So-net無料ブログ作成
検索選択
PICK UP ONE-shot ブログトップ
前の10件 | -

ONE-shot 245 おどりこ。 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 245 おどりこ。

0304.jpg
18きっぷを使って、ふらり(?)と訪れた、
東海道本線屈指のお立ち台的な撮影地、
仲間内での通称・みかん山(石橋鉄橋俯瞰)。
 
この風景、
高台から海と列車を眺めているだけで、
平日にたまった仕事疲れなどが
リフレッシュされるように思います。
(´ー`)マターリ。

 
 

がだいぶ西に傾き、
あたりが山影へと飲み込まれる直前に、
鉄橋というステージ上へ「躍り」出たのは、
真っ白な車体が眩しい、
185系の特急「踊り子」号

(゚∀゚)オッ!。
 
この日のみかん山は
何か特別な列車が走ったワケではないけれど、
なかなかドラマチックな、
いい光に恵まれました
。゜+.(o´∀`o)カコイイ!゜+.゜。
 
 
ちなみに・・・
ホントは貨物列車の通過を持っていたんだけど、
山影によるコールド負けとなった
(影落ち前に来なかった)のは、
ここだけのハナシ・・・
(^^;)ゞポリポリ。
 
 
17.3.4 東海道本線 根府川-早川
 
 

 
実はこの日ですが、
かねてより「いい陽気の春の18シーズンになったら、
みかん山を描きに行きたい」とおっしゃっていた、
ソネブロ仲間で画家のsonicさんの創作活動へ
他のブロガーさんとともに
ちょろっと同行(お邪魔)させていただきました
(=゚∇゚)ノ チワッス♪。
 
0306.jpg
当日の予報は曇り時々晴れで、
午前中は雲優勢のスッキリとしない空模様だったものの、
お昼過ぎには次第に雲が流れてゆき、
午後はすっかりいいお天気に。
(´▽`*)イイテンキ♪
私の晴れ運はどうも最近アヤシいものがありますが、
自他ともに認めるsonic画伯の晴れパワーは
さすがでございます(笑)

 
 
0307.jpg
そして打ち上げは、今が旬のキンメさん♪
煮付けと塩焼きの両方でいただきました
キンメ(゚д゚)ウマー!!。
いつものひとり旅だと
こんな豪勢な食べ方はできません。
え?同行した私の真の目的は
コッチだったのではないかって?
・・・バレましたか
(゚∀゚)アヒャ☆。
 

 
 

nice!(195)  コメント(56) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ONE-shot 244 惜別の指差喚呼。 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 244 惜別の指差喚呼。

0224.jpg
種別「臨時」、ヨシ!
運行番号「S39」、ヨシ!
前部標識灯「点灯」、ヨシ!
前サボ「卒業」、・・・ヨシっ!!
 
 
1972年のデビューから走り続けて45年、
とうとう引退の時を迎えてしまった
京成電鉄におけるステンレスカーのパイオニア、
3500形(未更新車)。
そのお別れ運転の特別列車に掲げられたのは、
「さようなら」でも、「ありがとう」でもなく、
なんと「卒業」の二文字

 
 
老朽化による退役のため、
おそらく卒業後の新たな進路は無いと思われる同車ですが
(先頭車くらいは宗吾参道(車庫)で保存されるのかな?)、
これは春先の卒業シーズンを意識した、
ちょっと小粋なお別れの言葉かもしれませんね。
 
 
同じ無塗装のステンレス車でも、
最近のオシャレな新型車両とは違い、
どこか野暮ったい雰囲気を持っていた、
京成3500形(未更新車)。
 またひとつ、
昭和の香りを残す電車が去ってしまいました。
サヨナラ~(´;ω;)ノ~~~
 
 
17.2.25 京成押上線 押上

 
*冒頭の指差喚呼は私のイメージであり、実際の喚呼とは異なります。

 

 
ちなみに・・・
この3500形(3588F)のさよなら運転、
当初の私は沿線での走行シーンを記録しようと思い、
光線状態が良さそうな京成本線の荒川橋梁(堀切橋)にて
その通過を待ち構えていました。
ところが・・・Σ(゚□゚lll)ハッ!
 

