So-net無料ブログ作成

GWの鉄旅04・・・新緑の長良川鉄道 撮影記 [鉄道写真撮影記]

0000.jpg
2018.04.29~05.01 GWの鉄旅 その4
長良川鉄道
新緑の季節の越美南線 撮影
 

前回からの続きです。
(はじめにおことわり・・・スミマセン、あいかわらず今回も長ったらしい記事となっていますので、お時間のあるときにゆっくりとお読みいただくか、本文をすっ飛ばして写真とキャプションで大体の流れを掴んでいただけたらと思いますm(_ _)m。もしくは写真を見ていただくだけでも嬉しいです♪)

とくに予定のなかった今年のゴールデンウィーク(GW)。
ほとんど無計画の行き当たりばったり的な鉄道放浪旅は フラフラ~((((~´ー`)~、新潟県の魚沼で臨時列車(115系の「上越線春のハイキング号」)を撮ったのち (^_[◎]oパチリ、日本海沿いの路線を西下して富山県の高岡へ (゚ー゚*)タカオカ。ここで宿泊した翌日は、高岡を起点に南へ向かう城端線(じょうはなせん)と北へ向かう氷見線(ひみせん)、二つの非電化ローカル線で国鉄型ディーゼルカー(キハ40系列)の乗車と撮影を楽しみました (´▽`*)キハキハ~♪。

氷見でお昼ゴハンを食べて、高岡に戻ってきた時点での時刻は13時過ぎ (=゚ω゚)ノ タライマ。このあとさらにどこかへ行くのか、それとももう東京に帰るのか? σ(゚・゚*)ンー…。いずれにせよ、その前にちょっと整理しなくてはならないことがあります。それは乗車券、つまりきっぷ (*・∀・)つ[キップ]。
お伝えしてきたように、行き当たりばったりの今旅 フラフラ~((((~´ー`)~、何も決まっていなかったスタート時点で私が手にしていたのは、東京都区内から上越線の越後川口まで、片道の普通乗車券でした。これは最初の目的だった臨時列車を越後川口の界隈(北堀之内)で撮ろうと考えたから (^_[◎]oパチリ。その後は行く方向が定まるたび、車内清算(越後川口~直江津)や駅の改札で清算(直江津~高岡)をし、そして城端線と氷見線も普通乗車券で巡っていました(高岡~越中山田、城端~高岡(~雨晴、駅にて清算)、雨晴~氷見)...(((o*・ω・)o[キップ]
しかし、近距離きっぷ(途中下車不可)を使用する距離の短い城端線や氷見線ならまだしも、最終的に東京を目指すことになるこの先を考えると、さすがにその都度きっぷを買っていては効率が悪いし、運賃だって高上がりになっちゃいます (゚ペ)ウーン…。いくら行き当たりばったりの旅とは言え、そろそろ東京までの帰るルート(経路)を確定させるべきか (*-`ω´-)ウム。

そこで私は、行き止まりの終着駅である氷見から戻る際に、駅の窓口で復路となる東京までの片道乗車券(氷見~東京都区内)を購入しました (*・∀・)つ[トーキョ]。その指定したルートとはいかに? σ(゚・゚*)ンー…。
まずは高岡からあいの風とやま鉄道(あい鉄)の下り列車に乗って、富山へと移動します。

0001.jpg
あい鉄に乗って富山へ。
現在の富山駅は高架化工事のまっただ中です。
(*`=´)┏━>∝∝∝∝ チュィィィィィン…
あい鉄の下り線(黒部、泊方面)はまだ
北陸本線の時代と変わらぬ、
見慣れた地平にホームがありますが、
次に私が富山を訪れる際には、
高架に移設されていることでしょう。
▲18.4.30 あいの風とやま鉄道 富山

0002.jpg
いっぽうこちらは
ひと足早く高架上に移設された
あい鉄の上り線(高岡、石動方面)と
JR高山本線ホーム。
入線してきたのは高山線の猪谷ゆき普通列車で、
顔が緑色のキハ120形です。
(´▽`*)キハキハ~♪
▲18.4.30 あいの風とやま鉄道 富山

富山から東京へのルートにはいくつかあり、一般的には北陸新幹線を使うのがいちばん速くて便利。わずか二時間半くらいで着いちゃいます バビューン!!-=≡Σ(((⊃゚∀゚)つ。でも、せっかく途中下車ができる長距離きっぷ(JRの普通乗車券は片道100キロを越えると、途中下車が可能になります。ただし大都市近郊区間は除く)を購入したのに、新幹線でバビューンとダイレクトに帰ってしまうのはちょっともったいない σ(・∀・`)ウーン…。
もう少し鉄旅を楽しみたいと考えた私がルートに選んだのは、富山から飛騨古川や高山を経て、中京圏の岐阜までを結ぶ、高山本線(本来の起点は岐阜)(・o・*)ホホゥ。全線にわたって単線非電化ながら225.8キロもの距離があり、車窓からは山あいを流れる神通川(宮川)や飛騨川が望める、乗り鉄にとって魅力的な路線です (゚∀゚*)オオッ!!。同線には特急列車の「ひだ」も走っていますが、個人的にこの路線の車窓は普通列車で各駅に停まりながらのんびりと楽しみたいところ (´ー`)マターリ(決して特急券ケチったワケじゃないですよw)。しかし、その普通列車は・・・( ̄△ ̄;)エッ…。

0003.jpg
富山の市街地を抜けてしばらく進むと、
列車が鉄橋で渡るのは神通川。
このあたりは川幅が広い。
▲18.4.30 高山本線 東八尾-笹津(車窓から)

0004.jpg
富山から乗ってきた列車(左)の終点・猪谷では、
さらに先へ進む美濃太田ゆき(右)に乗り換えます。
ε=┌(;゚д゚)┘ノリカエ!
一見すると東海道線などで使われている
313系電車のようにも見えますが、
実はこの車両は313系を車体のベースにした、
気動車(ディーゼルカー)のキハ25形。
(=゚ω゚=*)キハキハ!?
▲18.4.30 高山本線 猪谷

高山線は富山と岐阜の県境付近にある猪谷(いのたに)を境にして、JR西日本からJR東海へ管轄が変わります (・o・*)ホホゥ。運行される普通列車の車両もそれぞれで異なり、富山から乗ってきたキハ120形(JR西)はボックスシート(セミクロス仕様)でしたが ボックス(σ゚∀゚)σゲッツ!!、猪谷で乗り継いだ美濃太田(みのおおた)ゆきのキハ25形(JR海)は、なんとロングシートじゃありませんか Σ(゚□゚*)ナニーッ!!。せっかくきれいな車窓風景が望める路線なのに、正直これはちょっとガッカリです (゚ー゚;)マジカ…。この新型のキハ25が導入されてから私は初めて高山線を訪れましたが、以前はボックスシートを備えたキハ40系列だったのになぁ・・・σ(・ω・`)ウーン…。
ただ、高山線の普通列車はすべてがこのロングシートの車両となってしまったわけではなく、途中ですれ違った(交換した)列車は転換クロスシートのキハ75や、私が乗っているのと同じキハ25ながら転換クロス仕様のものもあり ( ̄△ ̄;)ア…、むしろ見た限りだとロングは少数派です。これはたまたま私の鉄運(巡り会わせ)が悪かったということか・・・(・ε・`)チェ(クロスとロングで運用が分けられているのかどうかは知らんけど)。やっぱり、特急「ひだ」に乗ればよかったかな?

0006.jpg
高山線に沿って流れるのは
岐阜県に入ってその河川名を変えた、
神通川改め、宮川。
(゚∀゚*)オオッ!
自然豊かできれいな車窓風景ですが、
列車はロングシートでつ・・・。
(-ω-;*)チェ
これじゃ飲み鉄する気も起きないよ。
▲18.4.30 高山本線 打保-坂上(車窓から)

0007_1.jpg
・・・ま、空いているんで飲んじゃうけどさ。
ヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ
黒部峡谷のトロッコがデザインされた、
地ビールの「宇奈月ビール(アルト)」。
おつまみは「とろろ巻き昆布」です。

0007.jpg
穏やかな流れで川が水鏡のようになる沿線名所、
焼石のあたりの車窓も腰を捻って眺めます。
(ω・`)彡クルッ
▲18.4.30 高山本線 焼石-飛騨金山(車窓から)

ロングシートに座り、腰を捻って眺める背後の美しい車窓風景 (ω・`)彡クルッ。そんな高山線でも、どこかで途中下車して列車の撮影をするのかというと、写真では明るく見えてもすでに夕暮れで薄暗く、撮影をするには時間がもう遅い ( ̄  ̄;)クライ。ならば、高山あたりで泊まり、あらためて翌日に高山線の撮影へ臨もうかとも考えたのですが σ(゚・゚*)ンー…、例のごとくスマホのアプリで宿泊検索をしてみたところ、やはり連休中は観光地で人気の高山に手頃な価格の宿は空いていない状況です (´д`;)アウ…。
でもその代わり(?)、私がこの日の宿泊地に決めたのは、いま乗っている列車が行き先に掲げている美濃太田 (゚ー゚*)ミノオータ。GWの賑わいをあまり受けなさそうな(失礼)この街には、格安・・・いや、ちょうど手頃なお宿(ビジネスホテル)が空いていました (゚∀゚)オッ!。

0008.jpg
美濃太田に着いたのは
日がとっぷりと暮れた19時過ぎ。
さすがに4時間のロングシート移動は
ちょっとツラかったけれど、
久しぶりに高山線の車窓風景を楽しめました。
(*⌒∇⌒*)ヨカッタ♪
▲18.4.30 高山本線 美濃太田

高岡1341-(あい鉄443M)-富山1359~1405-(高山858D)-猪谷1504~1508-(1830D~1722D)-美濃太田1910

猪谷からず~っとロングシートの列車に揺られて4時間、列車は終点の美濃太田に到着 (・ω・)トーチャコ。
ちなみに、いつもならここで地元の名物をつまみながら一杯やるところですが、美濃太田(美濃加茂)の名物と言われるようなものがとくに思い浮かばず(スミマセン)、駅近くで開いていた飲食店も限られていたので、テキトーな居酒屋さんに入りました(なので打ち上げの写真は割愛します(笑))。

