So-net無料ブログ作成

緊急企画(後編)・・・「ガンスタ」あつめました! [鉄道グッズ]

0000.jpg
緊急企画(後編)
ガンスタ」あつめました!
 

JR東日本の首都圏の駅で開催されているスタンプラリーイベント、「JR東日本 機動戦士ガンダムスタンプラリー行きまーす!」(以降は勝手に「ガンスタ」と略す)。
これはそのまま読んで字のごとく、かつて一世を風靡した国民的人気アニメ「機動戦士ガンダム」のキャラクター(登場人物やモビルスーツと呼ばれる搭乗型兵器など)がオリジナルのスタンプとなり、JR東日本(一部、東京モノレール)の首都圏を中心とした全65駅へ散りばめるように設置。それを専用のスタンプ帳に捺しながら巡ってゆき、指定された期間内にコンプリート(全種類制覇)と、それによってもらえる景品を目指すという、ガンダムのファンには堪らないイベントです (*゚∀゚)=3ハァハァ!。
かく言う私も「ガンダム」(ファーストガンダム、一年戦争)が放映されたころにテレビでみていたストライク世代で、ふだんの通勤で使っている駅に設置してあった「ガンスタ」がちょっと気になり、何となく最初のひとつ(主人公のアムロくん)を捺してみたところ 凸ヾ(゚ー゚*)ポン★、そのままこのラリーにどっぷりとハマってしまいました (゚∀゚)アヒャ☆。

1000.JPG
「JR東日本 機動戦士ガンダムスタンプラリー行きまーす!」
の専用スタンプ帳。
実施期間中(~2/27まで)に、
スタンプの設置駅で無料配布されています。

先日に拙ブログでご紹介した第一弾(前編)では、中央線や総武線、山手線のおもに東側、常磐線の一部などを所用のついで(?)に巡り アセアセヾ(≧∇≦;)〃三ヾ(;≧∇≦)〃アセアセ、全65駅中の37駅を捺印 凸ヾ(゚∀゚*)ポン★。なかなか順調ないいペースです。すでに半分を超えて残りは28駅となり、これは全駅達成のコンプリートも余裕のヨッちゃんイカか? くコ:彡 イカ?
・・・と思われるところですが、実は残されたなかには、東京モノレールの羽田空港、千葉県の松戸や南流山、さらには茨城県の取手など、ちょっと厄介なところに位置する駅があり、実質は前半に捺し終えた37駅よりも、後半に残った28駅を巡るほうが大変そう σ(゚・゚*)ンー…。とくに、JRの路線ではない東京モノレール、そして都区外の千葉や茨城の路線は、前半でラリーを巡るのに活用した「都区内パス(東京都区内のJR線に限って、一日じゅう乗り降り自由のフリーきっぷ)」の圏外となり、そこへ向かう運賃(乗車券代)が最大のネックとなります (-"-;*)ウゥム…。

1043.jpg
前回の第一弾終了時点での途中経過。
グレーがすでに捺し終えた駅(37/65)で、
色が付いているところが残された駅(28/65)。
南側(地図の下)の羽田空港と
東側(地図の右)の常磐線エリアが難敵で、
これをどう効率よく回るか・・・σ(゚・゚*)ンー…。

そんななか、私は拙ブログの前記事でご紹介した189系M50編成「あずさ色」のラストランを撮影するために 、山梨県大月市にある中央本線の猿橋駅まで足を伸ばしました (^_[◎]oパチリ。その際に使用した乗車券が「都区内パス」よりもずっと有効範囲が広く、関東近郊のJR線とその他の一部路線が一日じゅう乗り降り自由となるフリーきっぷ、土休日限定販売の「休日おでかけパス」 (*´ω`)つ[キップ]
実はウチの最寄駅から猿橋までの普通乗車券は片道1,140円、往復でも2,280円で、これだと2,670円の「おでかけパス」ではモトが取れないのですが σ(゚・゚*)ンー…、この関東近郊が有効範囲の「おでかけパス」は、「ガンスタ」でネックとなっていた千葉や茨城の設置駅、そしてなんと東京モノレールの全線までもが使用可能な範囲に含まれており、これはラリーを巡るのに絶好の最強アイテムではありませんか (゚∀゚*)オオッ!!。猿橋でM50編成が撮れ、さらには羽田や取手へスタンプを捺しにも行ける・・・これで2,670円ならば、じゅうぶんなコストパフォーマンスでしょう ъ(゚Д゚)グッジョブ。ちなみに「ガンスタ」を鉄道利用で全駅制覇するには、実はこの「おでかけパス」を使って一日のみで回りきるのが、もっとも安く上がる方法だと言われています ( ̄。 ̄)ヘー。

