽ(^。^)ノ
また本番前に鉄橋の近くまで行き色々な
アングルを模索する攻めの姿勢がまたイイですね~!
でもヘビの死骸とかあると確かにビビリます(^^;
私も経験ありますがマジで一瞬足が竦むんです(汗)
そしてしなの鉄道で115系に遭遇もラッキーですね。
長野駅のアルクマもウインクでお出迎えヽ(^。^)ノ
ああ、東京でなく信州でアルクマに会いたい(笑)

by ゆるキャラ (2017-09-13 19:59) 

しおつ

飯山線はあの色が好きになれなくて一度も撮影に行ってません。
今思えば、好き嫌いせずに撮影しておけば良かったと。
DC野沢号、やっぱりこの色が一番ですね。
by しおつ (2017-09-13 21:38) 

naonao

秋の足音が聞こえてきて
お天気に恵まれて、秋晴れの絶好の
お出掛け&撮影日和で
充実した旅でしたねヾ(。゜▽゜)ノ
青春18きっぷは、大活躍ですね。
信州と言えば、アックマですね~
駅構内で、アックマがお出迎えね♫
by naonao (2017-09-13 21:58) 

skekhtehuacso

飯山線のご当地カラーなんてものがあったなんて知りませんでした。
それにしても、キハ52の似合わないことこの上ない!

夏の青春18きっぷシーズンは終わりましたが、もうすぐ秋の乗り放題パスが発売されますね。
by skekhtehuacso (2017-09-13 22:25) 

ネオ・アッキー

あおたけさんこんばんは。
ほくほく線は、はくたか号で高速通過しかしていないので、ローカル線に乗ってゆっくり旅をするのも良いですね。
国鉄色急行、やはりキハにはこの色が似合うと思います。
by ネオ・アッキー (2017-09-13 23:34) 

schnitzer

キハ58風47+48は遠くから見ると大村線の66+67のようですね。
とても良い感じです。
ほくほく線、飯山線の車窓風景も素晴らしいです。
高校の時、戸狩で合宿したときに乗って以来何十年も乗っておりません。
撮り鉄復活の際には候補に入れたい場所になりました。
by schnitzer (2017-09-14 00:31) 

やなぼー

やはり旧塗装、絵になりますね~(o^^o)
去年は、タラコ&急行色に偶然会ったけど・・・
今年は、鉄運はイマイチだったからな~(>_<)
でも、蕎麦に日本酒か~
そこが一番シビれるかも!?
f^_^;)
by やなぼー (2017-09-14 06:57) 

ひろし

入院中は励ましのコメントありがとうございます。
無事に退院できました。

六日町には仕事の関係でよく行ってましたが、何と言っても魚沼産コシヒカリと八海山ですよね。
米も酒も美味しいところです。

東京から乗り継いでいくと列車もだんだんローカルな感じになっていくところが面白いですね。

by ひろし (2017-09-14 09:11) 

hirometai

あおたけ様
おはようございます。
ほくほく線というのがあるのも知りませんでしたが、穂が垂れた実りの季節の田園を走るのは気持ちも晴れやかになりますね。
早秋の旅、満喫されましたね。(^^♪
by hirometai (2017-09-14 09:23) 

MINERVA

おお、お~、私のルーツ、私の心の故郷である新潟!!
ほくほく線が開業20周年とは.... そうなると、本家へ20年行っていないと言う事か。
私も普通電車で田舎まで行った事がありますが、まあ~時間が掛かった記憶があります。
疲れ果てた姿に、祖父が新幹線代を出してくれたのはいい思い出です。
十日町は仕事で何度か行きましたが、良い所ですね。
次回のレポートも楽しみにしております~!!
by MINERVA (2017-09-14 10:09) 

ken2

うはっ!飯山線 森宮野原の最高積雪は7.85mだったのですね!雪国に住んでいてもこれには驚きです!
家の出入りは2階からしてたのかもしれませんね。
当時、蒸気ラッセル(ロータリー型?)が活躍してたのかな〜と、思いました(^^
by ken2 (2017-09-14 20:47) 

響

ホームでみる車両も良いけどやっぱり遠景が良いです。
信濃川の鉄橋のスポットが素敵です。
良いところを見つけるの流石でございます。
by (2017-09-14 21:54) 

gon

さわやかな秋晴れで、乗り鉄にはサイコーの日和でよかったですね☆
つづきも楽しみにしてます。
by gon (2017-09-15 02:54) 

moz

高知のお仕事お疲れ様でした。うまくいったようで良かったです b^^
それで、撮り鉄と乗り鉄なんですね 笑
でも、仕事のご褒美ではないですが、ご当地カラーのキハ110復刻にも会えたし(ラッキーでしたよね)、国鉄職のものにも ^^v ばっちりでしたよね!!
長野について冷酒と蕎麦と…美味しそうです。うらやましいです 笑
次はどこに行かれたのかな?
by moz (2017-09-15 06:43) 