 

5月1日(火)

0009.jpg
岐阜県美濃加茂市の中心駅である美濃太田。
駅名の由来にもなっている旧・太田町(太田村)はその昔、
中山道の木曽川沿いの宿場町(太田宿)として栄た地で、
美濃太田の駅舎には観光案内所が併設されています。
▲18.5.1 高山本線 美濃太田

美濃太田で迎えた旅の三日目 (*´O)ゞ.。oOフワァ~ア…。
起き抜けにテレビで見た今日の岐阜の天気予報は「晴れ」で、部屋のカーテンを開けると眩しい朝日が差し込みます (つ▽≦*)マブシッ!。
ではさっそく高山線を撮りに・・・と行きたいところですが ( ̄△ ̄;)エ?、昨晩にホテルへ入って撮影の計画を練っていたところ、いったん通ってきた高山線をふたたび景色の良いあたり(焼石など)まで戻るのが、何となく効率が悪いように思えて気分が乗らなくなってしまい (゚ペ)ウーン、それだったら今いる美濃太田という場所を活かして、ほかの別路線を訪れたほうがいいかな・・・と、撮影計画を考え直すことにしました σ(゚・゚*)ンー…。このあたりもホントに行き当たりばったりです(笑)

美濃太田を発着するのは全部で三路線。前日に私が乗ってきたJR高山本線と、当駅と中央本線の多治見の間を結ぶJR太多線(たいたせん)、そしてもう一線が当駅を起点とする第三セクター路線の長良川鉄道・越美南線(ながらがわてつどう・えつみなんせん)です。今回の私があらためて選んだのは、この長良川鉄道 (゚∀゚*)オオッ!。

0010.jpg
JRとは別に改札が設けられている、
長良川鉄道ののりば。
ホームは構内の北側に位置します。
▲18.5.1 長良川鉄道 美濃太田

0011.jpg
ホームに下りると停まっていたのは、
エンジ色をした単行のディーゼルカー、
長良川鉄道のナガラ300形(右)。
σ(゚ー゚*)ナガラ…
ちなみに左はJR太多線のキハ75形です。
(ちぇ、転換クロス、いいなぁ・・・w (・ε・`)チェ)
▲18.5.1 長良川鉄道 美濃太田

立派な自動改札が備えられたJRの改札に対して、別入口の長良川鉄道はホーム上に券売機があるだけの簡素なもの。改札はなく、車内できっぷの回収や料金の精算を行なうワンマン方式(バスのようなもの)の列車です (゚ー゚*)ワソマソ。ちなみに長良川鉄道には全線が乗り降り自由となる一日乗車券(1日フリーきっぷ ¥2,700)を通年で発売しているのですが、美濃太田での販売時間は9時10分からとなっており、朝6時半の初発列車に乗りたい私は買うことができませんでした (・ε・`)ザンネン。よって、普通乗車券を買います。

0012.jpg
おや?このナガラ300形の305号、
前後でカラーリングが違いますね。
こちらは広告ラッピング?
(゚ー゚?)オヨ?
▲18.5.1 長良川鉄道 美濃太田

0013.jpg
ナガラ300形の車内は
ボックスシートが並ぶセミクロス構造。
やっぱり鉄道旅はボックスに座れると
旅情が増す気がします。
(´▽`*)ワ~イ♪

下り初発列車の北濃(ほくのう)ゆきとしてホームに待機していたのは、同鉄道でいちばん在籍数が多いナガラ300形(ナガラ3形)で (゚ー゚*)ナガラ、赤茶っぽいエンジ色が同形の標準色です・・・が、発車前にホーム上から外観をざっと眺めてみると、この305号は後方(美濃太田寄り)がエンジ色なのに、前方(北濃寄り)はクリームと緑の「ク〇ネコヤマト」ラッピングじゃありませんか (=゚ω゚=*)ンン!?。前日に見た城端線の列車も、タラコ色とハットリくんラッピングの組み合わせだったけれど、あれはそれぞれ車両単位(一両づつ)で色分けされたもの。しかしこの305号は一両で、車体の半分にだけ広告ラッピングが施されている、ちょっと変わった形態となっています w( ̄▽ ̄;)wワオッ!。前後で顔が異なるイメージは、まるでジキルとハイド?(車両側面の全景は後出します)。
こうすると広告費が半分で済むのかな・・・?σ(゚・゚*)ンー… なんて、私は単純に思ったのですが、あとから調べてみるとこれは、宅配便を長良川鉄道の旅客列車に乗せて運ぶ「貨客混載」用の車両で、関市の関と郡上市の美並苅安の間(約23キロ)で輸送が実施されているらしい。言わば現代版の「荷物列車」と言ったところか ( ̄。 ̄)ヘー。これにより地域の宅配便利用者には安定した集配が行なわれ、宅配便業者はドライバーの移動時間が削減できて働く環境の改善が見込まれ、そして長良川鉄道にとっては車両内の空きスペースで宅配便を輸送することで新たな収入源を確保することができるのだそうです (・o・*)ホホゥ。なるほど、半室(というか片隅)に荷物を載せる貨客混載なので、半分だけク〇ネコのラッピングなのですね (=^・ェ・^=)ニャルホド。

そんなちょっとしたネコ列車・・・もとい、ネタ列車は、定刻の6時26分に美濃太田を発車 (/*´∀`)o レッツラゴー♪。

0014.jpg
美濃太田を出ると、
長良川鉄道の列車は高山線と分かれて、
北のほうへ進路を取ります。
▲18.5.1 長良川鉄道 美濃太田-前平公園(車窓から)

長良川鉄道・越美南線は、美濃太田から北濃までを結ぶ、72.1キロの非電化ローカル線。
その沿線には、全国屈指の刃物の生産地として知られる関(せき)や、江戸時代の商人の町で「うだつの上がる町並み」が見られる美濃市(みのし)、郡上八幡城の城下町として発展した郡上八幡(ぐじょうはちまん)、霊峰・白山の信仰で栄えた美濃白鳥(みのしろとり)など、中規模の街や観光地が適度に点在し、地元の方々の移動手段としてだけでなく、観光目的の利用者も多く見られます ( ̄。 ̄)ヘー。とくに夏の風物詩の伝統行事「郡上おどり」や「白鳥おどり」の時期には、大変な賑わいとなるのだとか マツリダ♪ヘ(゚ω゚ヘ)(ノ ゚ω゚)ノマツリダ♪。

0015.jpg
途中にある関は
駅に本社や車両基地が隣接する、
長良川鉄道の中枢。
この関で上り列車と交換します。
▲18.5.1 長良川鉄道 関(前方の車窓から)

もともと同線は国鉄時代に、福井県と岐阜県を結ぶ越美線(両県の旧国名の越前と美濃に名を由来する)として計画され (・o・*)ホホゥ、福井県側の越美北線(越前花堂~九頭竜湖)と岐阜県側の越美南線(美濃太田~北濃)がそれぞれ暫定的に開業したものの、国鉄の赤字によって両線は結ばれることなく建設が中止 (´д`;)アウ。福井の越美北線はJR西日本に承継され、岐阜の越美南線は県や沿線自治体などが出資する第三セクター路線の長良川鉄道として再出発し、現在にいたっています ( ̄。 ̄)ヘー。
そのような経緯があることから、初めて私がこの長良川鉄道を訪れた際(30年近く前)には、福井から越美北線に乗って、終点の九頭竜湖で美濃白鳥ゆきの路線バスに乗り継ぎ(途中の白馬洞で乗り換えたんだったかな?)、北濃から美濃太田へ向かって越美南線を乗り潰したものでした (´ω`*)ナツカシス。でも今では北線と南線を結んでいたバスが利用者不足で廃止されちゃったんですよね・・・(・ω・`)ザンネン。
そして乗り潰したあとにも一度、廃止が迫る名鉄の美濃町線(2005年廃止)の記録をしに関を訪れたついでに、観光目的で郡上八幡まで長良川鉄道で足を伸ばしており、私にとって今回はそのとき以来となる三度目の乗車です (*´∀`)ノ゙オヒサ。

0016.jpg
美濃市を出ると沿線風景は次第に
自然豊かなものとなってきます。
木々の新緑が眩しい。
(´▽`*)サワヤカ♪
▲18.5.1 長良川鉄道 梅山-湯の洞温泉口
(前方の車窓から)

0017.jpg
湯の洞温泉口には、
ホームの脇に立派な藤棚があり、
今がちょうど見ごろの藤の花を
車窓から眺めることができました。
(´▽`*)キレイ♪
▲18.5.1 長良川鉄道 湯の洞温泉口(車窓から)

そんな長良川鉄道は社名が表すとおり、清流として名高い長良川に沿って走り、川の流れを列車の車窓から眺められるのが最大の魅力 (゚∀゚*)オオッ!。今日は運転日ではありませんが、週末等には特別仕様の車両を使った観光列車の「ながら」も運行されています ( ̄。 ̄)ヘー。
私の乗った普通列車は美濃太田を発車後、関、美濃市と、しばらくは平地に住宅と田畑が混在する、ごくありふれた風景のなかをノコノコと走ってきましたが ...(((o*・ω・)o、美濃市を過ぎたあたりで長良川が線路へと近づいてきて、車窓からその流れが望めるようになりました (゚∀゚)オッ!。

0019.jpg
透き通る清らかな流れの長良川を
鉄橋でひと跨ぎ。
川面に列車の影が落ちています。
▲18.5.1 長良川鉄道 湯の洞温泉口-洲原
(車窓から)

0021.jpg
トラス橋の第3長良川橋梁を渡るシーンは、
運転席脇の前方から眺めると
なかなか迫力があります。
w(*゚o゚*)wオオー!
▲18.5.1 長良川鉄道 美並苅安-赤池(前方の車窓から)