0001.jpg
今回の私が「ガンスタ」巡りに使うのは、
関東近郊のJR線、りんかい線、
そして東京モノレールが一日乗り降り自由となる、
休日おでかけパス(¥2,670)」
東は茨城の下館、西は神奈川の小田原や山梨の大月、
南は千葉の上総亀山、北は栃木の足利と、
その有効範囲は広く、
今回のラリーだけでなくいろいろなお出かけに
活用できるフリーきっぷです。

鉄ちゃんの私がこの「おでかけパス」を手にすれば、もう鬼に金棒・・・いや、ガンダムにビームライフル ズキューン!( o_<)r┬ ━━━━━━…=⊃。必ずしや全駅制覇のコンプリートを達成することができるでありましょう (*`・ω・´)-3フンス!。

そして、189系M50編成のラストランが行なわれた、1月20日の土曜日。午前中に猿橋でM50編成を見送ったあと、中央線と山手線を乗り継いで私が向かったのは、山手線の目白駅 ...(((o*・ω・)o。前回巡ったときにポツンとひと駅だけの越してしまったこの場所から、「ガンスタ」を再開します。猿橋からの移動ですでに時刻は午後1時近くですが、はたして今日中に残りの全28駅を回りきれるかな? σ(゚・゚*)ンー…。
とりあえず・・・「あおたけ、いきまーす!」Ξ(*゚▽゚)ノ イキマース!

(今回も各欄には僭越ながら、キャラや名ゼリフに対する私のイメージなども軽く添えさせていただいています。ツッコミどころが多々あるかと思いますが、スルーの方向で(笑))


1/20(土)

0010.jpg
38駅目・山手線 目白・「グラブロ」
「このグラブロに対して、
迂闊に海中に入ったのがお前のミスだよ!」
グラブロの登場回はカイとミハルのハナシが印象的で、
個人的にグラブロの影が薄いんですよね・・・σ(゚・゚*)ンー…。
たしかガンダムの足をもぎったことが
逆にアダとなったんでしたっけ。
迂闊に目白だけをポツンと残したのは、私のミス?

0011.jpg
39駅目・山手線 大塚・「ビグロ」
「ビグロの使い方、見せてやるぜ!」
グラブロの次はビグロか・・・
偶然にモビルアーマーが続いちゃいますた。
ビグロはその高速性能でガンダムを振り回して、
アムロが失神しちゃったんだよね。

0013.jpg
40駅目・山手線 巣鴨・「シャア専用ザク」
「当たらなければ どうということはない!」
シャアザク、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
これはシャアの名言のひとつですね。
シャアザクがガンダムの腹を蹴り上げたシーン、
インパクトがあったなぁ・・・。
ええい、連邦のモビルスーツはバケモノか!

0014.jpg
41駅目・山手線 駒込・「ガンペリー」
「カタパルトの脇にレバーがあるんだろ?」
ミ、ミハルが・・・いなくなっちまった・・・(ノд-。)

0015.jpg
42駅目・埼京線 十条・「セイラ」
「それでも男ですか、軟弱者!」
ア、アルテイシア様に違いない・・・
し、しかしなぜ十条に!?
「アルテイシアと知って、なぜスタンプ帳を開くか!」
これで残るスタンプは、あと23駅・・・。
「あなたならできるわ」。

0016.jpg
43駅目・埼京線 板橋・「ジム」
「ビ、ビームが・・・バケモノだぁ!!」
ジムにまつわるセリフって、何だ?
・・・と思ったら、
これはたしかビグザムをビームで撃っても効かずに
ジムのパイロットが発した言葉でしたっけ?