0226.jpg
ああ~っ
対向の上り列車にモロカブり・・・orz。
まあ、運転本数の多い区間なので、
カブりのリスクが高いとは思っていましたが、
ここまでドンピシャのタイミングでカブられたのは、
久しぶりのことでした。
もう、悔しいというより、笑っちゃいますよね。
m9(^Д^) プギャー!
ホントは先頭部を強調して
流し撮りしたかったんだけれどなぁ・・・
(・ε・`)チェ。
 
んで、その後に急いで追っかけて
ε=┌(;゚д゚)┘アセアセ、
かろうじて駅に停車中の姿を撮れたのが、
今回の冒頭の「ONE-shot」です。
残念ながらキレイな走行写真は記録できなかったけれど、
運転士さんの指差喚呼というシーンにたまたま出くわしたのは、
決して悪くない結果だった・・・かな?
σ(・∀・`)ウーン…。
 
0230.jpg
下り方の先頭車は「卒業」、
上り方の先頭車に掲げられたのは、
「感謝」の二文字でした
おつかれさま、3588編成。
サヨナラ~(´;ω;)ノ~~~
 
8706.jpg
これはまだ青帯が入れられる前、
オリジナルスタイルの頃の3500形。
当時まだ珍しかったステンレスの銀色電車は、
なんだか京成らしくなく、
東急の電車っぽいなぁ・・・なんて、
思ったものです。
▲86.7 京成本線 町

 


 
8707.jpg
もひとつオマケ。
上写真と同じスリーブの一コマ前には、
都電荒川線の電車が写っていました。
どうやらこのときの私は、
町屋で都電から京成に乗り換えたようです。
集電装置はパンタグラフではなく、
まだビューゲルの時代ですね。
この都電7000形(右)も、
今春での引退が決まっているとか・・・
(。´・ε・`。)シュン…。
▲86.7 東京都交通局都電荒川線 町屋
 


共通テーマ:趣味・カルチャー

ONE-shot 243 山男の上京。 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 243 山男の上京。

0225.jpg
東京デ○ズニーリゾート(TDR)へのアクセス路線で知られる、
ベイエリア(東京湾岸)の京葉線に姿を現したのは、
かつて信越本線の特急「あさま」に使われていたことから、
いまも「あさま色」と呼ばれる深緑色の189系
長野車・M102編成)。
これは長野の松本からTDRへ遊びにゆく団体客を乗せた、
直通の臨時列車として設定されたもので、
同編成にとっては久しぶりとなる京葉線への入線で
(*´∀`)ノ゙オヒサァ!。
 
いつもは篠ノ井線や中央本線など、
信州の雄大な山々に囲まれて走ることが多い
「山男」のあさま色189系ですが、
この日の彼の背後にそびえていたのは、
幾重にも連なる無機質な高層ビルの山脈。
上京した山男はどこか戸惑いのようなものを感じながら、
走っていたのかもしれません
σ(゚・゚;)ンー…
 
それにしてもこのビル群、
あらためて見ると、すげーなぁ・・・。
まさにテトリスだよ

 
17.2.25 京葉線 新木場-葛西臨海公園

 

 
んなわけで、先週の土曜日(2/25)、
京葉線に入線した「珍客」を撮りに私が訪れたのは、
特徴的で美しい形をした同線の荒川橋梁(鉄橋)を
眼下に見下ろすことができる、私好みの壮大な俯瞰ポイント
(゚∀゚*)オオッ!!。
相変わらず、煙とナントカは高いところが好き・・・
と言ったところでしょうか(笑)
(´∀`;)ナントカ…。
でも、
いつもの展望施設などとは
ちょっと勝手が違う、この
撮影ポイント
というのも、実はココ、
葛西臨海公園内にある観覧車の中なんです
( ̄△ ̄;)エッ…。

 
ふつうの高台や展望台から列車を俯瞰撮影する場合、
通過時刻の前にあらかじめ上っておけば、
それほど難しいことはありません。
しかし観覧車はそれ自体が動いて(回って)いるので、
時間によって高度が異なり、眺望も変わってきます。
そのなかで特定の列車を狙うには、
観覧車がある程度の高さに到達するタイミングと、
お目当てとなる列車の通過時刻をウマく合わせなくてはならず、
けっこう緻密な(?)計画が必要なんです
(゚ペ)ウーン…。
 