0022.jpg
上流へ進むにつれて、
さらに透明度を増した気がする長良川。
このあたりで沿線から撮影をしたいところです。
(・∀・)イイネ
▲18.5.1 長良川鉄道 深戸-相生(車窓から)

ディーゼルカーのボックスシートに身を委ね、のんびりと眺める新緑の季節の長良川。前日に訪れた氷見線のダイナミックな海景色も素晴らしかったけれど、それとはまた違った趣が感じられて気分が癒される優しい田舎風景です。久しぶりに乗りましたが、あらためていいローカル線だなぁ・・・+。:.(´ω`)シミジミ.:。+゚。
そんな川沿いをゆく長良川鉄道を車窓だけで楽しむのではなく、やはり撮り鉄としては沿線から列車が走る姿を撮りたい (・∀・)イイネ。城端線や氷見線の国鉄型キハのように貴重な車両が走っているわけではないけれど、この景色だけでじゅうぶんいい画になるでしょう (*´v`*)ワクワク♪。
私は事前に(というか昨夜のホテルで)調べてきた長良川鉄道のいくつかの撮影ポイントのなかから、列車利用の徒歩鉄でも比較的アクセスしやすいところを選び、下車したのは相生(あいおい)(・ω・)トーチャコ。

0023.jpg
美濃太田から一時間ちょっと。
私が降りたのは郡上八幡の手前にある相生。
(゚ー゚*)アィオィ
兵庫に同名の駅があるけれど、
こちらの相生に新幹線は停まりません(笑)
▲18.5.1 長良川鉄道 相生

0024.jpg
大きな木の下に佇む、
相生の小さな駅舎。
素朴ながらちょっといい雰囲気です。
▲18.5.1 長良川鉄道 相生

美濃太田0626-(長良川1001)-相生0747

里山に囲まれた集落の一角にある小駅の相生。ここで降りたのは私ひとりで、乗ってきた列車がディーゼルエンジンを震わせて走り去ると、耳に入るのは長良川のせせらぎと野鳥のさえずりくらい。なんともまったりとした空気が流れています (´ー`)マターリ・・・が、駅を出ると撮影ポイントへ向かって、またしても一目散に走り出した私 エ?( ̄△ ̄;)マタマタ!?。
もうね、コントの三段落ちみたいな展開ですが、なぜ急いでいるのかといえば ε=┌(;゚д゚)┘イソゲ!、ここ相生は主要駅のひとつである郡上八幡の手前隣に位置する駅で、いま私がここまで乗ってきた下り列車(1001レ)と郡上八幡で交換する上り列車(1006レ)が、なんとわずか10分後にこの相生へやってくるのです Σ(゚□゚*)ナニーッ!!。幸い、目指す撮影ポイントは駅から近いものの、ふつうに歩いて10分ほど。時間はまさにギリギリだし、私にとって初めて行く場所ですから何があるか分からず、決して余裕とは言えません (゚ペ)ウーン…。しかもこの区間(美濃市以北)の長良川鉄道は運転本数が少なく、万が一撮り逃すと次は二時間近くも列車は来ないので、なんとしても間に合わせたいところ ε=ε=ε=┌(;;´□`)┘ ヒイィィィィィ…。
のどかな集落の小道をひた走る私の姿は、山菜ドロボーと間違われかねない不審なものだと思われますが (;¬д¬)アヤシイ…、、頑張った甲斐あって、なんとか列車が通過する前に撮影ポイントへ辿り着くことができました ε-(´o`;A フゥ…。

0025.jpg
駅から歩いて・・・いや、
走ってやってきたのはこんなところ。
線路沿いの道路から、
長良川鉄道と長良川が望めます。
(゚∀゚)オッ!

その場所は線路と並行する一段高い道路上から、長良川鉄道の線路とその向こうを流れる長良川が見下ろせる、いい感じの撮影ポイント (゚∀゚*)オオッ!!。とても駅の近くとは思えない自然豊かな風景が広がっており、徒歩10分程度で着けるのは徒歩鉄にとって嬉しい環境です ε-(´∇`*)ホッ。
さっそく線路に向かってカメラを構えると、定時運行の上り列車はすぐにカーブの奥から姿を見せました ε-(°ω°*)キタッ!。

0026.jpg
山あいを縫うように流れる長良川、
その渓流に沿ったカーブを
長良川鉄道の列車が走り行きます。
▲18.5.1 長良川鉄道 郡上八幡-相生

川バックで長良川鉄道が撮れたがや~!ヽ(´▽`)ノワ~イ♪
山の緑と川の透明感が印象的な美しき清流風景に、しっくりと収まったローカル線の単行ディーゼルカー。これぞ長良川鉄道の名にふさわしく、沿線の自然が豊かな同線らしい鉄道情景ではありませんか ☆:・゚.*(´▽`*)スバラシィ*:☆。快晴のお天気にも恵まれて、気持ちのいいショットです (^_[◎]oパチリ。
やってきた車両は、先ほど乗ってきたナガラ300形の増備改良型(車体長が若干長い)といえるナガラ500形(503号)で、車体色もエンジではなく白地に青とオレンジのラインが入れられています (・o・*)ホホゥ。実はこの車体色は長良川鉄道が国鉄から越美南線を引き継いだときに導入された初代のオリジナル形式、ナガラ1形(現在はすでに全車引退)の塗り分けを踏襲したものとなっており(復刻色ではなく現行色のひとつ)、初めて同線を訪れたときに乗った車両がナガラ1形だった私にとって、長良川鉄道というとエンジ色よりもこちらの色の印象が強い (´ω`)シミジミ。とくに狙ってなく、たまたま“ながら”、このタイミングでこの色の車両が来てくれたのは、個人的に嬉しい結果となりました (o ̄∇ ̄o)ラキー♪。

でも、列車が通過してから落ち着いてみると、撮った写真は列車も川もフレームにウマく収まり、決して悪くはないのですが、せっかく新緑が爽やかなシーズンにここを訪れたのならば、もう少し背景の山々を入れるべきだったかな・・・との思いも、今さらながらに沸いてきます σ(゚・゚*)ンー…。
やはり、撮影地に着いて二分後に列車が通過するのでは、アングルを冷静に考える余裕などありませんでした アセアセヾ(*д*ヾ三ノ*д*)ノアセアセ。
そこで、いったん時系列から外れるのですが、今の503号車が下り列車(5レ)としてふたたび相生へ戻ってきたものを、もう一度同じ場所から狙ってみました (*`・ω・´)-3フンス!。

0027.jpg
初夏の里山が織りなす緑の縞模様、
そのたもとを清流とともに走るローカル線。
▲18.5.1 長良川鉄道 郡上八幡-相生(後追い)

タテ位置にして、今度は背景に山を広く入れたアングルで撮った下り列車の後追い【◎】]ω・)パチッ!。
山を彩る緑の濃淡が印象的で、まるで抹茶パウダーをふりかけたシフォンケーキのような面白さがあるし、稜線まで入れたことで画に奥行きも出たように思います (・∀・)イイネ。ただ、ここでいちばん表現したかった川の存在感は、初めのヨコ位置のほうが強かったかも・・・σ(゚・゚*)ンー…。
結果的にはタテヨコどちらのカットも一長一短と言ったところで、あらためて写真の難しさと面白さを感じましたが、景色の良い好撮影地でちょっとイメージの異なる二枚が残せたことに満足です (*`д´)=b OK牧場!。

さて、時は最初の一枚を撮り終えたところに戻ります。
もう何本かこのあたりで列車を撮って行こうと思いますが σ(゚・゚*)ンー…、先述したようにこの区間の長良川鉄道は運転本数が少なく、しかも基本的に郡上八幡で上下の列車が交換するダイヤが組まれているので、この場所(相生付近)での待ち時間は偏っており(つまり、長い待ち時間のあと、下りに続いて上りが短時間ですぐにやってくる)、次の列車は上下どちらも約二時間後 ( ̄  ̄;)ニジカン…。
その間に周辺で別の撮影ポイントを探したいところですが、それにしてもオナカが空きました (´q`lll)ハラヘタ。というのも、泊まったホテルは朝食なしの素泊まりで(そもそも出発が朝早くて食べられない)、しかも何か食料を買おうと美濃太田の駅周辺を探してみたけれど、コンビニなどが一軒も見当たらなかったのです(スマホで検索したらいちばん近くて駅から800メートル、往復すると1.6キロ・・・)(´д`;)アウ…。
そんな朝食抜きでひもじい思いをしていた私の目に飛び込んできたもの (›´ω`‹ )ヒモジイ…、それはJAの脇にある一軒の瀟洒な純喫茶じゃありませんか (゚∀゚*)オオッ!!。相生のような小さな集落に商店や飲食店など無いだろうと私は勝手に思いこんでいただけに、これは嬉しいサプライズです (≧∇≦)キャー!。
さっそく入ってみると、店内は明らかにJAへ用事があると思われる方々で賑わっており (*・ω・)ノ゙チワ♪、今はモーニングサービスタイムだと言うので、私もそれをオーダーしました。

0028.jpg
相生の喫茶店でありつくことができた朝食。
モーニングサービスはトーストとゆで卵、
コーヒーというシンプルなものですが、
じゅうぶんにありがたい。
(゚д゚)ウマー!

カメラバックを持っていた私の姿を見て、話し好きそうな店のママさんが「郡上へ観光に行かれるの?」と旅の目的のようなものを訊いてきたので ヽ(゚ω゚)グジョー?、列車の写真を撮っていると言った旨の返答をすると ヽ( ̄▽ ̄*)トリテツ、「この先の橋を渡った国道から見える電車の鉄橋は、たまに写真を撮ったり、絵を描いたりする人を見かけるよ」ヽ(゚∀゚*)ミルヨ と、なんとも思いがけぬところで貴重な撮影地の情報を仕入れることができました (=゚ω゚=*)マジ!?。それほどメジャーな路線ではない長良川鉄道において、たまにでも写真を撮っている人を見かけると言うことは、意外といい撮影ポイントなのかもしれません (・o・*)ホホゥ。
テンションの上がった私は、思わずトーストを口にくわえたまま店を飛び出し ε=┌(;゚д゚)┘イクゼ!・・・なんて、マンガのベタな一コマのようなことはせず、ゆっくりとコーヒーまで味わったのち、ためしにその教えられたあたりへ行ってみました ...(((o*・ω・)o。
するとそこは・・・(*゚ロ゚)ハッ!!