0017_1.jpg
目白をはじめ、中途ハンパに6駅を残していた、山手線北部・埼京線エリア。まずは目白を潰したあとに山手線の外回り電車(池袋・上野方面ゆき)へ乗り、そのまま進んで山手線の3駅(大塚・巣鴨・駒込)を捺印 凸ヾ(゚∀゚*)ポン★。そしてすでに捺してある田端、王子、赤羽のルートを辿って埼京線へ入り、同線の上り(池袋・新宿方面)に乗って2駅(十条・板橋)を捺印 凸ヾ(゚∀゚*)ポン★。ラリーマップの北部をクリアすることができました (゚∀゚)オッ!。これで43/65。板橋を捺したあとは埼京線に乗って南下し、新宿まで戻ります。

0017.jpg
44駅目・山手線 原宿・「ムサイ」
「キャメル、スワメル、
2艦で木馬を仕留める!!」
ムサイって、たしかシャア専用で
艦橋が顔っぽい(?)形のバージョンがあった覚えが・・・
(うろ覚え)。
キャメル、スワメル・・・
あと、クワメルとかいませんでしたっけ?
(うろ覚え)。

0018.jpg
45駅目・山手線 渋谷・「ザクレロ」
「こんなモビルアーマーの出来損ないなんぞ、
あと一撃で・・・!」
般若のようなお顔がインパクトのあるザクレロ。
爆発する前に何故かくるっと振り返った、
最期のシーンが深く印象に残っています。

0019.jpg
46駅目・山手線 恵比寿・「マチルダ」
「ステキな恋人、探してね」
ちゅ、中尉、恥のかきついでであります、
のちほどスタンプを、お、捺させていただきたく・・・
(゚◇゚;)ゞ

「ええいいわ。今すぐならね。」
いやっほ~~~い!
o(≧∇≦*)ノ

0020.jpg
47駅目・山手線 目黒・「オスカ」
「通常の3倍のスピードで接近します!」
個人的にセリフが相方のマーカーとごっちゃになるのですが、
「3倍のスピードで・・・」と言ったのは、
メガネくんのほうでしたか。

0021.jpg
48駅目・山手線 五反田・「ギレン」
「立てよ!国民よ!!」
う~ん・・・ギレン総帥はこの言葉ですか。
まあ、さすがにあの名ゼリフ
「あえて言おう!カ〇であると!」
は、駅に堂々と掲げられないですよね・・・
(^^;)ゞポリポリ

0022.jpg
49駅目・山手線 大崎・「ギャロップ」
「ブ、ブリッジ・・・脱出を!」
スタンプのデザインがハモンさんではなく、
ギャロップってところがシブいね。
「ふっ、ホント、好きだったよ・・・坊や」

新宿で埼京線から山手線の内回り(渋谷・品川方面ゆき)に乗り換えて南下し、総武線のときに捺した代々木を除く6駅(原宿・渋谷・恵比寿・目黒・五反田・大崎)を順々に回収 凸ヾ(゚∀゚*)ポン★。山手線は運行本数が多いので移動の効率はいいけれど、個人的にはこのあたりでの乗り降りがいちばん疲れたように感じました ε-(´o`;A フゥ…。これで49/65。
0023_1.jpg
そして大崎まで来たら、次はいよいよ"アノお方"が待つ、品川へ (゚∀゚*)オオッ!!・・・と行きたいところですが、ちょっと待った ( ̄△ ̄;)エ?。ここからは私も鉄ちゃんの端くれとして、少しだけルートを凝ってみたいと思います。
というのも、今の私がいる大崎は品川方面へ向かう山手線のほかに、お台場(東京テレポート・国際展示場)や新木場方面へ伸びる東京臨海高速鉄道・りんかい線も発着 σ(゚ー゚*)リソカイセソ…。そのりんかい線に大崎から乗ると、東京モノレールのスタンプ設置駅のひとつである、天王洲アイルまでショートカットができるのです (・o・*)ホホゥ。しかも、りんかい線はJRでない東京都の第三セクター路線ですが、私の持つ「おでかけパス」ではその全線が乗り降り自由。追加運賃ナシで乗れるなら、これを利用しない手はありません (o ̄∇ ̄o)ラキー♪。
決して引っ張っているわけでなく、あくまでも効率を優先したルート選びにより、私は「赤い彗星」を後回しにして、大崎からりんかい線へ乗車しました。
「スタンプラリーとは、つねに二手三手先を読んで行うものだ (´ー`)フッ」(笑)

0023.jpg
50駅目・東京モノレール 天王洲アイル・「リュウ」
「ホワイトベースがやられちまえば、
病気だケガだって言えるかよ・・・!」
コ、コアファイターが・・・だ、誰が乗っていたんだ!?
ああ、リュウさん・・・ヽ(´д`;)アア…
偶然ですが、ギャロップのハモン(大崎)から
特攻前のリュウというこの流れ、
もうね、「哀戦士」のテーマソングが
私の脳内でヘビロテですよ・・・。