 具体的に今回の「あさま色189系」の場合、
お目当ての列車が東京(駅)を発車するのが11時09分。
東京から観覧車最寄りの葛西臨海公園(駅)までは
普通列車で約13分かかるので、
189系の葛西臨海公園通過は11時22分頃、
その手前にある荒川橋梁を渡るのは同21分頃と推測
(ちなみに189系は団体臨時列車なので、
細かい通過時刻はふつうの時刻表には載っておらず、
私は情報誌に掲載されていた東京発の時刻から
推測するしかありません)。
いっぽうの観覧車は一周が約17分間と公表されており、
その半周となるもっとも高い位置に到達するのは、
地上の搭乗から約8分後。
ということは、
11時21分に鉄橋を通過する189系を最高点で撮るには、
その8分前の11時13分に観覧車へ乗り込まなくてはなりません
(・o・*)ナルヘソ。
幸い、観覧車は空いていて行列などは無く、
狙い通りの時刻(11:13)に搭乗完了。
ゆっくりと徐々に高度を上げてゆく観覧車・・・
果たしてウマくいくのか!?
(°ω°;)ドキドキ。
 
そして8分後、ほぼ最高点に到達したその時、
眼下の鉄橋上に見えたのは、お目当ての189系!

これはまさにドンピシャのタイミングではありませんか!
w(*゚o゚*)wオオーッ!!!。
ちなみに線路脇に設置された防風柵をクリアするには、
最高点付近の高さでないとキビシいのです

 
私はゴ◯ゴ13のごとく、
観覧車から望遠レンズで189系を冷静に(?)狙い撃ち
( >_o)r┬ ━━━━━━…=⊃ ズキューン
撮影後はバックパックにカメラをサッと仕舞い込み、
何食わぬ顔して、観覧車を降りたのでした(笑
(´ー`)フッ…
 

 
0800.jpg
日本最大級の高さ117メートルを誇る、
葛西臨海公園(東京都江戸川区)の「ダイヤと花の観覧車」。
できることならばここから、
485系のTDR臨や583系の「わくドリ」などを
撮ってみたかったところですが、
たいていのTDR臨は舞浜への到着が早朝で、
まだ観覧車の営業時間前だったんです
(・ω・`)ウーン…
(観覧車の営業時間は10時から)。
でも今回の189系は
通過時刻(回送)が11時過ぎの設定で、
ようやく念願のアングルから狙う事ができました
ヽ(´▽`)ノワーイ♪。
あまり風景映えしない地味な色合いの「あさま色」だけど、
とりあえず国鉄特急型を撮るというミッションは完遂
こういうゲーム性の高い撮影はなかなか楽しいものですね。
ああ、列車が遅れずに来てくれてヨカッタ・・・
ε-(´∀`*)ホッ。 
 
0226.jpg
こちらは舞浜方面へ向かう同列車を後追い
(^_[◎]oパチリ。
ちょっと分かりにくいですが、
右端のほうに見える赤いモノが、
東京ディ◯ニーリゾートのゲートです。
 
 
 


共通テーマ:趣味・カルチャー

ONE-shot 242 地下のくまさん。 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 242 地下のくまさん。

0215.jpg
ある~ひ、地下のなか、
くまさ~んに、であぁった・・・
 
おっと、著作権に抵触する恐れがあるかな
ヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ
 
 
東京の地下鉄銀座線、
その電車の正面にでーんと描かれているのは、
熊本の人気者、「くまモン」じゃありませんか。
(● ̄(エ) ̄●)ノ ヤア
なぜ、銀座線にくまモンがいるのかと言うと・・・
σ(゚・゚*)クマモン?
 