0029.jpg
喫茶店のママさんから教わって、
やってきた撮影ポイントはこんな場所。
(「゚ー゚)ドレドレ
川の向こうに見えるのが長良川鉄道の鉄橋です。

歩いてきた国道の歩道から、対岸にスッキリ長良川鉄道のガーダー橋(鉄橋)が望め、手前には長良川を入れることができる、なかなかいい撮影ポイントではありませんか (゚∀゚)オッ!。しかも今の時間帯は陽当たり良好 (゚∀゚*)オオッ!!。ここは有名な撮影ポイントなのか、そうでないのかわかりませんが σ(゚・゚*)ンー…(撮っている人を見かけるって言っていたので、たぶん有名な場所なのでしょうね)、少なくとも私が事前に調べてきた検索にはヒットせず、ママさんからの情報が大きな収穫となりました (o ̄∇ ̄o)ラキー♪。次の列車はこの場所で撮ることに決定です m9(`・ω・´)ケテイ!。
喫茶店に寄って少し時間を潰せたこともあり、適度な待ち時間で下り列車(1003レ)の通過時刻を迎えました。

0030.jpg
鉄橋を渡る長良川鉄道の手前に広がるのは、
澄み切った蒼き清流。
その透明度の高さには感動を覚えます。
▲18.5.1 長良川鉄道 深戸-相生

バスク〇ンの川で列車が撮れました~!ヽ(´▽`*)ノ ワ~イ♪
川底まで透けて見える、清らかな長良川の流れ。透明なのに青さを感じるその神秘的な色は、私の表現力が拙くて恥ずかしい限りなのですが、まるで川にクールバス〇リンでも入れたかのよう(私なりの褒め言葉です)(´∀`;)バスクリソ…。その透明度の高さに惹かれた私は、川面を大きく入れたアングルでカメラを構えてみました (^_[◎]oパチリ。
そしてその向こうに架かる支流の鉄橋を渡りゆくのは、山の緑に映えるエンジ色のナガラ300形。ここではこのノーマルなカラーリングの車両が風景にマッチしているように思います (・∀・)イイネ。う~ん、写真のウデはともかく、いい鉄道情景だなぁ・・・+。:.(´ω`)シミジミ.:。+゚。

さらに、先述したとおり今の下り列車が通過した約10分後には、逆方向から上り列車(1008レ)がやってくるので、今度はそちらに対応したいところ コッチ…((((o* ̄-)o。ほかの場所へ移動している余裕はありませんが、焦らずともここならば少し立ち位置を変えるだけで違ったアングルが望めます (´艸`*)ラクチン。
そしてこのタイミングで現れたのが・・・(*゚ロ゚)ハッ!!

0031.jpg
爽やかな川風が吹く清流の里を
のんびりと走る長良川鉄道の普通列車。
おや、この特徴的なカラーリングは・・・。
▲18.5.1 長良川鉄道 相生-深戸

しゅら男爵、キタ━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━ッ!!
たった一両の単行列車なのに、前後で塗り分けが異なるこの車両。そう、これは私が美濃太田から相生まで来るときに乗った、「貨客混載」用のナガラ300形305号車です (=^・ェ・^=)ニャア。終点の北濃で折り返して、戻ってきたのですね (=゚ω゚)ノ タライマ!。
今度は川の流れを強調したくて、風景を広く入れた引き画のアングルにしてみましたが (^_[◎]oパチリ、そこにちょこんと収まったちょっとユニークな色の列車 (・ω・)チョコン。はたしてこの車両が風景にウマくマッチしているのかどうか、このアングルで撮れたのはラッキーだったのかアンラッキーだったのか、どうもイマイチ答えが出にくいところではありますが σ(・∀・`)ウーン…、まあ、車両のバリエーションとしては楽しいと思います (´σД`)マ、イッカ。

0032.jpg
上写真の列車を拡大してみました。
美濃太田のホームでは正面しか撮れませんでしたが、
側面はこのような塗り分けとなっていた305号車。
まさに半分半分です(笑)

最初に駅から走った撮影ポイントもよかったけれど、別の場所から違う雰囲気で長良川と列車を絡めて撮れたのは嬉しく、ここを訪れるきっかけとなったママさんの情報にあらためて大感謝です  <(_ _*)>アリガ㌧。鉄道写真に限ったことではありませんが、有益な情報っていつどこに転がってるのかわからないものですね(笑)(゚∀゚)アヒャ☆。

このあとふたたび最初の撮影ポイントへと戻って、先にご紹介した新緑の山を入れたアングルで下り列車(5レ)を撮り (^_[◎]oパチリ、撮影は終了です (´w`*)ドツカレサン。
今までの流れからすると、下りを撮ったらすぐに上り(10レ)が来る。私はその上り列車の美濃太田ゆきに乗って相生をあとにしました。

0034.jpg
相生に入ってきたのは、
先ほど鉄橋を真横から撮った
ノーマルなエンジ色の300形303号です。
▲18.5.1 長良川鉄道 相生

0035.jpg
後半の撮影ポイントを
車窓から見るとこんな感じ。
(「゚ー゚)ドレドレ
川を挟んだ対岸の国道から撮りました。
▲18.5.1 長良川鉄道 相生-深戸(車窓から)

せっかく郡上八幡のひとつ手前の駅まで来たのに、観光スポットの城下町巡りなどをせず、あっさりと上り列車で引き上げてしまった私 ...(((o*・ω・)o。実は個人的に郡上八幡よりも気になる場所がこの長良川鉄道の沿線にあり、できればこの機会にぜひとも寄って行きたいと思っているのです σ(゚・゚*)ンー… 。そこを訪れるため次に列車を降りたのは、街の規模が沿線屈指の美濃市 (゚ー゚*)ミノ。

しかし・・・( ̄△ ̄;)エッ…

0037.jpg
味わい深い木造駅舎を構える美濃市駅は、
古くから和紙産業として栄え(美濃和紙)、
うだつの上がる町並みとして知られる、
美濃の街の玄関口。
(≧∇≦)シブイッ!
▲18.5.1 長良川鉄道 美濃市

相生1124-(長良川10レ)-美濃市1204

0038.jpg
美濃市の駅前通りを数分ほど進むと、
交差点の脇に見えてきたのは・・・
赤い電車? (=゚ω゚=*)ンン!?

0039.jpg
そこは長良川鉄道の美濃市ではない、
もうひとつの駅。
でも・・・
あれ?シャッターが閉まっとるぞ。
( ̄△ ̄;)エッ…

美濃市の駅から歩いて数分ほど ε=ε=ε=┌(*・_・)┘テクテク。私がやってきた目的地は、かつてこの地を発着していたもうひとつの鉄道路線、名古屋鉄道(名鉄)美濃町線の旧・美濃(みの)駅です (゚ー゚*)メーテツ。
美濃町線(みのまちせん)は岐阜市内中心部の徹明町(てつめいちょう)から、野一色(のいっしき)や新関(しんせき)を経て、ここ美濃までを結んでいた名鉄の路線で、併用軌道(路面電車区間)に対応した小型の電車を使用するのが特徴だった趣ある路線 (・o・*)ホホゥ。しかし、車社会化(モータリゼーション)の発展による道路事情と同線自体の利用客の減少により、末端部の新関と美濃の間が1999年に、そして残った徹明町と新関(~関)の間も2005年にすべて廃止となってしまいました (´・ω・`)ショボン。
その当時の駅舎やプラットホーム、線路、そして運行されていた車両などを、保存目的で現代に残しているのが、この展示施設の「旧名鉄美濃駅」です ( ̄。 ̄)ヘー。私にとって現役時代の美濃駅は、美濃町線の乗り潰し目的で一度訪れただけに過ぎませんが、その時の思い出を振り返りながら保存された駅や車両たちを懐かしみたい (´ω`*)ナツカシス。
ところが、その入口となる駅舎はシャッターがピシッと閉じられているではありませんか (・・?)アリ?。その脇に掲げられた案内を見てみると「休館日 毎週火曜日」とあります σ(゚・゚;)カヨウ…。んで、今日は5月1日の・・・火曜日。お休みの日ぢゃん orz。ちゃんと調べてくるべきでした (ノO`)アチャー。

0041.jpg
残念ながら休館日でしたが、
外から覗くことができた館内の展示車両。
向かって右からモ590形593号、
丸窓で人気だったモ510形512号、馬面のモ600形601号、
そしてホーム上に前頭部のみのカットボディで置かれている、
元・札幌市電のモ870形876号。
▲18.5.1 旧・名鉄美濃町線 美濃

0042.jpg
ちなみにこちらは今から20年前、
現役時代(廃止前)に訪れた時の美濃駅。
名鉄らしい真っ赤な電車(モ590形591号)が
ホームに停まっています。
ああ、懐かしいなぁ・・・(ノ∀`*)ナツカシス。
▲98.10 名鉄美濃町線 美濃

館内に展示(静態保存)されている車両たちは、外からも目の粗い柵越しに眺められましたが(しかもきれいな順光w)(^_[◎]oパチリ、車両の細かい説明を述べることや現役当時の思い出を語るのは、また今度ちゃんと開館日に訪れたときとしましょう (・∀・`)ソダネー。街なかでお昼ゴハンを食べてから、私は美濃市の駅に戻ります。

0043.jpg
先出の美濃太田もそうですが、
名物と言うものがとくに思い浮かばないこのあたり。
とりあえず「みそかつ」の文字に惹かれて、
お店に入ります (゜¬゜)ジュルル…。
甘いお味噌(八丁味噌)がかかったトンカツは
関東人の私にあまり馴染みがないけれど、
けっこうクセになる美味しさでした♪
ミソ(゚д゚)ウマー!!
(でも塩分はかなり高そう・・・^^;)

0044.jpg
美濃市の駅は券売機が見当たらなかったので、
窓口で尋ねてみたら、
なんと今どき貴重な
硬券の乗車券が発行されました。
(゚∀゚*)オオッ!