あおたけ

yasさん>飯山線で特別運行された国鉄キハ、
もう、私の行動パターンが読まれていますね〜(笑)
山あいのローカル線で午後3時過ぎの通過とは、
かなり撮影ポイントが狭められる条件でしたが、
なんとか日の当たる場所で撮る事ができました(^^)
「車窓検証」のコーナー、アレ面白いですよね。
予土線の場合は時おり川が車窓の左右に移動しますが、
今回の飯山線の場合、川はずっと同じ側です。
もし乗る機会がありましたら、南側に座られてください(笑)

hanamuraさん>次回最終回!的な5回目・・・というより、
最終日まで残してしまったって感じです(^^;)
例年なら8月中に使い切っちゃうのに、
今年はちょっとバタバタしていまして・・・。
でも、この「国鉄急行色DC野沢」を撮りに行けたのなら、
ここまで「18きっぷ」を温存(?)していた
価値があったように思います(笑)
(´▽`*)キハキハ〜♪
新潟所属のキハ47と48はたしか新潟鐵工製だったかな・・・。
9並びのお誕生日、おめでとうございます(^^)

by あおたけ (2017-09-15 18:20) 

あおたけ

FTドルフィンさん>やっぱりいいです、昭和の色w
のどかなローカル線には、国鉄色のキハがしっくりときますよね。
二両だと急行にしては短いけれど・・・ww
しばらくスッキリしない天気が続いていましたが、
ようやくの晴天で、気持ちのいい撮影ができました。
でも、今週末は台風の影響で、また雨っぽい・・・(^^;)
9並びは師匠の誕生日!(゚∀゚)アヒャ☆

mimimomoさん>こんばんは(^^)
素晴らしいなんて言っていただけると、素直に嬉しいです♪
でも単に私の場合は、列車や車窓の写真を
撮り慣れているってだけだと思います(笑)
ローカル線、たしかに運行本数が少ないのは
移動手段として考えるとネックですが、
鉄道好きとしてはその列車をウマく使いこなすことにも、
楽しさを感じています(^^)

by あおたけ (2017-09-15 18:31) 

あおたけ

hatumi30331さん>忙しいときの訪問は、ムリの無い範囲で〜(笑)

JR浜松さん>日当りのいい条件で撮れるのはどこか・・・
そこを求めて綿密に計画を立てるあたりは、
たしかに執念に近いものがあるかもしれませんね(笑)
キハ40系列の急行色、高運転台なので、
キハ58に比べるとちょっと面長な印象を受けますが、
意外と似合っていて悪くないですよね(^^)
今月末に乗りに行くキハ47・・・どこでしょう?
キハ47は東日本だけでなく、西日本や四国、九州など、
広範囲で今も数多くの仲間が活躍していますよね☆
by あおたけ (2017-09-15 18:39) 

あおたけ

ちぃさん>やっぱりお出かけするならば、
スッキリとした晴天の日が気持ちいいですよね〜♪
今回訪れた新潟と長野の列車旅、
山の木々はまだ夏の名残りを感じる深い緑でしたが、
田園の稲穂は黄金色に染まり、すっかり秋の装いでした。
「ほくほく線」は「温かくてイメージで親しみやすい」って
沿線住民の意見で、線名に決まったのだそうです(^^)
野沢温泉道祖神は、野沢温泉の守り神なのですね☆
木彫りの道祖神は珍しいって思いました。
信州のお蕎麦、ちぃさんは食べられないけれど、
蕎麦好きのかめぴーさんが見たら、羨ましがられちゃうかなー(^^)
記念入場券のお値段がこんなに高いのは、
飯山線の全31駅分がセットになっているからだそうです。。。

ひでほさん>ありがとうございます(^^)
俯瞰ポイント、土手の木が成長しすぎて、
鉄橋や川が隠れているのはちょっと残念ですが、
鉄橋からカーブへの流れは壮大でいい情景でした♪
この撮影場所はそれほど到達するのに大変な場所ではなく、
足場もしっかりしていますが、
土手のまわりは薮が鬱蒼としていて、
ヘビなども生息していそうです。。。(^^;)

by あおたけ (2017-09-15 18:50) 