「くまもんラッピング」が施された編成は、
新型(1000系)への置き換えによってその数を減らし、
もはや風前の灯となっている旧型の01系。
実は先に銀座線から退役した同系のうちの一部は、
熊本のローカル私鉄、熊本電鉄へと譲渡され、
第二の車両人生として活躍を続けています。
 
 そこで東京メトロ(東京地下鉄)と熊本電鉄は、
震災に見舞われた熊本の復興応援を共通の願いとし、
両鉄道で活躍する01系に期間限定で、
熊本県PRマスコットキャラクターのくまモンを
ラッピングすることにしたのだそうです
熊本電鉄の01形にも同様のラッピングを施行)

 
東京と熊本、
遠く離れた地の別路線であっても、
同形式の車両が結ぶ絆。
01系の車体に宿ったくまモンには、
復興を応援する熱い思いが
込められていたのですね
(´ω`)ナルヘソ
 

 
そんな銀座線の「くまモンラッピング」ですが、
残念ながら2月24日で終了。
そして銀座線に残った最後の01系自体が、
3月10日をもって同線での運行を
終える予定となっています
(´・ω・`)ショボーン
 
 銀座線での01系は
まもなく見納めになっちゃうけれど、
いつの日か機会を見つけて、
熊本に渡った同系を訪ねに行けたらと思っています
(● ̄(エ) ̄●)ノ マタネ
 
 
 17.2.17 東京メトロ銀座線 表参道

 

 
 
0216.jpg
渋谷の街をゆく「くまモンラッピング」の
01系・01-130編成。
前面のみならず側面にも
くまモンがいっぱい貼付けられた同編成は、
きっと銀座線を利用する多くの方を
和ませてくれたことでしょう。

(● ̄(エ) ̄●)ゞ エヘヘ
 
8001.jpg
そしてこちらは先日に
銀座線01系の引退を記念して発行された、
「さよなら銀座線01系 記念乗車券」。
01系には私も幾度となくお世話になったので、
記念に購入しました。
01系の銀座線での最終運行は3/10、
その後3/12には事前募集制のラストランイベントが
行われるそうです。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

☆オマケ★
  
0900.jpg
こちらは「くまモン」ならぬ、「キセノン」!?
(体型的には似ているかも w)
そう、いま話題の新横綱・稀勢の里関です。
(゚∀゚*)オオッ!!
実は先日(2/5)、私は両国国技館で行なわれた
花相撲(トーナメント戦)観戦へのお誘いを受けまして、
横綱の土俵入りを拝むことができました。
堂々たる雲竜型の土俵入り、う~ん凛々しい!
。゜+.(o´∀`o)カコイイ!゜+.゜。

0902.jpg
本場所ではない花相撲なので、
取り組み自体はあまり力が入っていませんでしたが、
今回は横綱のお姿が見られただけで、じゅうぶん満足。
拙ブログでは今まであまり話題にしなかったけれど、
意外とワタクシ、お相撲好きなんです。
(*゚∀゚)=3ハァハァ!
 
0903.jpg
国技館名物の焼き鳥をツマミに相撲観戦、
飲み鉄とはまた違った楽しみですね
(~▽~*)ウィッ。
ああ、本場所を見に行きたいなぁ・・・。


共通テーマ:趣味・カルチャー

ONE-shot 241 とっ撮り鉄。 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 241 とっ撮り鉄。

0129.jpg
仕事の出張で、久しぶりに山陰の鳥取へ
シュッチョー…((((o* ̄-)o
 

 
それにしてもマイッタのは、
先日の山陰地方を襲った大寒波による大雪と、
出張の日程が見事にバッティングしてしまい、
搭乗予定だった羽田から鳥取への飛行機が
月曜、火曜と二日連続で欠航
Σ(゚□゚*)ナニーッ!!。
天候の回復を踏まえて仕事の日程を再考した結果、
鳥取出張は週末の土日で行くこととなってしまいました。
週末休みが潰れちゃうけれど、仕方がないか・・・
(・ε・`)シャーナイネ。
 
 
そんな延期や日程変更などの影響を受け、
かなりタイトなスケジュールのなかではありますが、
やはり撮り鉄の私としては、時間に余裕のある範囲で、
鳥取での鉄道写真を一枚でも残したいところ
(゚ー゚*)トットリテツ?。
 
そこで二日目の朝にちょっぴり早起きをし、
朝食前にホテルから歩いて向かったのは、
市内を流れる袋川に架けられた、
因美(いんび)線というローカル線の鉄橋。
この場所で一本だけ列車を狙ってみます
 