0045.jpg
0046.jpg
ホームに入ってきたのは、
美濃市で折り返す、
当駅始発の美濃太田ゆき上り列車。
この車両は「越美南線全線開通80周年」の
記念ラッピングが側面に施されており、
沿線のゆるキャラが描かれています。
σ(゚ー゚*)トミパソ…
▲18.5.1 長良川鉄道 美濃市

最後は目的地が休館日という、なんともは締まらない結末でしたが (^^;)ゞポリポリ、車窓に沿う清らかな長良川や自然豊かな風景に癒された乗り鉄、その素晴らしい情景はもとより撮影ポイントへ行くきっかけが印象深く残った撮り鉄と、存分に楽しむことができた長良川鉄道の旅 ヨカッタ♪(*⌒∇⌒*)ヨカッタ♪。機会があればぜひまた撮影に訪れて、今度は終点の北濃まで足を伸ばしたいところです。
(みかんとはちみつのお二人さま、お膝元へお邪魔いたしました~ (^^)/)

0047.jpg
美濃からディーゼルカーに揺られて30分、
列車は終点の美濃太田に到着。
▲18.5.1 長良川鉄道 美濃太田

美濃市1301-(長良川1116レ)-美濃太田1334

朝に出発した美濃太田に戻ってきた私 (=゚ω゚)ノ タライマ!。
行き当たりばったりで巡ってきたGWの旅も、あとは東京へ帰るだけです カエロ…((((o* ̄-)o。
放浪気分が抜けない私は、美濃太田で乗り換える際に多治見ゆきの太多線が気になり、多治見へ出てから中央西線を下って、塩尻経由で東京を目指すというのもアリだな・・・なんてルートを、ついアタマのなかで思い浮かべましたが σ(゚・゚*)ンー…、手にしているきっぷは乗り降りや経路が自由な「青春18きっぷ」でなく、すでに経路が決まった普通乗車券(いざとなれば変更もできるけれど(笑))。それに翌日は出勤日なので、私は本日中に家へ帰らねばなりません (・∀・`)シャーナイネ。
ここは素直に(?)券面の経路どおりに高山線で岐阜へ出て、そこから東海道を東上しました ...(((o*・ω・)o。

0048.jpg
美濃太田から乗る高山線の岐阜ゆきは、
転換クロスのキハ75を期待するも、
またロングシート仕様のキハ25ですた・・・。
(・ε・`)チェ
▲18.5.1 高山本線 美濃太田

0050.jpg
高山本線の終点、岐阜に到着。
これで富山から岐阜までの全線を
乗り通したことになります。
しかもほとんどロングシートで・・・(笑)
(´w`*)ドツカレサン
▲18.5.1 東海道本線 岐阜

0052.jpg
あとはひたすらに東海道本線の乗り継ぎ。
ε=┌(;゚д゚)┘ノリカエ!
ちなみに岐阜から豊橋まで乗ってきた左の車両は
高山線のキハ25とそっくりですが、
こちらは電車の313系です。
右の浜松ゆき普通列車は転換クロスの311系。
▲18.5.1 東海道本線 豊橋

0053.jpg
浜松で接続した熱海ゆきは211系+313系で、
この区間で安定のロングシートでつ。
(´∀`;)ヤッパリネ
でも、前日の猪谷~美濃太田よりは
まだマシのように思えます。
(距離的には大して変わらないけれど)
▲18.5.1 東海道本線 浜松


長々とお伝えしてきたように、新潟から富山、そして岐阜と巡ってきた、GWの鉄道旅。
事前に大した計画を立てず、ほとんど行き当たりばったりのような展開でしたが フラフラ~((((~´ー`)~、八海山バックの上越線、砺波平野の水田に姿を映す城端線、富山湾の海沿いを進む氷見線、そして長良川に寄り添う長良川鉄道をそれぞれに撮り (^_[◎]oパチリ、さらには信越本線や日本海ひすいラインの海景色、高山本線では山あいの風景などを車窓から眺め (´ω`)シミジミ、終わってみれば海、山、川を撮り鉄、乗り鉄でバランスよく散りばめることができた、いい鉄旅だったように思います ъ(゚Д゚)グッジョブ。五箇山も、高山も、郡上八幡にも行かなかったけれど、そのぶん列車に乗りまくっただけで個人的には大満足でした ヨカッタ♪(*⌒∇⌒*)ヨカッタ♪。

それにしても、初日の朝に上越新幹線で東京駅を発った時、翌々日の夜に東海道線の普通列車で戻ってくるとは、我ながら思わなかったなぁ・・・(笑)アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ。

0054.jpg
今旅のラストランナーは
沼津で乗り継いだ小金井ゆきの普通列車で
車両はE231系でした。
とっぷり日が暮れた21時過ぎに東京着。
(・ω・)トーチャコ
▲18.5.1 東海道本線 東京

美濃太田1355-(高山734C)-岐阜1432~1438-(東海道2532F快速)-豊橋1557~1600-(966M)-浜松1636~1638-(456M)-沼津1853~1903-(1646E)-東京2108




nice!(192)  コメント(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 192

コメント 64

skekhtehuacso

私も長良川鉄道に美濃市まで乗って、名鉄美濃駅から美濃町線に乗って帰ったことがありました。
特に、上芥見駅の道路の脇に申し訳なさそうに位置しているホームが好きでした。

キハ25のカチカチロングシートで4時間ってのはつらそうですね。
同じロングシートでも、211系のほうがやわらかくていいかも。
でも静岡の211系にはトイレが付いていないので、酒飲みにはつらいところですけれど。
by skekhtehuacso (2018-05-26 20:53) 

響

長良川いいなぁー。
これぞ日本の清流。
水の色の濃淡がたまりません。
旧美濃駅の雰囲気は震えますね。
by (2018-05-26 21:03) 

creeker

富山から東京まで各駅停車の旅とは凄いですね!
高山本線の車窓からの雄大な眺めは格別ですね
でも今はロングシートとは存じませんでした(笑)
宇奈月ビールとてもピッタリの雰囲気です^^
by creeker (2018-05-26 22:19) 

hanamura

いやぁ~GWも、やっとゴール&ウィン!(なんか、イイコト言ったつもり)  ネコ、飲む、ゆるキャラさん、閉館日などなど(?)推理小説の伏線が(複線ではない!)見事に解明されました。  そのメッセージは、『hanamura!キハに乗れ!』ですね。  だが、甘いぞ!あおたけ少年!ワシは、喫茶店のママより、スナックのママが好きなんじゃぁ~!(昼の顔より夜の顔? 怪人より、快人☆二重面相?)
by hanamura (2018-05-26 23:08) 

かずのこ

長良川鉄道は越前街道でスキー場に行くときによく見ました。
最近はたま~に美濃太田から富加まで仕事で乗ることがありますがいい雰囲気です。
by かずのこ (2018-05-26 23:11) 

snow

この辺りちょいちょい出かけてる
スキーに観光に花撮りに…
途中綺麗やなぁと思うだけで通り過ぎる場所
こんな素敵な写真が撮れるんですね(^^)/

by snow (2018-05-27 05:43) 

やなぼー

今回の旅記事を読んでて・・・
あっ!福井のカツ丼!?と、思わせといて・・・
あらっ!伊那のカツ丼!?とも、思いましたが・・・
やっぱり味噌カツだったのね(^_^;)
って、食い物以外も、大収穫だったようで(^_-)
そういえば、私が高校時代(何時の話だ!?)
秩鉄も、蛇腹で仕切られたところに荷物積んでましたね。
まあ、一人で大量輸送できるのが、鉄道の強みですから、これから増えていくのかな!?
清流見てると・・・
山へ涼みに行きたいな~、と思うような埼玉北部地方民でした。
まだ北海道の夏レベルだけど・・・f^_^;)
by やなぼー (2018-05-27 05:51) 

mimimomo

おはようございます^^
車窓風景が良いですね~
それにしてもこれで「行き当たりばったり」?
凄くよくできた旅ですね~計画を立てていてもわたくしなどこう上手くいかないですよ。
黒ネコちゃんの電車面白いです。半分塗り分けてあるのが何とも滑稽な感じ^^
by mimimomo (2018-05-27 06:22) 

ひでほ

長良川鉄道いいですな。川っぷちの写真、なんだか田舎の可部非電化区間を思い出しました。長良川鉄道っていうと、子供が橋から川に飛び込むのが刷り込まれていますが、まだ寒いですね。残さないといけないかけがえのない鉄道ですね。岐阜から東京まで下というのも、いつもながらすごいです。学生時代は小生もデフォでしたが。
by ひでほ (2018-05-27 07:49) 

yamatonosuke

いろんか列車が見れて楽しいです♪
撮り直したアングルも素敵すぎてまさにプロ級。
写真のことは良く分かりませんが新緑の鮮やかさが際立ってますね
by yamatonosuke (2018-05-27 08:13) 

an-kazu

生の声を活かした撮影ができて何よりでしたね!


by an-kazu (2018-05-27 09:29) 

ネオ・アッキー

あおたけさんこんにちは。
長良川、とてもキレイに写っていますね。
単線区間をゆっくりと走りながらの旅、お疲れ様でした。 色々な列車が見れて楽しかったです。
美濃市で食べた、みそカツ、美味しそうですね。
by ネオ・アッキー (2018-05-27 12:36) 

newton

やはり、気動車は絵になりますね。
by newton (2018-05-27 13:02) 

bpd1teikichi_satoh

名鉄長良川線のオールド車両特に興味があります。
素晴らしくクラシックでこんな車両が未だ残っていたのか!と感心しています。
by bpd1teikichi_satoh (2018-05-27 14:28) 