あおたけ

kuwachanさん>野沢温泉と言えば、
飯山線沿線で随一(唯一?)の観光地で、
スキーや温泉を楽しみに多くの方が訪れますよね(^^)
とくに近年は長野から先の飯山まで新幹線で行けるようになり、
野沢温泉までの利便性が向上したことで、
飯山線の利用者も増えているそうです。
気持ちのいい晴天に恵まれた飯山線の旅、
田園の稲穂は黄金色に染まり、すっかり秋の装いでした(^^)

raomelonさん>祝・開業88周年!
鉄道の世界でも、やっぱり米寿はおめでたいです(^^)
深い山の緑に包まれた鉄橋、そこを渡りゆく列車の姿は、
とても画になるステキな情景でした♪
厚化粧の例え・・・失礼しました(^^;)
青と白のご当地カラー、これは川の流れをイメージしたものだそうで、
明るくていい色合いですよね☆
でもやっぱり国鉄型好きの私としては、
むかし懐かしい国鉄色が撮れたことが嬉しかったです(^^)
本場の信州蕎麦、打ち立てをいただけて美味しかったです♪

by あおたけ (2017-09-15 18:59) 

やまびこ3

こんにちは。
飯山線を走るキハ58!をほうふつさせるキハ47の姿。飯山線はどこを切り取っても絵になりますねえ。次の機会があることを信じて、待ちたいと思います。長野のそば、うまそうです。
by やまびこ3 (2017-09-15 19:03) 

あおたけ

hatumi30331さん>ありがとうございます(^^)
山あいの深い緑に映える青と白の小さな列車、
たった一両で健気に走っているのがカワイイですよね♪
この構図は場所を探すというよりも、
日の当たり具合を調べるのにちょっと苦労しましたが、
狙いどおりに列車を撮ることができて良かったです(^^)
青春18きっぷは格安で列車に乗れるので重宝しています。
記事を通して少しでも旅気分を味わっていただけたなら
嬉しいです☆

naonaoさん>ありがとうございます☆
しばらくどんよりとした曇り空の日が続いていましたが、
この日は久しぶりにスッキリとした晴天に恵まれて、
気持ちのいい撮り鉄ができました♪
お目当ての列車が好条件で撮れて良かったです(^^)
本場の信州蕎麦、お蕎麦ももちろん美味しかったですが、
板蕎麦の網焼きもお酒のオツマミにちょうどよかったです☆
by あおたけ (2017-09-15 19:22) 

あおたけ

たじまーるさん>青と白の飯山色、
現行のキハ110には意外と似合っているように思いますが、
当時の国鉄キハに塗られたときは、とてもインパクトがありました。
それも今から30年も前の話になるんですね・・・。
列車や路線にはそれぞれにいろいろな歴史があるものです。
お目当ての国鉄急行色、これを撮りに行くのに、
青春18きっぷはとても役に立ちました(^^)

ピンキィモモさん>こんばんは(^^)
かつては北陸と首都圏を結ぶルートだったほくほく線、
私も特急「はくたか」で何度も通過しました。
今は北陸新幹線が開業して便利になったけれど、
ほくほく線がもたらした功績は決して小さくないですよね。
自然豊かな飯山線を走る復刻の急行列車、
木々の深い緑に伝統の国鉄色が鮮やかに映えました♪
by あおたけ (2017-09-15 19:32) 

あおたけ

ゆるキャラさん>私にとっては
18きっぷに消化試合など無い!? (゚∀゚)アヒャ☆
最後までしっかりと使い倒します(笑)
今回の「DC野沢号」、山あいのローカル線で15時過ぎの通過とは、
かなり撮影ポイントの選定に迷いましたが、
ウマい具合に読みが当たり、バリ順で撮れたのは嬉しかったです♪
鉄橋近くでのアングル探し、ヘビの死骸にはマジでビビりました。
足がすくんで、冷や汗が出ますよね〜 ヒィィィ(i|!゜Д゚i|!)ィィィィ。
でも薮へ突入する前に、死骸を見つけていて、
よかった・・・かも(^^;)
しなの鉄道115系、たしかに湘南色との遭遇は嬉しかったですが
私がホントに見たいのはこの色じゃなかったりして・・・(笑)
ウインクでお出迎えしてくれたアルクマ、
もうすっかり信州の顔ですね☆

しおつさん>JR化の直後に乱発した各地のご当地色、
国鉄色を知っている者にとっては、
ちょっと違和感を覚えて、撮影が萎えましたよね・・・
私も毛嫌いして撮り漏れているご当地色がたくさんあります。
この飯山色はたまたま乗車記録として撮ったものでした。
それにしても今になってこのようなマイナーな色が復刻されるなんて、
なんだか不思議な流れですね〜。
そういえば新潟では、ついに第1次新潟色の115系が復刻されるとか!?