 ここは何の変哲も無い河原で、
普段の日ならば
大した絵にならないと思われるような撮影地。
しかしこの日は、
先日に降り積もった雪がまだかなり残っており、
河原は真っ白な雪原となっていました
(゚∀゚*)オオッ!!。
 
 仕事的には雪に振り回された鳥取出張でしたが、
撮り鉄としてこの雪景色は、なかなかオイシイ条件
(*゚∀゚)=3ハァハァ!。
「禍を転じて福と為す」・・・とは、
さすがに言い過ぎだけど、
「怪我の功名」くらいにはなったかな(笑)
 

 
 
今にもまた雪が降り出してきそうな鉛色の空のもと、
雪原と化した河原を横目に鉄橋を渡りゆくのは、
因美線から智頭(ちず)急行へ直通する普通列車。
色違いで組成された二連のHOT3500形が、
雪景色に彩りを与えてくれました
(^_[◎]oパチリ。
 
 
  17.1.29 因美線 鳥取-津ノ井
 
 
 

 
 
 
☆とっとりのオマケ★
  
0900.jpg
コ、コナン空港とな・・・!?
σ(゚ー゚;)ランネーチャソ…

1009.jpg
今回の鳥取出張、
私が訪れた日に雪は降りませんでしたが、
街のあちこちにまだ残雪が見られました。
これは趣のある古い建物が建ち並ぶ、
民藝館通りです。
(≧∇≦)シブイッ!
 
0200.jpg
訪問先の方がクルマで連れて行ってくださった、
名所の鳥取砂丘では、
砂と雪のコラボが見られました。
(゚∀゚*)オオッ!!
もうだいぶ溶けていますが、
大雪の日は一面の広大な雪原だったとか。

1002.jpg
冬の鳥取の名物といえば、
なんといっても松葉ガニ!≧[゚∀゚]≦カニ!
・・・ですが、さすがにお高いし、
私は前月に福井でカニを食べたばかりなので、
今回はこちらの「モサエビ」をいただきました
(゚.゚*)モサエビ?。
モサエビ(猛者海老)は9月から5月にかけ、
鳥取沖で獲れるご当地名物で、
プリップリの弾力ある食感や甘みは、甘エビより濃厚。
しかし足が早いことから、遠隔地へはあまり出荷されず、
まさに地元でしか味わうことのできない
“幻”のエビといわれています。
そんな新鮮なモサエビの殻を剥いて、
お刺身でいただきました。
エビ(゚д゚)ウマー!
ちなみに合わせたお酒は、
銘酒「辨天娘(べんてんむすめ)」ちゃん♪

0201.jpg
鳥取は意外にもカレーの名店が多い
「カレー王国」なのだそうで、
お昼ゴハンに食べたのは、
鳥取産のブランド椎茸
茸王(とっとり115)」を使った、
「しいたけカレー」。
大きな肉厚の椎茸を噛みしめると、
芳醇な旨みが口いっぱいに広がり、
まさに絶品のウマさ。
肉詰めのフライにすることで
カレーにもマッチしていました。
カレー(゚д゚)ウマー! 
 
0203.jpg
そしてもうひとつ、
鳥取の名物(名所?)と言えばこちら。
「スタ◯」ならぬ、「すなば珈琲
(゚ー゚*)スナバ…。
コーヒーがあまり得意でない私は
コーヒーの味についてのコメントは避けますが、
鳥取では「◯タバ」よりも「すなば」のほうが、
店内が賑わっていました(笑)
あ、半冷凍でシャリシャリ食感の
「すなばプリン」は美味しかったです♪
 
 
 
え〜、繰り返しになりますが・・・
鳥取を訪れた目的は「旅行」や「食べ歩き」ではなく、
あくまでも休日返上の「出張」ですよ(笑)

 
 


共通テーマ:趣味・カルチャー

ONE-shot 240 Navy(ネイビー) [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 240 Navy(ネイビー)

0107.jpg
先日に「ONE-shot」でご紹介した189系の「初詣臨」。
富士山を背にして中央線の多摩川鉄橋を渡ったのち、
多くの参拝客を乗せて同列車が向かったのは、
観光地としても名高い鶴岡八幡宮のある、
横須賀線の鎌倉でした (゚ー゚*)カマクラリン
 