ブリザド

GWの鉄旅、お疲れ様でした
私の実家の街は岐阜県に面しているので、
今回の記事では高山線や、郡上八幡など子供の頃、
良く聞いた路線名・地名が出てきて懐かしかったです
渓谷を渡る長良川鉄道、素敵ですね(^ω^)
みそかつは私のソウルフード(笑)
2ヶ月後に帰省する折に食べなくっちゃ
by ブリザド (2018-05-27 17:09) 

TakiHaru

高山線は特急ひだの乗車ばかりなので普通列車でのんびり旅してみたいです。しかしロングシート 4 時間はきついですね。参考になりました。
長良川鉄道も清流の景色が美しいですよね。今なら季節がら、かじか蛙の鳴き声が聞こえそうな雰囲気ですね。
長距離の列車の旅、お疲れさまでした。
by TakiHaru (2018-05-27 18:37) 

kuwachan

川沿いを走る列車がまるで模型のようでとっても可愛らしいですね。
今の時期らしい自然が織りなす爽やかな緑の縞模様が素敵ですね。
まだ私は食べたことがないですが、みそかつが美味しそう見えます。
by kuwachan (2018-05-27 20:11) 

hirometai

あおたけ様
こんばんは
気持ち良さそうな渓谷を走る可愛らし電車が走る姿は(^-^)です
by hirometai (2018-05-27 21:58) 

青山実花

あおたけさんの、
電車のお詳しさには
圧倒されてしまいます。
凄いことですね。

味噌かつ美味しそうですね。
食べたいです(^_^)
by 青山実花 (2018-05-28 08:00) 

hatumi30331

素敵な風景が見える、列車旅。
良いですよね〜♪
このあたりは高山に行く時に車で通る地名。
覚えてます。

味噌カツ、私も食わず嫌いでしたが・・・
食べてみると美味しくて〜
ハマりますよね。^^

今日は曇ってます。
11階は冷たい風。
雨降るのかな?
by hatumi30331 (2018-05-28 08:16) 

twingo583

なんと新潟での115系撮影の後は、富山から岐阜を回る旅に出られていてのですね。ローカル線を巡る乗り鉄&撮り鉄な旅の想い出、楽しく読ませて頂きました。やはり日本の四季を感じる風景は良いものですね。四季のない国にいる身として、ちょっと懐かしく思えてしまいました。そうそう、僕も今はあおたけさんと同じ徒歩鉄になりました。
by twingo583 (2018-05-28 09:13) 

ちぃ

わぁ~ぃ、次はまさかの岐阜でした――(´▽`)
いつもちょっと地味さを感じてしまう長鉄や岐阜県の風景、、こんなにすてきに記事にしてくださりありがとうございます♪(^^)♪
長良川沿いを走る長鉄がとってカッコよくてすてきです♪
あしゅら男爵のラッピング車は見たことがないのでぜひみたいな(*‘∀‘)
モーニングもほんのり楽しんで頂けたのですねー♪
住んでいるところが違うのですが友達がいるので美濃加茂市は何度か行ったことがあります、駅の近くに数軒居酒屋がありそこで飲み会とかしました(笑
いつかぜひ盆踊りの頃に来ていただき一緒に情緒あふれる踊りを楽しんで頂きたいです(´艸`*)

by ちぃ (2018-05-28 10:14) 

ピンキィモモ

こんにちは。
こちら(七尾線)ではなく、高山でしたか。
そうですよねぇ。
こちらは「花嫁のれん号」くらいしかありませんもの。
岐阜は自然が豊かでいいところですね。
by ピンキィモモ (2018-05-28 10:48) 

viviane

塗り分けられた長良川鉄道の鉄橋を渡る景色、良いですね~音と空気感も伝わってきます♪
長良川渓流に沿ったカーブを走る列車も、このアングルだからこその美しさ 流石ですぅ~~
by viviane (2018-05-28 11:21) 

naonao

充実した旅でしたね♫
長良川鉄道、新りょっくと清流と
列車のコラボ、爽やかで絶景ですね。
モーニングや食べごたえのある味噌カツも
美味しいやつですね( ̄¬ ̄*)じゅる
ポケ森の掲載の件
ありがとうございます。
これからも投稿を頑張りまーす(^O^)/

by naonao (2018-05-28 11:44) 

ake_i

行き当たりばったりの旅、すっごく憧れます!!!
帰路、氷見から東京の切符を買って上手に乗りまくってエンジョイされましたね。
塗り分けられた列車、そしてえんじ色の300っていう列車、好きな感じです^^
私も旅は大好きですが、目的がなくてもふら~っと出かけたいほうです。あらかじめ計画されているものも嫌ではないけど、自分のペースでスタンスで歩いたり乗ったりできるのが良いですね。
純喫茶、あって良かったですねーーー。
ほんと、旅に出るとき、「詳細な計画」が苦手で・・・
なのであおたけさんの記事とってものんびり楽しく読みました。
by ake_i (2018-05-28 11:56) 

raomelon

車窓から見える長良川、美しいですね~
新緑とコバルトブルーの清流に
心が洗われるようです^^
渓流に沿って走るディーゼルカー、絵になりますね
喫茶店のママさん情報の撮影スポットも素晴らしい☆
清流の里をのんびり走る2色塗りの列車、素敵です^^
美濃太田ゆきの列車は、いつも利用している
阪急電車の色と同じで親近感が湧きます(^ω^)
「みそかつ」食べてみると、ハマっちゃうお味ですよね^^
美味しそう~~~
海、山、川を撮り鉄、乗り鉄&美味しい物で
充実の旅になりましたね♪
by raomelon (2018-05-28 12:39) 

モリモリもりちゃん

こんにちは(^^♪
以前名古屋に住んで居たことが、ありましたが、
長良川沿線通ったことがありませんでした。
確か鵜飼が有名な川ですよね、となりの木曾川はよく車で長野県へ行っていました。
by モリモリもりちゃん (2018-05-28 17:38) 

ねじまき鳥

美濃駅の展示車両いいですね。

by ねじまき鳥 (2018-05-28 18:03) 

FTドルフィン

清流が素晴らしい!!

しかし、旅上手ですね
さすがとしか言いようがないです!!

by FTドルフィン (2018-05-29 06:15) 

moz

富山から東京だとほんと、新幹線ですぐですよね。でも、青竹さんはやっぱりね 笑
ぐるっと回って長良川でのエンジ、ナガラ300の一枚素敵です。
味噌カツもたまに食べたくなる味、名古屋出張の時にはよくいただきます。それと、地ビールの宇奈月ビールととろろ巻き昆布を頂きながらの車窓からの眺めは最高でしょうね。いいないいな。電車でののんびり旅いいですよね。 ^^
by moz (2018-05-29 07:56) 

yas

いやぁ、最終日は撮りもされましたが乗りましたねぇ~
たしかに富山からだと、東京は新幹線ですぐに到着しますよね。
しかも車窓にはトンネルが多くて・・・
ただ驚いたのは、高山本線にロングシートの車両が走っていることです。
単なる知識のなさですが、ちょっと残念ですね~
都市部運用ならまだしも、あのあたりの絶景が(><;
今回も大いに堪能させていただきました!
by yas (2018-05-29 08:40) 

sonic

分水嶺越えで超絶リフレッシュですね(^^)
ロング容認派ですが、キハはクロスがいいです笑
焼石の車窓をロングシートで、、、時代の移り変わりを感じます。
by sonic (2018-05-29 08:56) 

MINERVA

美しい景色、色とりどりの列車たち....
充実されておりますね~、素晴らしい旅だったと思います。
新幹線に始まり、東海道線で終る。 コレが良い!!
ヤマト運輸仕様のナガラ300形、大ヒットでした。
by MINERVA (2018-05-29 13:50) 

oko

あのウサギの様な耳がクワガタみたいな
キャラが気になります・・・
ゆるキャラって沢山居ますよね〜
by oko (2018-05-29 15:13) 

あおたけ

skekhtehuacsoさん>段階的に廃止となった美濃町線、
2005年まで残った区間は沿線での撮影記録も残せたのですが、
新関〜美濃は乗り潰し目的で一度しか往復乗車できなかったのが、
ちょっと悔やまれます。
上芥見は懐かしいですね。何度か撮影に訪れました(^^)
東海のロング車、個人的には211系よりも
313系やキハ25のほうがオシリに合っているので、
211+313の場合、座席に余裕があれば私は313のほうを選びます。

響さん>ありがとうございます(^^)
日本屈指の清流と言われる長良川、
とくに上流域は透明度が高く、
また青さもどこか神秘的ですよね。
この景色で列車を撮ることができてよかったです♪
旧美濃駅、廃止となってしまったのは残念ですが、
駅や車両の保存状態が良好なので
今も往時の面影が色濃く感じられます☆
by あおたけ (2018-05-29 17:42) 

あおたけ

creekerさん>ありがとうございます(^^)
何となくのんびりと乗り鉄を楽しみたくなり、
結果的に富山から東京まで普通列車を使っちゃいました(笑)
車窓から自然豊かな風景が望める高山線ですが、
ロングシートの列車になっちゃったのは
乗り鉄としてちょっと残念・・・。
でも車内は空いていたので、地ビールを飲みながら、
車窓に流れる風景を楽しみました♪

hanamuraさん>イイコト、ありがとうございます(^^)
ブログ上では伏線が感じられたかも知れませんが、
実際はホントに行き当たりばったりのような旅でした。
キハに乗るのも撮るのも、流れ的に決まった感じ。
なので、「キハに乗れ」と言うようなメッセージ性はありません。
むしろ、非電化・電化にこだわらず、
鉄旅は自身で好きな路線を満喫されてください(^^)

by あおたけ (2018-05-29 17:50) 