by あおたけ (2017-09-15 19:39) 

あおたけ

naonaoさん&ミチヤくん>ありがとうございます(^^)
車窓から眺めた田園風景は、稲穂が黄金色に染まっていて、
もうすっかり秋の風景でした♪
普通列車しか使えない「青春18きっぷ」ですが、
のんびりと旅をするにはちょうどいいアイテムです(^^)
信州と言えば・・・アックマ!? ψ(`∇´)ψウケケ
アックマじゃなくて、「アルクマ」よ☆(笑)

skekhtehuacsoさん>JR化の直後には、
国鉄のイメージから脱却するために、
各地でご当地カラーが乱発。
古いキハ52もいろいろな色に塗られましたが、
なかでもこの飯山色は、
たしかに似合っているとは言いがたかったですね(笑)
秋の乗り放題パス・・・三日連続の使用に限るってところが
個人的にはちょっと使いづらいんですよね。。。
by あおたけ (2017-09-15 19:48) 

あおたけ

ネオ・アッキーさん>こんばんは(^^)
ほくほく線と言えばやっぱり、
北陸新幹線開業前の特急「はくたか」のイメージが強いですよね。
私も同線を通った大半が「はくたか」での通過でした。
今ではもうほくほく線に「はくたか」は走っていませんが、
高速運転に対応した高規格の線路はそのままで、
普通列車のHK100形がローカル線とは思えぬような
軽快な走りを見せています(^^)
飯山線で復刻した懐かしの急行列車、
やっぱり国鉄型キハにはこの色がしっくりときますね♪

schnitzerさん>急行色に塗られたキハ47+48、
まさにおっしゃるとおり、キハ58というよりは、
大村線のキハ66+67っぽい雰囲気ですよね(^^)
急行色のキハ66も大村線へ撮りにいきたいです。
飯山線、高校生の頃に戸狩で合宿された際に、
乗られたことがおありなのですね。
当時と比べると、いまは飯山まで
北陸新幹線で行けるようになったので、
飯山線も利用しやすくなったと思います(^^)
by あおたけ (2017-09-15 20:06) 

あおたけ

やなぼーさん>自然豊かなローカル線には、
やっぱり昔ながらの国鉄色がしっくりときますよね♪
飯山線の米寿を記念して運行された国鉄キハ、
考えてみたら赤い急行色の列車は、
お祝いの赤いちゃんちゃんこを
イメージしたものなのかもしれない!?(笑)
そういえば昨年は羽越線で国鉄色コンビと遭遇していましたね!
撮影のあとの信州蕎麦と日本酒、
とくに蕎麦前の一杯(?)がたまりません(*^^*)

ひろしさん>無事に退院、おめでとうございます(^^)
無理をせずに、じっくりと治されてくださいね。
日本有数の米どころとして知られる、魚沼の六日町、
ゴハンもお酒も本当に美味しいですよね。
でも今回は新潟で食事する機会は無く、
信州でお蕎麦を味わいました(^^)
東京から乗り継いで行く鈍行旅・・・
でも最近は水上からのE129系など、
地方にも新型車両が直接投入されるようになり、
以前ほどはローカル色への変化が
感じられなくなってしまいました。。。

by あおたけ (2017-09-15 20:17) 

あおたけ

hirometaiさん>こんにちは(^^)
ほくほく線は新潟の魚沼地区から
日本海側のほうへ伸びるローカル線で、
「温かいイメージで親しみやすい」という沿線住民の意見で、
この線名に決まったそうです(^^)
米どころの新潟を走る路線なので、
この時期の黄金色に染まった稲穂は見ごたえがありました♪
秋晴れにも恵まれて旅を大満喫です(^^)

MINERVAさん>本家は新潟におありなのですね。
ほくほく線の開業から20周年、
同線にとっては北陸新幹線に振り回されたような、
20年間だったように感じます。
でも、特急「はくたか」は無くなってしまいましたが、
今や地域の重要な足として欠かせない存在の
路線になっていると思います。
はるばる普通列車で新潟の田舎を訪ねて、
帰りにはお爺様から新幹線代を出していただいた・・・
思い出に残るいいエピソードですね~(^^)

by あおたけ (2017-09-16 16:03) 