その終着駅となった鎌倉は、
構内に列車を留置するスペースが少なく、
初詣の時期など臨時列車が多く運転される場合には、
その先にある横須賀の留置線まで列車を回送するのが、
ひとつのパターンとなっています。
今回の189系も例のごとく横須賀まで回送される模様
(・o・*)ホホゥ。
 
 
そこで私は一足早く横須賀へと先回りし
ε=┌(;゚д゚)┘イソゲ!、
同地らしい風景を求めてやってきたのは、
横須賀線の線路の向こうに軍港や艦船が望めるという、
見晴らしのいい丘の上。
ここでお目当ての189系を待ち構えます。
 

抜けるような青空となったこの日、
それを反映した海の色も
軍港にふさわしいようなネイビーブルーに染まり、
やがて姿を現した国鉄特急色の189系を、
巧く引き立ててくれました。
。゜+.(o´∀`o)カコイイ!゜+.゜
 

 
17.1.7 横須賀線 田浦-横須賀
 
 

 
ネイビー(Navy)とは濃紺の色を指し、
ネイビーブルー(Navy Blue)とも呼ばれます。
(*´∀`)θ<ネイビーブルーノ、Tシャツ~♪。
その語源となった英語の“Navy”はもともと、
「海軍」の意味で使われていましたが、
英国海軍の制服の色が濃紺であったことに由来し、
この色のことも指すようになったそうです
( ̄。 ̄)ヘー。
 
ちなみに本来のネイビーブルーは、
今回ご紹介した写真の海の色よりも、
もっとずっと深~い紺色なのですが
σ(゚・゚*)ネイ…ビー?、
横須賀の軍港というハナシの流れ的に、
ここでは無理にでもネイビーと呼ばせてください(笑)

 

 


共通テーマ:趣味・カルチャー

ONE-shot 239 富士遠望と国鉄色。 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 239 富士遠望と国鉄色。

0109.jpg
空気の澄んだ寒い冬の朝、
以前、たまたま通りかかった(?)際に、
スッキリと富士山が見えたことで、
ちょっと気になっていた、とある高台の場所。
ここからは中央線を走る列車も一望できる、
なかなか面白いトレインビュースポットです
ココ(・∀・)イイネ!
 
できることならば、
いつかココで「ヤツ」を撮ってみたいな・・・
と思うも σ(゚・゚*)ンー…、
天候や車両の運用、そして私自身の都合など、
どうもウマい具合に条件がそろわず、
ずっと撮影の機会を逸し続けてきたのですが、
先日、ようやくその狙いをモノにする
千載一遇のチャンスが訪れました
(☆∀☆)キラーン☆
(ちょっと、おーげさw)。
 
 
冬晴れのもとに堂々とそびえる富士山のお姿。
そんな好条件の舞台に満を持して現れた、
「ヤツ」の正体とは・・・
そう、拙ブログではもうお馴染み、
国鉄特急色の189系(豊田M51編成)です
・:*:・:(*゚Д゚*)キタコレ:・:*:・
 

この日は年始恒例の初詣臨*に登板し、
週末の朝に中央線を上るという
絶好の時間帯にここを走ってくれた同編成
*初詣臨=初詣参拝客のために設定された臨時列車)
 
 
画面を大胆に横切る送電線が少し残念ではあるけれど、
それを差し引いても余りあるほどの
極上な情景(あくまでもワタクシ的に)は、
私にとって最高のお年玉でした
・:*:・感(*ノ∀`*)動・:*:・。

 
17.1.7 中央本線 日野-立川

 
 

 
 

 
 
☆オマケ☆
 
0900.jpg
189系の撮影後に立ち寄ったのが、
立川駅の構内にある焼きそばの有名店。
実はこの焼きそば屋さん、
お店は朝7時から開いているものの、
焼きそばが食べられるのは9時からで、
それより前の朝食時間帯では、
なんと、焼きそば用の玉子麺を使った、
ちょっと珍しい「駅そば」を提供しているのです。
駅そばとしては異端児的な存在ですが、
もちもちの麺に、関西風の出汁がマッチして、
これがなかなかクセになる美味しさでした♪
(゚д゚)ウマー!
 