あおたけ

かずのこさん>ありがとうございます♪
長良川鉄道はスキーに行かれるときに見かけたり
(越前街道というのは長良川鉄道に並行している国道かな?)、
たまにお仕事で美濃太田から富加まで乗車されたりと、
ちょっと縁のある路線なのですね(^^)
長良川鉄道はのどかでのんびりとした空気が漂っていて、
味のあるいいローカル線ですよね〜☆

snowさん>ありがとうございます♪
スキーや観光、撮影へ行かれる際に
このあたりをちょくちょく通り過ぎるとのことですが、
名古屋からだとアクセスが良さそうですよね(^^)
長良川沿いに敷かれた線路を走る長良川鉄道は、
所々で綺麗な景色が望めるいいローカル線です☆
今度ぜひ立ち寄られてみてください♪

by あおたけ (2018-05-29 17:58) 

あおたけ

やなぼーさん>ありがとうございます(^^)
そう、カツの正解は美濃で食べた味噌カツです♪
前記事が高岡までだったので、次にカツと聞いたら、
福井は連想するかと思っていましたが、
伊那は鉄道だと山を越えられないので行きにくいです(^^;)
「貨客混載」、山あいの集落へ続くローカル線は、
他でもウマく活用できるかも知れませんね。
清流は気分的に涼しげですが、
この岐阜も真夏はとても暑い地で、
たしか多治見は熊谷のライバルじゃなかったでしたっけ?(爆)

mimimomoさん>ありがとうございます(^^)
山あいを流れる長良川の清流風景、
とくに今の時期は新緑が爽やかで気持ちがよかったです♪
どこまでが行き当たりばったりかと言われると曖昧ですが、
少なくとも前日まではほとんど無計画で、
今回の長良川鉄道も前夜のホテルで急きょ訪れることを決めました(笑)
クロネコラッピングの車両、たった一両なのに
半分ずつ塗り分けているのが面白いですよね☆

by あおたけ (2018-05-29 18:06) 

あおたけ

ひでほさん>ありがとうございます☆
三セク路線の長良川鉄道、正直いって車両的なネタは乏しいですが、
川沿いを走る沿線風景に魅力を感じる、いいローカル線です♪
たしかに太田川に沿って走っていた可部線の非電化区間にも
風景の雰囲気が似ているかも知れませんね。
長良川は真夏になると
子供が川へ飛び込んだり泳いだりするそうなので、
そんなシーンと絡めて列車を撮ってみたいものです(^^)
帰りは新幹線代をケチって、下を選びました(笑)

yamatonosukeさん>ありがとうございます(^^)
個人的にちょっと地味な印象を持っていた長良川鉄道でしたが、
エンジ色や白い車両、さらにはクロネコの半分ラッピングと、
思ったよりもバリエーションが豊かで楽しめました♪
撮り直したアングル、プロ級だなんてとんでもない、
単なる自己満足に過ぎません(笑)
でも、新緑を入れたことで今の時期らしい
爽やかな季節感が表せたのではないかと思っています(^^)

by あおたけ (2018-05-29 18:17) 

あおたけ

an-kazuさん>ありがとうございます(^^)
まさかふらりと入った喫茶店のママさんから、
撮り鉄の撮影地情報が得られるとは思ってもみませんでした(笑)
まさに旅は一期一会、
情報はどこに転がっているかわからない・・・ですね♪

ネオ・アッキーさん>こんばんは(^^)
清流として名高い岐阜の長良川、
川底まで透けて見えるほどのとてもきれいな川でした☆
その川景色で列車を撮ることができたことは良かったですし、
また、エンジ色や白い車両、さらにはクロネコの半分ラッピングと
いろいろな車両が見られたのも楽しかったです♪
美濃市で食べた味噌カツ、関東人の私にはインパクトのあるお味で、
とても美味しかったです(^^)

by あおたけ (2018-05-29 18:25) 

あおたけ

newtonさん>ありがとうございます(^^)
長良川に沿って綺麗な風景のなかを走る長良川鉄道、
電化されていないディーゼルの路線なので、
都会の電車よりものどかな雰囲気が感じられますし、
線路まわりがスッキリと撮れるのもいいですね♪

bpd1teikichi_satohさん>ありがとうございます(^^)
オールド車両は名鉄美濃町線の赤い電車たちでしょうか?
今は残念ながら現役ではなく、
写真で紹介したのは保存されている展示車両や、
むかしに撮ったものですが、
路線廃止後もこうやって、現役さながらのきれいな状態で
駅や車両が残されているのは嬉しことですね☆

by あおたけ (2018-05-29 18:31) 

あおたけ

ブリザドさん>ありがとうございます(^^)
故郷に近くて、耳にしたことのある地名や路線は、
馴染みがあって郷愁感を誘いますよね。
個人的に岐阜というと中京圏の都市を思い浮かべますが、
今回訪れた郡上のほうは自然豊かできれいな里山でした。
長良川に沿ってはする長良川鉄道、車窓風景が素晴らしかったです♪
みそカツ、甘めのみそがカツにマッチして美味しいですね!
愛知や岐阜へ行く機会があれば、また食べたいです(^^)

TakiHaruさん>ありがとうございます(^^)
富山から都内への帰路に選んだ高山線、
久しぶりの乗車でゆっくりと車窓風景を眺めたいと思い、
普通列車での移動を選んだのですが、
ロングシートの車両だったのはちょっと残念でした・・・(^^;)
長良川に沿って走る長良川鉄道、
その車窓からもわかるくらいに透き通った清流は、
とてもきれいな風景でした♪

by あおたけ (2018-05-29 18:39) 

あおたけ

kuwachanさん>ありがとうございます(^^)
長良川沿いを走る長良川鉄道の列車、
車窓風景が綺麗でとてもいいローカル線でした。
この川景色に限らず、海も、山も、
自然のなかに列車を置いて撮ると模型のように見え、
またそれが逆に自然の雄大さとして感じることがあります。
みそかつ、関東人の私にはインパクトのあるお味でしたが、
とても美味しかったです(^^)

hirometaiさん>ありがとうございます(^^)
自然豊かな山あいの渓流沿いをゆくローカル線、
山々も新緑が爽やかな気持ちのいい時期で、
気分が癒されるとてもステキな風景でした♪
by あおたけ (2018-05-29 18:46) 

あおたけ

青山実花さん>ありがとうございます(^^)
電車の詳しさ・・・というか、
これくらいしか取り柄がないんですけれどね(笑)
記事を見ていただいて、マニアならではのこだわりが
少しでも感じていただけたら嬉しいです☆
中京地方の味噌味文化、関東ではあまり見かけないですよね。
みそかつはインパクトのあるお味でしたが、
味噌とカツがマッチして美味しかったです♪

hatumi30331さん>ありがとうございます(^^)
山あいを流れる川沿いのローカル線、
列車の車窓からも渓流を眺めることができて、
とてもよかったです♪
そうそう、美濃や郡上は高山へ行くときに、
クルマだと途中で通るかも知れませんね(^^)
みそカツ、甘いお味噌がカツに合うの?
・・・なんて思っていましたが、
けっこう美味しくてクセになる味ですよね〜(笑)
by あおたけ (2018-05-29 19:00) 

あおたけ

twingo583さん>ありがとうございます(^^)
新潟色115系の臨電を撮ったあと、せっかくの連休だったので
そのまま乗り鉄を続けちゃいました。
国鉄型のキハやきれいな風景の路線が目的・・・というよりは、
もう、撮るネタが無くなってきたと言うのが正直なところです。
ひと昔前なら高岡のあたりで北陸本線の夜行三昧か、
もしくは日本海沿いを北上して「あけぼの」や「はまなす」へ
行っていたかも(笑)
亜熱帯のタイは日本ほど四季はハッキリしていないのですね。
今は徒歩鉄とのことですが、温度、湿度ともに、
日本よりずっと過酷な環境かと思われますので、
熱中症に注意して「鉄LIFE」を楽しまれてくださいね(^^)

ちぃさん>ありがとうございます☆
お膝元の岐阜にお邪魔いたしましたー(^^)/
わぁっ!地元の方は長良川鉄道を「長鉄」っていうんですね!
長良川沿いの自然豊かな風景はとても綺麗で魅力的ですし、
エンジ色や白い車両、さらにはクロネコの半分ラッピングと
いろいろな車両が見られたのも楽しかったです♪
こんなステキな路線が近くを走っているなんて、
うらやましく思えます(^^)
美濃太田の駅前でご飯屋さんを探したのですが、
定休日だった焼肉屋さんとたこ焼き屋さん、
あとはカレー屋さんくらいしか見つけられず、
開いていた居酒屋さんに入っちゃいました(笑)
盆踊りの時期、またぜひ訪れてみたいです(^^)

by あおたけ (2018-05-29 19:08) 

ヨッシーパパ

あしゅら男爵、面白いです。

by ヨッシーパパ (2018-05-29 19:13) 

あおたけ

ピンキィモモさん>こんばんは(^^)
高岡から金沢のほうへ向かうことも考えたのですが、
今回は高山線経由を選びました。
個人的に見ると七尾線は「花嫁のれん号」だけでなく、
むしろ国鉄型の赤い車両(415系)が使われている、
普通列車のほうが気になっています。
ただ、せっかく七尾線を訪れるなら、
能登鉄道のほうまで足を伸ばしたいので、
そうすると今回は時間的な余裕がなかったのです。
またちゃんと計画を立てて、訪れたいと思います。

vivianeさん>ありがとうございます(^^)
山あいを流れる長良川の渓流風景、
とくに今の時期は新緑が爽やかで気持ちがよかったです♪
そこを走る長良川鉄道の列車は、車窓風景を眺めても、
沿線から走る姿を撮っても、いい感じでした☆
今回の旅はお天気に恵まれたのもラッキーだったと思います(^^)
by あおたけ (2018-05-29 19:15) 