0024.jpg
51駅目・東京モノレール 羽田空港第1ビル・「ガウ」
「ジオン公国に・・・栄光あれ!!」
スタンプの設置駅が空港だから飛行機のガウ?
縁起でもないことだけれど、
決してガルマの乗ったガウのような末路を辿らぬよう、
常に安全な航行を願っています。

天王洲アイルでりんかい線から東京モノレールに乗り換えて、モノレールの線内にある2駅(天王洲アイル・羽田空港)を捺印 凸ヾ(゚∀゚*)ポン★。ちなみに冒頭で先述したとおり、東京モノレールも「おでかけパス」で巡ることができます。わずか二駅ですが、モノレールエリアをクリアできたのは気分的に大きい ε-(´∇`*)ホッ。これで51/65、お!50駅に達したぞ!
0025_1.jpg
そして羽田空港からはモノレールの折り返しで、山手線の浜松町に戻る・・・のではなく、ここからは羽田空港に乗り入れるもうひとつの別路線、京浜急行(京急)を利用したいと思います (゚ー゚*)ケーキュー。この京急空港線に羽田空港から京急蒲田まで乗れば、まだスタンプを捺していない京浜東北線の蒲田に出ることができるのです(京急蒲田とJRの蒲田の間は徒歩で10分程度の距離)(・o・*)ホホゥ。私鉄の京急は「おでかけパス」では乗れない路線なので、別に運賃がかかりますが(羽田空港〜京急蒲田・340円)、このルートは時間的に効率がいいし、鉄ちゃんとしては京急の電車に乗れることで、ちょっとした気分転換にもなります (・∀・)イイネ!。

0025.jpg
52駅目・京浜東北線 蒲田・「旧ザク」
「素人め、間合いが遠いわ!」
ガデム大尉が乗った丸腰の旧ザク、
シブいなぁ・・・(´ω`*)シブイ
間合いは遠いけれど、
空港から蒲田は案外近かったよ。

0026.jpg
53駅目・京浜東北線 大森・「ララァ」
「あなたが来るのが、遅すぎたのよ・・・!」
65駅中の53駅目か・・・
スミマセン、
たしかに来るのがちょっと遅かったかも(笑)。
ララァの名ゼリフで個人的に好きなのは、
「白いほうが勝つわ」。
ちなみに私はいつもJリーグ中継を見ながら
黄色いほうが勝つわ」と呟くのに、
その結果は・・・(´д`;)アウ…。

0027.jpg
54駅目・京浜東北線 大井町・「ドム」
「モビルスーツに
ジェット・ストリーム・アタックをかけるぞ!!」
あ、しまった、このセリフのパロディ、
前回に捺した「黒い三連星」の東十条で使っちゃったよ・・・。
ドムは連邦軍から言われていた、
「スカート付き」っていう通称(?)が好きです。

0028.jpg
55駅目・山手線 品川・「シャア」
「認めたくないものだな・・・
自分自身の若さゆえの過ちと言うものを」
お待たせしました、「赤い彗星」ことシャア大佐。
。゜+.(o´∀`o)カコイイ!゜+.゜。
彼の数ある名ゼリフのなかで選ばれたのは、
いちばん最初の第1話で呟いたこの言葉でした。
ちょっと緊張しつつ、赤いスタンプをポン。
凸ヾ(゚∀゚;)ポン★

「私のスタンプを目の前にして硬くなるのはわかるが、
せめて礼ぐらいは言ってほしいものだな (´ー`)フッ」
あ、ありがとうございますた!Σ(゚◇゚;)

0029.jpg
56駅目・山手線 田町・「ゲルググ」
「ああ、火が・・・か、母さん!!」
これはア・バオア・クーでの学徒動員兵の叫びですね・・・。
ちなみにこのスタンプを捺したあとに乗った山手線は、
新しくて乗り心地のよいE235系でした。
はい、ここで一言・・・「さすが、新型」。

0030.jpg
57駅目・山手線 浜松町・「ズゴック」
「俺にはゴッグよりは
こいつのほうが性に合っている感じだなぁ」
ズゴックはやっぱり、ミハルのシーンが印象的・・・
「カイ!向こうから来てくれたよぅ!!」

0031.jpg
58駅目・山手線 新橋・「ハロ」
「アムロ、ノウハレベル、オチテル・・・
アムロ、レベル・・・」
作品の中でマスコット的な存在のハロ。
その名ゼリフ(?)は、やっぱりコレでしたね。
(´▽`*)ハロゲンキ♪
スタンプラリーも58駅目、
もう私の脳波もレベルが落ちてきています・・・。
でも、全駅を制覇したら、パイとシャンパンで
「カンペー(乾杯)、カンペー」?