(たぶん以前にも一度、紹介済みだと思いますが
ウマいので、も一度出しちゃった)
 


共通テーマ:趣味・カルチャー

ONE-shot 238 ネタ初め・・・。 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 238 ネタ初め・・・。

0101.jpg
正月三が日の最終日、
穏やかな晴天に恵まれた上州路をのこのこと走りゆく、
旧型客車のイベント列車「ELレトロ碓氷号」。
ノコノコ…(((o*・ω・)o
その向こうには上毛三山のひとつに数えられる
雄大な赤城山が霞んで見えました
 
ちなみ赤城山は富士山に次いで二番目に
裾野が長いのが特徴で、
群馬県の郷土を唄った上毛かるたでは
「裾野は長し赤城山」と読まれているそうです。
(* ̄0 ̄)」スソノハ、ナガシ
 
 
17.1.3 信越本線 安中-磯
 
 
 
年末の「冬旅」を旅行記形式でご紹介しつつ、
その合間を縫って「ONE-shot」でお届けしている
年始の撮影記録
 
今回は先日の「妙義山バックの115系」と同じ日に
信越本線の安中と磯部の間で撮影した、
EF65 501が牽引する旧型客車の
臨時快速「ELレトロ碓氷号」です
(≧∇≦)シブイッ!
 
この日は妙義山と同じ上毛三山の名峰、
赤城山(あかぎやま)の山並みも
霞みがちながらどうにか望むことができたので
(゚∀゚)オッ!、
列車の姿がちょっと(いや、かなり)小さいけれど、
こんな切り取り方をしてみました
(ちなみに上毛三山のうちのもうひとつは、
上越線の車窓から見える榛名山(はるなさん)です)。
 
 
実は撮影順序としては、115系の普通列車よりも
この「レトロ碓氷」のほうを先に撮っており、
言ってみれば試し撮りの211系などを除くと、
この列車が今年の私の「撮り初め」になるのですが
(^_[◎]oパチリ、
あくまでもこの日の私が信越本線を訪れたいちばんの目的は
115系を妙義山バックで撮ることだったのと、
あとは・・・お年始の挨拶
「今年はネタモノを追うばかりでなく、
少しはのんびりとローカル線の撮り歩きなどを・・・」
んて抱負をエラそうに書いたばかりなのに (`ロ´;)ハッ!、
いきなり初っぱなからイベント列車のネタモノかよっ!
ヾ(゚ε゚ )ォィォィ
と、自分で自分をツッコんだことから、
先に115系の方をご紹介させていただきました(笑)。
(まあ、引退間近の115系も、
今やもう立派なネタモノなんだけれどね ^^;)。
 
 
それにしてもこの日の「ELレトロ碓氷」、
まだ正月の3日だったからか、
それとも他線でほかに大ネタ(EF81 81のカシオペア紀行)が
あったからか(おそらく後者でしょうね)、
撮影される同業者の数がえらく少なかったなぁ・・・
(゚ー゚?)オヨ?。
この場所は私のほかにもう一方だけでしたし、
上写真を見ても、田畑の農道に点々と同業者が見える程度なのが、
お分かりいただけるかと思います
(写真をクリックすると少し大きいサイズで見られます)
 
そんな「カシオペア」に比べると注目度が低い「中ネタ」で、
酉年の"撮り"鉄はスタートしました。
アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ
 
 

 
 
0103.jpg
さすがにメインカットでは列車が小さすぎるので、
手前まで引き付けた方をもう一枚 (^_[◎]oパチリ
(ホントはコッチがメイン?)。
こうやって見るとやっぱりEF65には
茶色い旧客よりも青い客車の方が似合う気がします
σ(゚・゚*)ンー…
 
ちなみに編成の後方にぶら下がっている黒い物体は、
復路の「SLレトロ碓氷号」で先頭に立つ、
蒸気機関車のC61 20です。
 
 

 


共通テーマ:趣味・カルチャー

ONE-shot 237 岩峰を望みて。 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 237 岩峰を望みて。