あおたけ

ken2さん>7.85mというJR日本最高積雪地点、
これは北海道にお住いのken2さんでも驚きなんですね!
たしか降雪量は北海道や東北の方が多いのですが、
新潟の雪は湿っているので、積雪量が多くなりやすいって、
聞いたことがあります。
たしかに飯山線沿線の家々は積雪に対応し、
二階にも扉の付いた、高床式になっている家が
多かったように思います(^^)

響さん>ありがとうございます(^^)
のどかな風景のなかに佇む地方の駅は、
駅舎などがフォトじゃニックなところも多いですが、
やはり列車自体は走っているところの方が、
景色と相まっていい感じになるように思います♪
今回訪れた飯山線のポイントは信濃川の鉄橋のみならず、
カーブした線形がなかなか壮大で、
とてもいい情景でした☆
by あおたけ (2017-09-16 16:10) 

あおたけ

gonさん>ありがとうございます(^^)/
しばらくスッキリとしない天気が続いていましたが、
この日は久しぶりに一日を通しての晴天に恵まれて、
気持ちよく撮り鉄を楽しむことができました♪
こういう日は打ち上げで飲むお酒の味も格別です☆

mozさん>ありがとうございます(^^)
天候不順に加え、ちょっとお仕事が慌ただしかった今夏でしたが、
ようやく撮り鉄と乗り鉄を楽しむことができました(笑)
たしかにたまたま出会うことができたご当地カラーは、
お仕事を頑張ったご褒美だったのかもしれませんね☆
お目当ての国鉄色急行も日当たりの良い好条件で撮れて、
大満足の結果となりました(^^)
長野で味わった、本場の信州そばと限定のひやおろし、
とても美味しかったです♪
by あおたけ (2017-09-16 16:21) 

あおたけ

やまびこ3さん>こんばんは(^^)
飯山線で特別運行された国鉄急行色のDC、
秋晴れの晴天にも恵まれて、いい撮影日和でした♪
おっしゃるとお信濃川や千曲川沿いを行く飯山線は、
とても景色のきれいな路線ですが、
今回は運転時間帯が遅かったので、
日の当たる撮影ポイントを見極めるのに、
ちょっと苦労させられました。
by あおたけ (2017-09-16 16:25) 

hatumi30331

雨風強くなってきましたよ。
by hatumi30331 (2017-09-16 16:51) 

U3

懐かしい〜
最後に「あるくま」君がいたぁ!!!
by U3 (2017-09-16 18:12) 

gardenwalker

こんにちは
飯山線の復刻版が走ってるんですねー
初めて知りました
JRになって魅力の薄いカラーに
次々と変わっていく中
あのカラーリングけっこう好きでした
確か小海線もあの色だったような・・・?
しなの鉄道の復刻カラー
私も実は物色中です(笑)
by gardenwalker (2017-09-16 18:37) 

TakiHaru

飯山線色なつかしいですね。
私もどこかで見れたらと思います。
この辺りは第三セクター鉄道ばかりになって
青春18きっぷが使いにくくなりました。
それぞれの鉄道線でも使えるようになって欲しいです。
by TakiHaru (2017-09-18 23:19) 

あおたけ

hatumi30331さん>週末はせっかくの三連休でしたが、
台風直撃でしたね。。。
昨日と今日は台風一過の晴天になりました(^^)

U3さん>懐かしい?急行形のことでしょうか??
やはり自然豊かなローカル線の情景には、
昔ながらの国鉄型ディーゼルカーがよく合います(^^)
長野のゆるキャラ「アルクマ」、カワイイですよね♪
by あおたけ (2017-09-19 19:16) 

あおたけ

gardenwalkerさん>こんばんは(^^)
飯山色を復活したキハ110、
今年の春頃から二両が塗り変わっています。
ただし運用が公表されておらず、
飯山線は運行範囲も広いので、
出会えるかどうかは運次第ってところです(笑)
たまたま急行色の前にやってきてくれたので、
ラッキーでした♪
そうそう、この色は小海線でも走っていましたよね。
実は小海線で撮ったキハ58のカットもあったのですが、
今回は飯山線に絞って、割愛させていただきました。。。

TakiHaruさん>お、さすがに地元がお近いので、
かつての飯山色のキハをご存知なのですね(^^)
当時は国鉄型に塗るには派手だなぁ・・・
なんて思ったものでしたが、
現行のキハ110には案外似合っているように思います☆
そう、北信や上越のあたりは、
北陸新幹線の開業で三セク化されてしまい、
「18きっぱー」にとっては使いにくくなってしまいました。。。
とても魅力のある地域ですので、
どうにか便利なきっぷができることを願っています。
by あおたけ (2017-09-19 19:25)