0032.jpg
59駅目・山手線 有楽町・「ミライ」
「なぜ・・・
ご自分で探してはくださらなかったの?」
有楽町の中央口を出たら見当たらなかった
ミライさんのスタンプ台。
キョロ(゚.゚*)三(*゚.゚)キョロ
ご自分で探してみたら・・・銀座口にありますた。
このスタンプラリーは本気なんだよっ!
わかるぅ? (`・ω・)

蒲田から北上して京浜東北線の3駅(蒲田・大森・大井町)と、山手線の5駅(品川・田町・浜松町・新橋・有楽町)を順々に捺印 凸ヾ(゚∀゚*)ポン★。登場人物で一番人気と言われるシャア大佐も、ようやく捺すことができました 。゜+.(o´∀`o)カコイイ!゜+.゜。今日のスタート時点でごっそりと残っていたラリーマップの南側(下半分)をクリアし、これで59/65。
0033_1.jpg
そして残すは、都区外の常磐線エリアにある6駅だけとなりました (゚∀゚*)オオッ!!。有楽町の隣駅である東京駅から、上野東京ラインを経由する常磐線の快速電車に乗り込み、千葉、茨城方面へ向かいます。ようやく全駅達成が見えてきた・・・(*゚v゚*)ドキドキ。

0033.jpg
60駅目・常磐線 松戸・「ゾック」
「見つけたぞ、ジャブローの入口だ」
ゾック、見かけ倒しでなきゃいいがな・・・
って言われていたけれど、
戦闘ではあまり活躍しませんでしたね。

0034.jpg
61駅目・常磐線 新松戸・「ドズル」
「戦いは数だよ、兄貴!」
ドズル、とてもガルマと兄弟とは思えない
強面だよなぁ・・・(´∀`;)コワ。
「行け、南流山へ!ミネバとともに!」
・・・いや、一人で行きます。
...(((o*・ω・)o

0035.jpg
62駅目・武蔵野線 南流山・「カイ」
「ほんと・・・軟弱者かもね」
武蔵野線に一駅だけスタンプが設置された南流山、
どこか偏屈な性格のカイさんのイメージに
合っているような気がします(笑)。
カイさんも名ゼリフが多いけれど、
個人的に好きなシーンはア・バオア・クーの出撃前、
「逆立ちしたって人間は神様にゃなれないからな」。

0036.jpg
63駅目・常磐線 取手・「ジョブジョン」
「僕が代わらなければリュウさんだって・・・
リュウさんだって死なないで・・・」
このラリーでいちばんの難所といわれる、
茨城の取手で待っていたのは、
決してメジャーとは言えないキャラのジョブさん。
「取手にスタンプを置いたのは特命だって!
・・・違うのかい?」

0037.jpg
64駅目・常磐線 我孫子・「ブライト」
「殴られもせずに一人前になったやつが
どこにいるものか!!」
中野のアムロから始まった私のスタンプラリー、
64駅目のここにきて、ブライトさんの登場です。
(゚∀゚*)オオッ!
このセリフにはガンダムファンならば誰もが知る、
対の名ゼリフがありますよね。
「二度もぶった!
親父にもぶたれたことないのに!!」

常磐線エリアで残していたのは、松戸から取手の間と、途中の新松戸で乗り換えが必要な武蔵野線の南流山 ε=┌(;゚д゚)┘ノリカエ!。
はじめは一気に端っこの取手まで行っちゃってから、都内へ戻る形で捺し進もうかと考えていたのですが σ(゚・゚*)ンー…、乗った常磐線の快速電車はちょうど夕方の帰宅時間帯で混雑しており、東京から50分の取手までずっと立っているのは、ちょっとシンドイ (´д`;)アウ…。それならばと私は約半分の乗車時間で済む松戸で降りてスタンプを捺し 凸ヾ(゚∀゚*)ポン★、そこから新松戸、南流山、取手、我孫子という、ちょっと変則的な順(マップを参照)で5駅をまわりました 凸ヾ(゚∀゚*)ポン★。これで・・・ついに64/65!w(*゚o゚*)wオオー!
0038_1.jpg
ちなみに、なぜこんな変則的な順で進んだのかと言えば、たまたま電車の接続がこの流れでウマくいったこと(南流山を往復して新松戸に戻ったら、たまたま運行本数の少ない常磐緩行線の取手ゆきに当たり、しかも空いていた (o ̄∇ ̄o)ラキー♪)、そしてもうひとつの理由として、ここまで来たのならば最後のスタンプを捺す駅に、個人的なこだわりを持ちたかったから σ(゚・゚*)ンー…。
その最後のひと駅とは・・・私が少年時代に友達とガンダムをみたり、ガンプラを作り合ったりした、想い出の街。我がふるさと、柏です (=゚ω゚)ノ タライマ!。