0103.jpg
荒々しく切り立つ妙義山を背にして、
上州の湘南電車が信越線で最後の力走を見せます。
同車に残された時間は、おそらくあとわずか・・・。
 
 
かつて首都圏と信州を結ぶ大動脈だった信越本線は、
1997年の長野新幹線(現・北陸新幹線)の開業に伴い、
特急や急行などの優等列車が廃止となっただけでなく、
峠越えの難所(碓氷峠)だった横川と軽井沢の間が廃止され、
信越本線は路線自体が分断(一部は三セク化)。
群馬県側に残された高崎と横川の間は盲腸線*となり、
普通列車と、時おり臨時快速が走るだけの、
ローカル線のような存在になってしまいました。
新幹線の開業以前は、特急「あさま」や「白山」、
急行「信州」などの長距離列車が頻繁に行き交った鉄路も、
今は昔。
そしてその賑やかな時代を知る国鉄型の車両がまたひとつ、
老朽化によって同線を去ろうとしています。
(´・ω・`)ショボーン。
 
湘南色を纏った115系の普通列車、
私が撮影に訪れた時間帯で見かけたのは、
わずかに一運用(一往復)だけでした。
 
 
(*盲腸線とは、終着駅が行き止まりの支線やローカル線で、
路線図があたかも盲腸のように見えることから、
このように俗称されています)
 
17.1.3 信越本線 磯部-安中
 
 
 
 
 
今年の初撮りは「18きっぷ」を使い、
まさに風前の灯となった高崎地区の115系を撮りに、
群馬県側の信越本線を訪れてみました。
(/*´∀`)o レッツラゴー♪。
115系が撤退する前に撮っておきたいと思っていたのが、
信越線らしい雄大なロケーションの
妙義山(みょうぎさん)バック
 

私が撮影地の最寄駅に着いた時には
上空を厚い雲が覆っており、
こりゃ新年早々、撃沈確定か・・・? (´д`;)アウ…
との不安がよぎったものの、天候は徐々に好転し、
お目当ての115系は良い条件で記録することができました。
ε-(´∀`;)ホッ。
2017年の鉄運(&天候運&山運w)は、
まずまずの出だしと言ったところでしょうか(笑)。
 
0105.jpg
そして今年最初に食す駅弁は、
信越本線・横川駅の定番「峠の釜めし(¥1,000)」。
かなり久しぶりに食べた気がしますが、
あいかわらず安定した美味しさがあります
(゚д゚)ウマー!。
☆☆☆☆・
高崎地区から115系が引退すると、
この名物駅弁を鈍行のボックスシートで食べる機会も
あまり無くなっちゃうんだよなぁ・・・
σ(・ω・`)ウーン…。
(って、この日に乗った信越線の列車はすでに、
行きも帰りもロングシートの211系だったけれど・・・)。
 
 
 
 
 
年末の「18きっぷ旅」を旅行記形式でご紹介しつつ、
その他の撮影ネタはちょこちょこと、
「ONE-shot」でお届けしたいと思っています。
 
 
 


共通テーマ:趣味・カルチャー

ONE-shot 236 謹賀新年 [PICK UP ONE-shot]

PICK UP ONE-shot 236 謹賀新年

0101.jpg
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
 
平成二十九年元旦
 
 
 
 

 
 
今年の「お年始ONE-shot」は、
かつて岩手県の山深い地域を走っており、
運転本数が一日にわずか三往復と言う、
全国屈指の秘境路線として名高かった、
岩泉線(2014年に廃線)のカットを選びました。
 
 
ここ最近、
とくにJR北海道などで取りざたされている
ローカル線の存廃問題。
私のように趣味の立場から鉄道の存廃を
語るのべきではないかもしれませんが、
それでもやっぱり鉄ちゃんとしては
どうしても気になる話題です。
 
日本の美しい風景のなかをゆく鉄路が、
一路線でも多く、未来へと引き継がれますように・・・。
 
 
今年は国鉄型などのネタモノを追うばかりでなく、
少しはのんびりとローカル線の撮り歩きなども
できたらいいなと思っています。
(^_[◎]oパチリ
 
拙い記事のブログですが、
どうぞ、よろしくお付き合いくださいませ。
(=゚∇゚)ノ ヨロシコ♪
 
02.11.9 岩泉線 押角 (当時)

タグ:鉄道
nice!(213) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - PICK UP ONE-shot ブログトップ