あおたけ

naonaoさん>ありがとうございます☆
自然豊かな長良川鉄道の沿線風景、
山々を彩る新緑や透き通った清流に気分が癒された気がします♪
モーニングはシンプルなメニューでしたが、
空腹だった私にはとてもありがたかったです(^^)
そしてみそカツは甘い味噌とトンカツがマッチして、
とても美味しいやつでした (゚д゚)ウマー!
ポケ森のキャンプ、雑誌の掲載おめでとうございます(*´v`*)

ake_iさん>ありがとうございます(^^)
氷見から東京への帰路、
せっかくなので途中下車したり寄り道したりしながら、
のんびりとした普通列車の旅を楽しみました♪
エンジ色の長良川鉄道300形、落ち着いたいい色の列車ですよね。
見知らぬ街でふらふらと歩いていて見つけた喫茶店、
そこで教わった撮影ポイントもいい思い出となりました(^^)
行き当たりばったりの旅、たしかに自由度がありますし、
冒険心はちょっとくすぐられるかも知れませんが、
でも、やっぱり旅行は事前に計画を立てたほうが
落ち着いて旅を楽しめるように思います(笑)
by あおたけ (2018-05-29 19:25) 

あおたけ

raomelonさん>ありがとうございます(^^)
長良川鉄道に沿って流れる長良川、
列車の車窓からもその透明度の高さがわかるくらい、
きれいな清流でした♪
コバルトブルー・・・あ〜、この言葉を使いたかった!
なのに私ったら、クールバ◯クリンって・・・(^^;)
喫茶店のママさんから教わった撮影ポイント、
景色の良さとともにそのエピソードがいい想い出になりました♪
エンジ色の長良川鉄道の車両、
たしかに阪急電車のマルーン色にも似たシックな色合いですよね。
みそカツ、甘いお味噌が揚げたてのカツに意外とマッチして、
けっこうハマるお味ですよね〜☆

モリモリもりちゃんさん>こんばんは(^^)
以前は名古屋にお住まいだったのですね。
名古屋と岐阜は近いですが、長良川鉄道の沿線までは、
足を伸ばされたことがありませんでしたか。
そう、長良川の名物と言えば鵜飼いですよね。
今でも夏になるとおもに観光目的で見られるらしいですよ♪
犬山や美濃太田(美濃加茂)のあたりを流れているのが
木曽川ですよね(^^)

by あおたけ (2018-05-29 19:34) 

あおたけ

ねじまき鳥さん>ありがとうございます(^^)
残念ながら廃線となってしまった名鉄美濃町線ですが、
廃止後もこうやって、現役さながらのきれいな状態で
駅や車両が残されているのは嬉しことですね☆
今度はちゃんと開館日に再訪したいです(^^;)

FTドルフィンさん>ありがとうございます(^^)
国鉄型や古い車両が走っているわけでなく、
車両的なネタは乏しい長良川鉄道ですが、
綺麗な川沿いを走る沿線風景に
魅力を感じるいいローカル線です♪
名鉄美濃町線も廃止前ににもっと撮りたかった・・・。
旅上手? いえいえ、行き当たりばったりの風来坊です
アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

by あおたけ (2018-05-29 19:39) 

barbie

終点の九頭竜湖から美濃白鳥ゆきの路線バスに乗られたんですね。うらやましい。もう廃止されてしまったので郡上八幡までチャリで走りました(笑)美濃駅のお宝もきれいに保存されてますよね。
by barbie (2018-05-29 22:51) 

あおたけ

mozさん>ありがとうございます(^^)
富山から東京まで北陸新幹線も快適でいいのですが、
のんびりとした鉄道旅を味わいたかったので、
今回は高山線の普通列車を使いました♪
座席がロングシートだったのがちょっと残念でしたが、
地ビールとおつまみの昆布をいただきながら眺めた車窓は、
旅情があふれていて素晴らしかったです☆
みそカツ、私はあまり食べる機会がなかったのですが、
甘いお味噌とカツが意外とマッチして美味しいですよね(^^)

yasさん>ありがとうございます(^^)
GWは行き当たりばったりのような旅でしたが、
乗り鉄も撮り鉄も存分に満喫できました♪
ただ、おっしゃるように高山線がロングシートだったのは、
ちょっとした衝撃と残念な気分でした。
そう、中京地区の通勤圏に当たる岐阜〜美濃太田はまだしも、
景色の良い区間でのロングは勘弁して欲しいですよね。。。(>_<;)
自然豊かで川がきれいなローカル線の長良川鉄道は、
のんびりと撮影を楽しむことができました(^^)

by あおたけ (2018-05-30 11:58) 

あおたけ

sonicさん>ありがとうございます(^^)
往きは上越新幹線でばびゅーんと越えてしまった分水嶺でしたが、
帰りは高山線の普通列車を使ったことで、
その境目を実感できたように思います。
ただ、その車両がロングシートだったのは残念 (>_<;)。
決してロング否定派ではない私ですが(容認派とまではいかないw)、
さすがに四時間も体を捻って風景を眺めていたら、
体が痛くなりますた・・・(´д`;)

MINERVAさん>ありがとうございます(^^)
清流の長良川沿いを走る長良川鉄道の列車、
車窓風景がとても素晴らしくて、いいローカル線でした。
いろいろな車両が見られたのも楽しかったです♪
とくにヤマト運輸の「貨客混載」車両は
半分だけラッピングと言うところが面白いですよね(^^)
行き当たりばったりのような鉄旅でしたが、
終わってみれば充実した行程だったと思います☆
by あおたけ (2018-05-30 12:06) 

あおたけ

okoさん>ありがとうございます(^^)
いろんなゆるキャラがデザインされた車両、
見ていて楽しいですよね☆
ウサギの耳がハサミのようになっているキャラは、
刃物の街として知られる岐阜県関市のゆるキャラで、
名前は「はもみん」だそうです(^^)

ヨッシーパパ さん>ありがとうございます(^^)
お!マジンガーZの「あしゅら男爵」をご存知ですか☆
一両を真ん中で半々に色分けした列車は
まるで「あしゅら男爵」を見ているような感じでした(笑)
by あおたけ (2018-05-30 12:13) 

あおたけ

barbieさん>ありがとうございます(^^)
バイクやチャリと公共交通をウマく利用されて、
いつもいい旅をされていますよね♪
そう、鉄道路線が途切れている九頭竜湖と北濃の間、
昔は路線バスがつないでいたのですが、
残念ながら廃止されちゃったんですよね。。。
九頭竜湖から郡上までチャリで移動されたのでしょうか?
それはスゴいですね!
美濃駅の赤い電車たち、路線は廃止されてしまいましたが、
今も大切に保存されているのは嬉しいことです(^^)
by あおたけ (2018-05-30 12:18) 

ミスター仙台

長良川鉄道って自然色が豊かな鉄路ですね。
今回の撮影記を読んで、
写真を見て、
行きたくなりました。
by ミスター仙台 (2018-05-30 15:46) 

えすぷれそ

高山線のロングシートはちょっとなぁと思います。
美濃市に行ったのはちょうど4日後、名鉄の車両を見つけたときは嬉しかったです。
ちなみに、「奇遇ですね~」というネタがもう一つあるんですが、それはまた後日ということで(笑)
by えすぷれそ (2018-05-30 23:30) 

Jetstream

赤い名鉄電車、懐かしいです。一番左の車両が名古屋本線を走っていました。通学でお世話になりました。
by Jetstream (2018-05-31 12:55) 

拳客

こちらにも相生駅があります、昔は相老だったらしいですが。
by 拳客 (2018-05-31 19:18) 

あおたけ

ミスター仙台さん>ありがとうございます(^^)
いまは三セク路線ですが、
もともとは国鉄の越美南線だった長良川鉄道、
美濃市のような古い駅には国鉄の面影が感じられますし、
長良川に沿った車窓風景も素晴らしい路線です☆
機会がありましたらぜひ訪れてみてください(^^)

えすぷれそさん>高山線のロングシート、
車窓風景がきれいな路線だけに、ちょっと残念ですよね。。。
名鉄美濃町線の旧・美濃駅、
存在を知らずに赤い電車を見つけられたら、
さぞかし驚かれたことでしょう(^^)
おや?さらに奇遇なネタ?なんだろう・・・
記事の続きを楽しみにしています☆
by あおたけ (2018-06-01 17:46) 

あおたけ

Jetstreamさん>ありがとうございます(^^)
最近はステンレスも増えてきましたが、
やっぱり名鉄と言えば赤い電車ですよね♪
この美濃町線は残念ながら廃止となってしまった路線ですが、
今もこうやって駅や車両が保存されているのは、
ファンとして嬉しことです☆

拳客さん>もうひとつの相生ということは、
群馬にある相老でしょうか?
わたらせ渓谷鐵道を撮りにいく際に、
私も何度か利用したことがあります(^^)。
ちなみに所在地の地名は「相生」ですが、
駅名はいまも「相老」のままです。

by あおたけ (2018-06-01 17:49) 

FOUR−STRAIGHT

岐阜遠征、お疲れ様でした!
太多線、先日行った花フェスタの近くを通る線ですね
ロングシートでビール、人が少ないとOKですよね
まぁ、大阪の環状線では混んでても見かける光景ですが・・(笑)
たまたま入った喫茶店で素敵な撮影場所の情報を
入手できるなんて嬉しい誤算ですよね

長良川や新緑の山々を絡めての撮影
めちゃめちゃ気持ち良さそうですね
今回はどちらかというと乗り鉄を楽しまれたようですね(^^)


by FOUR−STRAIGHT (2018-06-02 08:22) 

あおたけ

FOUR−STRAIGHTさん>ありがとうございます(^^)
鉄道旅はできれば風景の見やすいボックスシートに座って、
ビールを飲みたいところですが、
最近は地方のローカル線でも通学時の混雑などに対応して、
ロングシートを導入する路線が増えているんですよね。
でも、今回は車内が空いていたので飲んじゃいました(笑)
たまたま入った喫茶店で得ることができた撮影地、
撮り鉄の情報とはまた違った、
地元の方の声を参考にできたと言うのが嬉しかったです(^^)
新緑の季節の長良川鉄道、乗り鉄も撮り鉄も満喫しました☆
by あおたけ (2018-06-06 08:48)