0038.jpg
各キャラのスタンプで埋まった
私のスタンプ帳。
最後に残された空欄は、常磐線の柏駅。

0039.jpg
65駅目・常磐線 柏・「ビグザム」
「やらせはせん!やらせはせん!やらせはせんぞ!!」
最後の一駅でこのセリフ(爆)
やらせはせん・・・と言われても、
最後のスタンプを捺させていただきます。
悲しいけどこれ、スタンプラリーなのよね。

ぶっちゃけ、あまりビグザムに思い入れなどないけれど、最後のスタンプをこれまで以上に丁寧に捺し 凸ヾ(゚∀゚*)ポン★、これにて「JR東日本 機動戦士ガンダムスタンプラリー行きまーす!」の全65駅を制覇、無事にコンプリート達成です!ヽ(´▽`)ノワ~イ♪
すべてのスタンプが捺してあるスタンプ帳を、感慨深く眺めながらペラペラとめくってゆくと、最後のページにはこの言葉が・・・(=゚ω゚=*)ンン!?

0040.jpg
「まだだ!スタンプを集めただけだ!」
このセリフパロディ、なかなか凝っています(笑)

そう、全駅のスタンプを制覇するとその景品として、特設カウンターにて特別バージョンの「ガンプラ(ガンダムのプラモデル)」がいただけるのです (゚∀゚*)オオッ!!。今回の私が「ガンスタ」に参戦した目的は景品目当てと言うより、スタンプラリー自体を楽しむことにあったのですが、それでもせっかく貰えるものなら、貰いに行きましょうか(笑)
(たぶん自分では組み立てない(組み立てられない)と思うけど)。


1/21(日)

0042.jpg
0043.jpg
EXTRA・秋葉原・ゴールカウンター・「ホワイトベース」
「まだ僕には帰れる所があるんだ。
こんなに嬉しいことはない。」
ゴールカウンターのおねーさんが捺してくれる
全駅制覇のスタンプは、
木馬・・・いや、「ホワイトベース」でした。

0045.jpg
そして全駅制覇賞の景品である、
オリジナルガンプラ、
「RX-78-2ガンダム JR東日本E235系Ver.」
をちゃんといただけました。
カラーリングのモデルとなったE235系と
いっしょに記念撮影 (^_[◎]oパチリ。
ああ、こんなに嬉しいことはない・・・(゚ノ∀`゚)。

二週に分けて臨んだ「JR東日本 機動戦士ガンダムスタンプラリー行きまーす!」。65駅を巡るくらい、楽勝!・・・と思いきや、乗って降りて構内を歩いてスタンプを捺す、このサイクルは想像以上に大変な作業 アセアセヾ(≧∇≦;)〃三ヾ(;≧∇≦)〃アセアセ。それでも、首都圏を走るたくさんの電車に乗って各駅を訪れて、そこで出迎えてくれた各キャラクターの名ゼリフを懐かしんだ。鉄ちゃんであり、ガンダム好きの私としては、とても楽しめたイベントでした (*⌒∇⌒*)ヨカッタ♪。そしてすべての駅のスタンプをコンプリートした瞬間は、鉄道全線の完乗を果たしたときにも劣らないくらいの達成感があったように思います(ちょっとおおげさかな?(笑))。

0044.jpg
ちなみに
スターターとして好きなスタンプが捺せる
7駅達成コースのページでは、
すべて連邦軍の兵器(?)で揃えてみました。
ハロはご愛嬌(笑)
凸ヾ(゚∀゚*)ポン★


ガンダムスタンプラリーの実施期間は2月27日まで。チャレンジされているガンダム好きの同士の方にエールを送り、この記事が少しでも参考になればと思います(ならないか・・・^^;)。

勝利の栄光を君に!  キリッ!( ̄ ^ ̄)ゞ



共通テーマ:趣味・カルチャー